家計簿が三日坊主で終わる人必見!「簡単にお金が管理できる方法」

貯蓄をはじめるぞ!と家計簿をつけたところ、1週間も続かなかったという経験はありませんか? なんとなく貯蓄=家計簿をつけくなてという思い込んでいたけど家計簿つけるのがめんどうで断念し、目的の貯蓄スタートまでいきつけないこともあるでしょう。

 

「家計簿をつけるのがめんどうなんて、ダメですよね」って、そんなことはありません。家計簿をつけなくても、シンプルにお金を管理してキチンと貯蓄ができればいいのです。今回は簡単にお金が管理できる方法をお伝えします。

 

■毎月いくら必要なのか把握できていない

お金管理は大まかにいえば収入と支出がわかっていればいいのです。とはいえ、毎月振り込まれるお給料の金額は把握していても、毎月いくら何にお金をつかっているのかわからないという人は少なくありません。

 

そこで、まず支出を把握するために家計簿をコツコツつけなくてもいいので、大まかに支出を書き出してみましょう。支出の主な費目としては家賃、光熱費、保険料、食費、医療費、習い事、交際費等です。

 

たとえば、家賃:6万円、光熱費:1万円、保険料:5000円、食費:2万円、医療費:5000円、習い事:1万5000円、交際費:2万円、被服費:2万円などだいたいの金額でいいので書き出します。すると合計15万5000円だということがわかります。

 

仮に手取りの金額が25万円だとすれば、収入25万-15万5千円=9万5000円が残る計算になります。だけど、毎月そんなに残らないなという場合は、他にも忘れている支出があるかもしれません。もしくは、2万円しかつかっていないつもりの交際費などが、もっとつかっているということもあり得ます。まずはわかる範囲の支出を書きだして支出を書きだしましょう。

 

■お金の管理はシンプルイズベスト

大まかにでも支出が書き出せたら、シンプルなお金を管理する方法を3つ紹介します。

 

その1「貯蓄するお金と使っていいお金と銀行口座をわける」

毎月使っているお金が大まかにでも把握できたら、貯蓄額を決めてお給料口座とは別の口座に入れましょう。1つの銀行口座で管理しようとすると、いくらお金が貯められているのかわからないため貯蓄する口座は別にします。

 

貯蓄額が決められないという場合は、お給料口座から引き落としされる金額(家賃や光熱費、保険料など)はそのまま残して、だいたいの食費や交際費などかかるであろうお金を別の口座にうつし、残りを貯蓄用の口座にうつしましょう。

 

つまり銀行口座は、「給料口座」「生活費口座」「貯蓄口座」の3つです。1ヵ月やってみると、生活費は思っている以上にかかっているな、もっと貯蓄額増やせるな、こんな支出があったのを忘れていたな、などがお金の流れが把握できます。

 

その2「費目ごとの封筒にわける」

銀行口座にうつすのがめんどうなら、封筒わけお金管理がもっともシンプルです。封筒は100円ショップで売っている茶封筒でも、仕切りのある収納バインダーでも自分が使いやすそうな物を準備してください。

 

封筒に「食費」「交際費」「被服費」「医療費」など費目を書きます。お給料口座に家賃など毎月引き落としされる金額、貯蓄する以外のお金を全て引き出してきて費目ごとの封筒にお金を入れてください。

 

毎月使えるお金は封筒に入っているお金だけです。仮に送別会が続き「交際費」がかかる月は洋服買うのを我慢して「被服費」から補填するとう風に、毎月変動するお金は封筒に入っているお金で調整すれば良いです。

 

その3・「家計簿アプリを利用する」

家計簿をつけるのはめんどくさいけど、何にお金をつかっているのか把握したいという方は、家計簿アプリを利用するのがお勧めです。

 

家計簿アプリはレシートを撮影すると買い物した内容を自動で記録してくれます。最初に金融機関の設定をする手間がありますが1度設定してしまえば、収入と支出を自動的に管理してくれて便利です。

 

グラフで表示された支出を見ると自分が思っている以上につかっている費目が把握できることでお金の使い方の改善点にもつながります。お金の流れがわわかると、お金の使い方の意識も変わります。これまで特に考えずにお金をつかっていた人も、これは本当に必要なのかなど考えてから買い物するようになり無駄遣いしなくなったというケースは少なくありません。

 

1円単位で家計簿をつけなくても、収入と支出を把握することでお金の管理はシンプルにできます。毎月、きちんと貯蓄できていれば細かい数字が把握できていなくても、費目ごとの範囲内できっちりおさめてなくてもいいのです。まずは自分に合ったシンプルなお金管理の方法を見つけてください。

 

★お金の相談、してみませんか?こちらまで!

今関倫子 ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FPCafe登録パートナー。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金が貯められない人が、今すぐやめるべき3つの行動

毎月、贅沢をしているわけでもないのになかなかお金が貯まらないという人は少なくありません。お金を貯められないと気になっている人は、「お金を貯めたい!」と願っているのですから、今こそ行動を変えてお金を貯め…

40代女性の平均年収、正社員と非正規雇用ではどのくらい違う?

今40代の人達が卒業した頃は正社員で就職するのが当たり前の時代でしたが、現在は働き方も多様化し、パートや派遣者社員といった非正規雇用を選ぶ人も増えています。働く時間の自由度を求めて非正規雇用を選ぶようで…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー相談で急に増えるのが、老後の生活費、定年…

40代独身女性の平均年収は?お金はどのくらい貯めていますか?

20代の新入社員の頃は、正直、給与も横並び。初任給の話やボーナスや貯蓄額など友人とお金の話をしやすかったけれど、年齢が上がるにつれお金の話はタブーになりつつあります。40代ともなるとポジションや業種の違い…

実は損してる?「保険の途中解約」失敗しない見直しポイントをチェック!

家計の見直しをするうえで、まず「保険の見直し」を検討する人は多いもの。新入社員の時に加入し、20年近く保険料を支払い続けているけど保障内容をあまり理解してないといケースはマネー相談の場でもよく見受けられ…

40代の「3ステップ自動貯金術」で、がんばらなくても家計がなんとなく管理できるように…?

「家計管理」という文字を見ると、反射で「苦手」「めんどう」という気持ちになりますよね。20代、30代のうちは、家計管理ができなくても、まだ現役として仕事をする未来が長い分だけそれほど焦りはありませんでした…

ほったらかしでも気づけばお金が貯まる!自動貯金の仕組みづくりキホンのキ

お金が貯められる人は、「きちんとお金の管理ができて、無駄遣いをしない生活をおくっている」とうイメージがあるかもしれません。もちろんそういう人もいますが、お金のことを細かく考えず、ほったらかしでもお金を…

つらい節約生活にサヨナラ!疲れずに無理なく貯める5つの方法

お金を貯めるために日々、節約をしていても、節約生活をつらいと感じているのならば長くは続きません。また、つらい節約生活をしているつもりでも、思ったよりお金が貯まってないという人も少なくありません。つらい…

40代が家を買うなら。住宅ローンはいくらまで?オリンピック後がいい?

これまで住宅ローンの負担もなく、引越しも気軽にできる身軽な賃貸がいいと思って過ごしてきた30代。40代になると老後のことも頭をよぎりはじめると思います。家を買いたくなってきたけど、住宅ローンはいくらまで組…

美白をコストで考えると「手前」ほどコスパがいい!

いわゆる「美人」をイメージすると、一番に思い浮かぶのが「美しい白肌」。若い時には日焼けが気にならなかったけれど、40代になりますます年齢を重ねるごとに夏の日差しがつらくなります。日焼けすると「シミ」がで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事