まさか「行けれる」なんて言わないよね? 教養のなさが見えちゃう「れ足す言葉」って?

「れ足す言葉」という、言葉があります。「ら抜き言葉」は有名なので、ご存じの方も多いと思いますが、「れ足す言葉」とはいったいどのような言葉なのでしょうか。

 

可能を表すのに、ついつい「れ」を入れてしまう「れ足す言葉」

例えば、
「このお店、週末に覗いてこようと思うんだけど、行ける人いますか?」
という質問に対し、参加可能の意思表示として
「私。行けれる!」
と答える人がいます。
この「行けれる」が「れ足す言葉」なのです。可能の「できる」という意味を「行く」に足したわけですが、これは誤用。この場合は、普通に「行ける」でOKなのです。

 

「行かれる?」「行ける!」さあ、何が悪い?

質問が悪い場合もあります。

この「れ足す言葉」、実は質問に引きずられてしまうという原因があります。
例えば、先ほどの例
「このお店、週末に覗いてこようと思うんだけど、行ける人いますか?」
が次のような問いかけだったらどうでしょう?

「このお店、週末に覗いてこようと思うんだけど、行かれる?」
「行けれる!」

「行かれる?」
「行ける!」

リズムも良いですし、この会話は成立しているように思えますよね。
でもここは、そもそも「行かれる」がミス。
この場合は正しくは「行ける?」が正解です。言葉のことをよく分かっていない人は、「可能」の意味を含ませようとして、なんとか「ら」や「れ」を入れる風潮があるようです。
しかし、これは誤用です。「可能」を表したければ「行ける?」でいいのです。簡単ですよね。

ただし、「行かれる」で良い場合もあります。尊敬語として表現する場合です。

「先生は、今からどちらに行かれますか?」

ただし、「行かれる」は尊敬語の中では丁寧さの度合いが低いので、普通は「いらっしゃる」「おいでになる」などを使います。

「このお店、週末に覗いてこようと思うんだけど、行かれる?」
この場合は、文脈から考えて、敬語表現ではないことが分かりますので、この場合は「行かれる?」の方が相応しくないということになります。友達同士の会話のようですし、最初の文の通り、ここは「行ける?」でOKなのです。

 

意外と耳にする 「書けれる」

こちらも字面を見ると「そんなこと言わないでしょう?」と思うかもしれませんね。「食べれる」ほどの出現率ではありませんが、意外に多い誤用です。ちなみに「食べれる」は「ら抜き言葉」です。
「書けれる」は「書ける」でOKです。簡単ですよね。

 

全部アウト!「飲めれる」 「読めれる」「出せれる」

同じく一斉にアウトなのが、 「飲めれる」 「読めれる」「出せれる」などです。
これだけ並ぶと、「そんなこと言わないよ-」と感じるかもしれませんが、少し注意してみてください。意外と使っている人がいます。

「もう、そんなに飲めれないってば!」
「今晩中にこれが読めれる気がしない」
「資料、いつまでに、出せれるって感じ?」

そんなくだけた言葉の中にも登場します。

また、敬語を使うべきシーンでも登場します。これは、さきほど申し上げたように「ら」や「れ」を入れると敬語っぽくなると思ってテキトーに差し込んでいる人が多いからです。

「申し訳ございません。もう、これ以上は飲めれません。」
「今晩中にこの書籍を読めれる気が致しません。」
「資料はいつまでに、出せれるか、お返事をいただけたらと思います。」

話している方を見ると、自分で口に出している言葉について「なんか、変だな」と思いながら話しているという顔付きですが、このように敬語に交じって誤用を見つけることが多いです。
これが新人さんですと、緊張しているのかな、まだ使いこなせていないのかな、ともくみ取れますが、
30代、40代女性ですと、教養のなさを感じてしまうのが厳しいところ。気をつけたいものですね。

 

「ら抜き言葉」より注意しにくい

「ら抜き言葉」は有名ですよね。私もコラムで書きました。

ついつい使いがちな「ら抜き言葉」3大NGは来れる・見れる、もう1つは
https://otonasalone.jp/50881/

とても煙たがられますが、私は自分の友人には「ら抜き言葉」を注意しています。言葉は時代と共に変わるものという考えもありますが、踏ん張る人がいてもいい、私はその立場でいたいと思っているからです。
そんな私も「れ足す言葉」はとても注意しにくいのです。
「ら抜き言葉」と違い、例えば「行かれる」を「行ける」に戻す感覚で、単純に解決できるので、その分、どうしてこんな簡単なことを「れ」を足せば可能や尊敬になると思ってしまうのか、という点が非常にレベルが低い気がするからです。

「食べれる」と言ってしまう友人に「食べれる」はら抜き言葉で「食べられる」が正解だよ、というのは言えるのですが、
「行けれる」と言ってしまう友人には、「どうせ注意したって分からないかもしれない」という言葉レベルの低さを感じるからです。
「行ける」でOKなんだよと解説するのも、小学生相手ならまだしも、このレベルの大人に対しては、注意するのは失礼すぎるかなと感じるのです。

そんなふうに、教養がないなどとがっかりされないよう、れ足す言葉には十分注意しましょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「ご自愛下さい」は実は失礼?デキる女のメール文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違い

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺います」「明日、オフィスに参ります」。どちらも正しいように感じますが、本当はどちらを使うべきなので…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「させて頂く」とメールに書くのがこれだけ失礼なワケ

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

ビジネスシーンで使う敬語、正しいのはどっち?

新年度が始まりました。新しいスタートの春。この機会に、会社でよく使う間違えやすい敬語について再確認してみましょう。今日は楽しくクイズ形式にしました。全12問、あな…

「やめてください」とやんわり伝えたい。どう言えば炎上しない?

「もう本当にやめてほしい」そう思っていることを敬語に直すのって大変ですよね。心情的には「止めろって言ってるでしょう!?」くらいのこともあるでしょう。今回は、そんな時の言い回しについて。みんなは「やめて…

「ご利用できます」なんて書いてない?恥ずかしい呼びかけの日本語7選

「ここは、休憩所としてご利用できます」「このコピー機は、会員様でしたらいつでもご利用できます」「この駐車場は弊社に訪問の際、いつでもご利用できます」そんな掲示物を、店頭や掲示板、看板などでよく目にしま…

「ご出席された」でいいの?丁寧すぎる日本語のNG

丁寧過ぎることを「馬鹿丁寧」と言いますが、時々出席する会議に、馬鹿丁寧に話をする方がいらっしゃいます。「次の議題でございます。内容に関しましてはお手元の資料にございます通りでございます。検討事項に関し…

「させていただきます」はNG!丁寧すぎて逆に無礼な敬語7選

敬語に自信のない人が、丁寧に話をしようとすると、ついつい過剰な言い方になってしまいます。言葉の初めには何でも「お」や「ご」をつけたらいい、文の最後には「れる」「られる」をつければいい、そんな感覚でいま…

ギクッ、「お願い致します」は間違い?メールでやらかすうっかり敬語

「お願いいたします」と「お願い致します」は何が違うと思いますか?私は小学生と大人と両方で、文章の書き方などを指導していますが、小学生の生徒はきっとこう言うでしょう。「先生、まだ『致』という漢字を習って…

丁寧なつもりで微妙に失礼な「ございますか?」の使い方って

「いらっしゃいます」という便利な言葉があります。相手の行動などに付けて尊敬の意味を持たせられますよね。「いらっしゃる」は、「来る」「行く」「居る」「ある」の尊敬語なのです。まずは「いらっしゃいます」に…

みんな間違えてる「ご存知」「ご存じ」。どっちが正解?

「このことを知っていましたか?」という内容を相手に聞きたい場合、敬語表現としては、次の二つが考えられます。 このことをご存知でしたか? このことをご存じでしたか?さて、どちらが正しいでしょう。正解は「…

「ごゆっくりお買い物ください」は微妙に失礼!さて正解は?

「資料を用意してほしい」時。「ゆっくり買い物をしてほしい」時、敬語表現を使うとどうなりますか?このような単純なお願いを敬語で表現する場合、次のどれが良いでしょうか。 資料をご用意して下さい。 資料をご…

知らないと恥ずかしい!「くださる」「いただく」どっちが正しいの?

毎度ご来店いただきまして、誠にありがとうございます。 毎度ご来店くださいまして、誠にありがとうございます。さて、どちらがより正しい日本語でしょうか。確かにたまに行くデパートで流れるくらいなら、それほ…

「ご用件は?」「お名前をお伺いしても?」知らずに言いがちな失礼対応

仕事の用があって電話をかけた時、希望する相手が不在で「ご用件は?」と聞かれたことがある人も多いはず。確かに相手にしてみたら、留守中に電話があったことだけを伝えるよりも、その内容を伝えた方が良いのでしょ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事