市川海老蔵、スターが抱える宿命。彼を取り巻く三人のオンナたち

前世がどうとか、守護霊が誰とか言われると、へぇとかほおと言いながら鼻をほじってしまう私ですが、それでは科学で解明できないことは信じないかというと、そういうわけでもなく、むしろ縁やめぐりあわせを強く信じているほうかもしれません。

 

スターの条件とは何か?

目には見えない何かがこの世にある。それを感じずにいられないのが、スターという存在です。スターの人生というのは、一筋縄ではいきません。宇多田ヒカルの母、藤圭子はマンションから飛び降り自殺を図っています。安室奈美恵の母は義弟に殺害され、吉田美和は9歳年下の夫を不倫略奪して結婚に至りますが、夫は30代の若さで亡くなってしまいます。

 

スターに才能や運が必要なことは言うまでもありませんが、記憶に残るスターになるために必要な条件は、悲劇ではないかと思うのです。悲劇から立ち上がり、さらなる名声を生み出せる人、それがスターなのではないでしょうか。

 

歌舞伎俳優・市川海老蔵の妻、麻央さんが亡くなり、一年が経過しました。人生百年と言われる時代、30代の若さで幼い子を二人残して、麻央さんが旅立つことになるとは、誰にも予想だにつかないことだったでしょう。

 

特にファンでもない人でも、事態が飲み込めているかどうかもわからないお子さんの姿は、胸に迫るものがあったと思います。格差が広がる社会で、人々は余裕を失い、他人に共感しづらくなっています。しかし、人には誰しも母がいることを考えると、子どもを置いて母親が旅立つという麻央さんの悲劇は、すべての日本人に刺さる痛みだったといえるのではないでしょうか。

 

憔悴する海老蔵を見て私が思ったのは、やはりこの人はスターだということでした。つらい経験をすることで、本人の意志とは別に、自らの立ち直る姿、子どもの成長という見せ場を得たのです。スターとは、本当に皮肉なものだと言わざるを得ません。

 

光源氏と海老蔵の切っても切れない縁とは・・・

海老蔵は七月大歌舞伎で「源氏物語」を演じます。市川團十郎家と源氏物語のつながりは深く、海老蔵自身の初お目見得も「源氏物語」でした。

 

海老蔵は市川新之助であった2001年に、作家・瀬戸内寂聴が初めて歌舞伎の脚本を手掛けた「源氏物語」で、光の君を演じています。2004年の海老蔵襲名披露公演の際、寂聴は新作歌舞伎「源氏物語」を書き下ろしています。当時の「婦人公論」(中央公論社)で、寂聴は「海老蔵は女たらしで光源氏ぴったり」という意味の発言をしていたと記憶しています。

 

海老蔵が独身で、いろいろな女性と浮名を流していたころなので、そう言われるのも無理はないのですが、今の状況と照らし合わせてみても、確かに海老蔵と平安時代のスター・光源氏は似ている部分があるように感じます。

 

光源氏がモテ男であることは間違いありませんが、三歳で母親と別れた源氏は生涯を通じて、母の面影を追っています。母親に生き写しと言われた義理の母である藤壺、藤壺の姪である紫の上がその典型例ですが、この二人の女性とつきあっても、源氏の浮気心が収まることはなかった。つまり、「似た人」では満足はできないということでしょう。

 

愛する人と死に別れることはつらいものですが、先に旅立った人は、永遠の愛を得ると考えることもできます。記憶というものは実はあいまいで、ウソをついたり、美化することもあるそうですが、生きている人間は記憶の中の人間に勝つことはできないのです。海老蔵はこれから先、再婚も含めて海老蔵は恋をするでしょうが、麻央さんに勝てる女性はいないでしょう。麻央さんは永遠になったのです。

 

海老蔵が光源氏っぽいなと思うところが、もう一つ。

 

女性とモメないことです。歌舞伎俳優・片岡愛之助は、熊切あさ美と妻である藤原紀香との二股を騒がれ、結婚せずに子どもを設けた女性には「週刊文春」(文藝春秋社)において、一緒に暮らしていたのに、ある日突然いなくなる無責任ぶりを暴露されています。

 

海老蔵にも隠し子の存在が騒がれたことはありましたが、少なくとも相手の女性がマスコミに不満をもらしたことはありません。このあたりの行き届いたケアのよさは、やはりお育ちと言わざるをえません。

 

海老蔵は女優・米倉涼子と交際しており、結婚間近と報道もありましたが、米倉は女優の道を選びました。米倉は「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)で高視聴率を記録し、ミュージカル「CHICAGO」でブロードウェイで主演を果たしています。

 

米倉の活躍は彼女の問題ですが、何かがうまくいかない時に、人のせいにしたいと思うのが人間というもの。米倉が日本を代表する女優に成長を遂げたからこそ「別れてよかった」と言えるわけで、恨まれずに済みます。海老蔵にしても「元カノが大女優」というのは、勲章です。米倉の活躍は、海老蔵にとっても「いいコト」なのです。

 

物語に秘められた「気持ち」とこの現実

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

三田寛子、梨園妻の頂点に見る「ちょうどいい自慢ばなし」のさじ加減とは

私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があ…

飯島直子、あれだけの美人でも「不倫サレる」事態に私たちが考えるべきこととは

飯島や ああ飯島や 飯島や2009年11月12日号「週刊女性」(主婦と生活社)を読んで、芭蕉のごとく、句を詠んだ次第です。同誌は、不動産業を営む飯島の夫がガールズバー勤務の舞台女優との路チューや、女性…

安倍昭恵「あのベルスリーブワンピ」から透けて見えてしまった「お気の毒な境遇」とは

子どもがいじめを苦にして自殺するとか、不登校になるというニュースは数が多すぎて、マヒしてしまった感がありますが、本当はとてもおかしなことだと思うのです。学校で命が奪われたり、教育を受ける権利を無くすこ…

石田ゆり子、イマになって「さみしい」と言い出すその背景を私が歓迎したいワケ

「天海祐希・石田ゆり子のスナック曙橋」(フジテレビ系)という番組をご存じでしょうか?その名のとおり、女優・天海祐希が場末のスナックのママ、石田ゆり子がチーママという設定で、客(ゲスト)を迎えてトークを…

広末涼子、スキャンダル女王が持つ「生まれつきのヤバい才能」とは?

今ではだいぶ下火になった感がありますが、芸能人の不倫が週刊誌を連日騒がせたことがありました。ベッキーなど人気者が続々と捕獲されていったわけですが、「あの人たち」が検挙されないことに、私はひそかに膝を打…

加藤綾子、一周まわって「絶妙にOK」なNAOTOとの非オオモノ婚

元フジテレビアナウンサーのカトパンこと加藤綾子アナと、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのリーダー・NAOTOの熱愛を「週刊文春」(文藝春秋)が報じました。同誌は“婚前旅行”として、二人がスイスの5つ星ホ…

クリステル進次郎「これ以上下がらないくらい好感度低い」2人のさらなる弱点とは?

仕事でも恋愛(婚活)でもいい、「自分を認めてほしい!」「もっと高く評価してほしい!」と思ったら、みなさんはどうするでしょうか?努力をしても、なぜ報われないのか?おそらくOTONA SALONE読者の淑女のみなさま…

西川史子、48歳になっても母親に失恋報告をするオンナの婚活って?

女医でタレントの西川史子が、インスタグラムでご自身の失恋を発表しました。適度にプライベートネタを放り込むあたりに、芸能界を生き抜いてきた西川センセイの才覚を感じずにいられないのですが、私がすげーと思っ…

矢野未希子、「VERY」新カバーガールは時代を変えるのか?

「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」のキャッチコピーでおなじみ、女性誌「VERY」(光文社)。出版不況という言葉が聞かれるようになって久しいですが、そんなのどこ吹く風と売れまくっているようです。矢野…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

LiLiCoは本当にサバサバなのか?「自称サバ女」が抱える深い闇

警察のお世話にならず、仕事をクビにならないというのが大前提がつきますが、1%でも興味があること、もしくは可能性があることはトライしたらいいのではないかと私は思っています。挑戦しないことには成功率0%で…

注目の記事

LIFEに関する最新記事