iDeCoを利用して、実質利回り20%で「定期預金」する方法!

40代になると、そろそろ老後が気になるお年頃。老後に向けてお金を増やさなくてはと思いつつも、投資は元本割れのリスクもあるしイマイチ気乗りしない…という人も少なくないことでしょう。そんなあなたにオススメなのが、iDeCoを活用して定期預金を預ける方法。身近な定期預金で老後資金を準備できる上に節税もできるので、ぜひトライしてみましょう。

 

元本を確保しつつ、利回り20%を達成できる!?

銀行にお金を預けたら利息がつきますが、この利息には20.315%の税金がかかります。ただでさえ低金利なのに、マイナス金利になってさらに超低金利の今、利息はスズメの涙。大手都市銀行だと定期預金の金利は0.01%。

 

仮に100万円を1年間預けた場合、100円にしかなりません。これに対して税金がしっかり取られるので、受け取れるのはたったの80円ほどです。

 

でも、定期預金では、お金は増えませんが、元本が確保されるのが良いところ。そんな良いところを抑えつつ、実質利回り20%を達成できる方法があります。

 

それは、最近話題の「iDeCo(個人型確定拠出年金)」です。iDeCoとは、ざっくり言ってしまうと、自分のお金を運用して60歳以降に年金として受け取る制度のこと。iDeCoを通して定期預金を利用した場合、積立機関中はその利息には税金がかかりません。さらに嬉しいことに、毎月積み立てている掛け金全額が「所得控除」できるのです。

 

といっても「所得控除」と聞いてピンと来ない人もいるかもしれないので、簡単に説明すると、所得控除とは、所得税を計算する元となる所得額(課税所得)から減額できること。iDeCoは、職業や勤務先に年金制度があるかないかなどによって、掛金の上限金額は違うのですが、仮に毎月2万円を積み立てた場合、所得控除ができるとどんな良いことがあるのか見てみましょう。ちなみに、iDeCoは5000円からスタートすることができます。

 

毎月2万円を積み立てると、1年では24万円ですが、この24万円はその年の所得から減額できるので、仮に所得税率が10%(所得により税率は違います)の人なら、約2万4,000円返ってくることに。住民税(一律10%)と合わせると約4万8,000円もお得になります。

 

つまり、iDeCoに加入すれば、銀行引き落としで年間24万円が貯められつつ、ラクに約4万8,000円をトクできるというわけ。年20%の利益が安定的に得られる金融商品はどこを探してもありません。

 

投資商品だと、投資した金額よりも減ってしまう可能性があるため、「怖い!」「やりたくない!」と尻込みしてしまう人も多いと思いますが、iDeCoでは、定期預金でも20%の利回りの効果があるので、まずは、定期預金でトライするのもありですね。

 

︎iDeCoを始める場合の金融機関選びのポイントは?

このようにメリットの大きいiDeCo。始めない手はないですよね。さてここからは実践編。加入のステップを説明していきますね。

 

まずiDeCoに加入する第一歩は、銀行や証券会社など、iDeCoを始める金融機関(運営管理機関)を選んで、口座を開設すること。iDeCoができる金融機関は、店舗型の銀行や証券会社の他にも、ネット銀行やネット証券などがあります。

 

ここで気をつけたいのが、各金融機関で「事務手数料」「金融商品の品揃え」「金融商品のコスト」などが違うところ。今後長いおつきあいになるわけなので、ここは慎重に選んでいきましょう。

 

まず「事務手数料」ですが、iDeCoに加入すると「加入時に払う手数料」と「加入後に毎月かかる費用」という2種類の事務手数料を支払う必要があります。

 

「加入時に払う手数料」とは、国民年金基金連合会に支払う口座開設の手数料で、一律2,777円(税込)。これはどの金融機関も一緒です。

 

そして、「加入後に毎月かかる費用」が「口座管理料」。この「口座管理料」こそが金融機関(運営管理機関)ごとに異なるもの。国民年金基金連合会、運営管理機関、事務委託先金融機関という3者に対して支払うのですが、なんと年間2,000円〜7,500円程度まで幅広く、この費用を甘く見てはいけないのです。

 

もちろん、コストだけではなく、加入するときに相談できる窓口があるか、ウェブサイトが見やすいかなど、他にも重視する要素はありますが、コストは運用成果に大きく影響するところなので、重視したいポイントです。

 

iDeCoで定期預金をする場合しない場合ではどれくらいの差がでるの?

ここまでiDeCoを利用するメリットをお伝えしてきましたが、では、iDeCoで「定期預金」をする場合と利用しない場合では、どのくらいの差が出るのでしょうか?前述したように iDeCoでは口座管理料がかかりますので、このコストも含めて比べてみましょう。

 

例えば、月3万円、定期預金に20年間、利率0.01%で積み立てるとしましょう。積み立てた金額の合計は720万円。iDeCoを利用しないで積み立てた場合は、20年後の利息合計は5,883円。一方、iDeCoを利用して積み立てた場合、20年後の利息は7,384円。1,500円ほど多くもらえるわけです。

 

とはいえ「1,500円? たいした金額ではないけど…」と思った人も多いことでしょう。確かに利息の差は大したことはないですが、iDeCoの場合、前述した通り、掛金が全額所得控除になるので、その分の節税効果が得られます。

 

仮に所得税・住民税が、合わせて税率が20%ならば、年間36万円積み立てているので、毎年約7万2,000円の節税効果が得られることに。20年間では、144万円です。

 

ただし、iDeCoでは加入時の「口座開設料」である2,777円と、加入後は毎年「口座管理料」がかかります。仮に口座管理料を6,000円とした場合、20年間の費用合計は12万2,777円ということに。

 

いかがでしょうか。費用を差し引いてもiDeCoを利用して定期預金をしたほうが、同じ定期預金でも20年間で約132万円がオトクになります。

 

今、どこかの金融機関で微々たる利息の定期預金をしているあなた、「iDeCo」の利用を検討してみましょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

ボーナスどこに預けるのがベスト?「安全で賢い貯め方」3つの知識

夏のボーナスが支給されるシーズンとなりましたね。ボーナスがでたら、あれもこれも買おう!と、ボーナスを待ちに待っている人も少なくないことでしょう。自分へのご褒美も良いけれど、将来に向けてお金を貯めたり、…

40代シングル女性が「買ってはいけない」マンションとは

40代になり一生独身かも…と思うと、「家でも買っておこう」とばかりに、マンション購入を考える人も少なくないと思いますが、マンションを購入する時に資産価値や生活の利便性などをきちんと考えて買わないと、家が…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきかどうか悩む人が少なくないでしょう。そこで…

普通預金の金利は0.001%…。超低金利時代のお得な預け先とは

依然続く超低金利の銀行預金。大手都市銀行の普通預金の金利は0.001%となっており、100万円を1年間預けても1年後の利息は10円(税引前)と雀の涙程度…。普通預金だけにお金を預けていても全くお金は増えません。かと…

「無駄遣いをしてないのに貯金できない」人のザル財布とは

私のところには、「特に無駄遣いをしているわけではないのに、お金が貯まらない…」という40代高収入シングル女性からの相談が少なくありません。高収入なのに「貯まらない」のはなぜなのか。40代高年収女性の消費行…

もしかしてうちも「モラハラ夫」…?気づいたときまずすべきお金の注意点

少し前、芸能人の三船美佳さんと高橋ジョージさん元夫妻の離婚で話題になった「モラハラ」。モラハラとは、「モラル・ハラスメント」の略で、精神的暴力、精神的虐待のことです。加害者は、態度や言葉によるいやがら…

40代独身OL、結婚したい一心でついコレに依存してしまった結末は?

簡単にお金が借りられることから年々キャッシングを利用する人が増えているようですが、ひとたび、返済が滞ってしまうと大変な事態になります。今回は、40代の独身派遣OL、R子さんの例をとりあげ、キャッシングの落…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうですが、あるデータを見ると、宝くじに当たっ…

40代でマンションを買う女性が陥りがちな落とし穴

40代になり、恋人もいないとなると、ふと頭をよぎるのが「この先もずっと独身かもしれない…」という不安。もし、一生独身ならマンションでも買って住む家は確保しておきたいと思うのが乙女心というものでしょう。た…

小銭貯金もバカにならない!楽しんで貯められる貯金箱とは

「お金を貯める」というと、妙に肩に力が入ってしまう人も多いと思いますが、気楽に楽しんで貯めるなら「小銭貯金」がオススメです。私は買い物したあとのおつりの小銭を貯金箱に入れるようにしているのですが、これ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事