美人でも社内恋愛の対象外に…! 40代の「嫌われお局」ってこんな女性

 

職場で「あの人みたいには、絶対になりたくない!」なんて後輩たちから白い目で見られてしまえば、その噂が男性たちの耳に届き、恋のチャンスだって逃しかねません。

また本人が社内恋愛を狙っているわけではなくとも、男性陣から「後輩に人気のないお局だな!」なんて思われてしまうのは、40代女性には不名誉なイメージであるのは間違いのないお話です。

ならば後輩たちが眉をひそめる、“反面教師なお局”の共通項とは……?

今回は、どんなに美人でも、職場で男性からも女性からも嫌われる40代のお局様像に迫ります。

 

嫌われ40代お局の特徴1:過去の栄光にすがっている

 

40代ともなれば、過去にひとつやふたつの成功体験があってしかり。

そして、そんな過去の栄光が今の自分の自信になっている40代女性だって、決して少なくはないはずです。

しかし後輩たちからすれば、そんな過去の自慢話(!)を聞かされるたびにウンザリ……な側面は否めず、むしろ「必死で過去にすがっちゃって、みっともない!」な感想のほうが強くなる傾向も。

50代になっていればある意味で“かわいげ”が出てくる話題でも、40代はまだまだ長い社会人生活が残っているだけに、イヤミに聞こえる場面も増えがちです。

「いつまでも若い頃の話ばかりしちゃって。私は、ああいう40代にはなりたくないわ!」などと、反面教師的な“嫌われお局”になりやすい典型でもあります。

自分では「せっかくだから、指導してあげている」「有益なアドバイスをしている」なつもりでも、若い子たちからは「自慢げでウザい」を招きがちでもあるだけに、過去の話はほどほどにしておきたいところです。

 

嫌われ40代お局の特徴2:後輩女子と密かに張り合っている

 

自分の容姿や内面に自信がある40代女性ほど「私だって、まだまだイケるはず」「私には、若い子には負けないだけの武器があるわ!」などと、自分なりのプライドがあるもの。

そして、あえて言葉にせずとも、心のどこかで後輩女子とつい張り合ってしまうのも「あるある」です。

ところが、こういった“競争心”って、口にしなくとも意外なほど周囲には伝わっているもので、40代女性からライバル視されている後輩たちは特に、同性だけにそんな競争心を敏感に察知するもの。

「あの人、いい歳して20代と張り合ってるつもり?」なんて一度でも思われてしまった瞬間、“近寄りがたいお局”として君臨する羽目にも陥りがちです。

こちらも50代になっていればネタ的な捉え方をされて微笑ましく見えても、自他ともに認める“美人系”な40代女性ほど、若い子といかにも張り合っていそうなイメージも抱かれやすいだけに、誤解を招くような言動は、冗談であっても避けたほうが賢明と言えます。

それは確かに…もう1つの特徴に大納得

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事