一瞬で恋愛圏外!「男に逃げ出される」40代女性がつい送ってるLINEの傾向3つ

“つかみ”はよくとも、いざ深い仲になった途端に、男性から避けられてしまう40代女性もチラホラお見かけします。

容姿端麗で仕事もバリバリこなし「私は、それなりのレベルの女」を自負しているのに、なぜか男性と長続きしない……にお心当たりがある女性は、深い仲になった直後に、男性が嫌がるLINEを送っている可能性も……!

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、深い仲になった直後に男性が逃げ出す40代ほど送っているデンジャラスなLINEの傾向に迫ります。

 

男性が逃げ出すLINE1:突如として身内のシリアスな話を送る

「深い仲になった=もうなんでも話せる仲」と心を許すのは、決して悪いことではないはずですが、あまりにも早い段階で女性が一方的にアレコレと重めな話を打ち明けてしまうと「僕には背負いきれない!」とばかりに、逃げ足が早い男性は少なくない傾向にあります。

 

40代ともなれば、身内の介護や病気などそれなりの“シリアス話”を抱えていても自然な年代ではあるものの、男性は完全に信頼できる間柄になってからでなければこういった話を打ち明ける傾向も強いだけに「時期尚早」とも受け取れる段階で一方的に重い話をしてしまうのは危険。

 

男性には「僕は、そこまで気持ちが熟していないから、ここら辺でケジメをつけないと」的な“責任感”にかられ、“誠意の証”とばかりに女性のもとから去る人もいます。

 

結婚を視野に入れている相手にほど、早めにアレコレを伝えたくなるのが女性の誠意ならば、男性は「受け止められる自信があれこそ側にいる」のが誠意だと捉えているパターンもあるので、このLINEが原因で男性が逃げてしまうケースもあとを絶たないというわけです。

 

「彼が何かを打ち明けてきたら、自分も何かひとつ打ち明ける」くらいのスローペースでいたほうが、男性との温度差は生まれにくくなります。

 

男性が逃げ出すLINE2:過去のダメ恋愛話を披露する

深い仲になったシチュエーションで、相手の男性が優しく、かつ誠実に接してくれたときほど「これまでの男とは違う!」と思いたいのも、女心。

 

そこで「あなたは、これまでの男とは違うわ」をそのまま本人に伝えたいばかりに、過去のダメ恋愛話ばかりをすぐに披露してしまう女性も少なくありません。

 

しかしこれも、逃げ出したくなる男性が後を立たないデンジャラスなLINEのひとつ。

 

「そんなにダメな恋愛ばかりしてきたなら、この女性に問題があるのではないか?」と男性が不安を覚え、せっかく盛り上がりかかってきていた恋愛テンションが、シュルシュルと音を立てるかのように萎んでしまう引き金にもなりやすいのです。

 

過去につらい恋愛をしてきた40代女性ほど、早い段階で「あなたは違うわよね……?」を遠回しに確認したくて、あえてインパクトのあるダメ話を送りつけることもあります。

 

しかし狙い通りに作用するどころか、ドン引きする男性のほうが多いと言っても間違いではないほど、破壊力があるLINEにもなりがちなので、くれぐれもご注意ください。

 

あるある…次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事