まさか「感謝です」なんて言ってない?NG敬語の3パターン

ビジネスシーンで「まじリスペクトっす!」なんて言うのは冗談だとして、「感謝です」「ファイトです」「しばらくです」というような、敬語でも何でもない言葉を言っていませんか?

 

中高生ならまだしも、社会に出た人間が、このようなことで感謝を表現できると思ったら大間違いです。たとえ許してくれたような雰囲気だったとしても、それは相手が、少し気になる感情を抑えて、ま、この人の人生責任を持つわけじゃないし、これくらいで怒ってはこっちの株も下がるしと、スルーしてくれた結果。

 

ぎりぎりセーフどころか、むしろ思考外。今回は、そんなカジュアルすぎるダメ敬語について3つのパターンを紹介します。

 

その1「です」をつければいいってもんじゃないパターン

「感謝です」「尊敬です」のように、こちらを褒める名詞と「です」がセットになったもの。

「マジリスペクトっす!」って本当は何て言うか知っている?
「えーと、マジでリスペクトでございます!?」

これは笑い事。
でも「感謝です」は何と言うかご存じですか?

本来はどういうセリフのもので、それがどうなってここまで省略しているのか、全部分かってて、その上で戦略的に使っているなら大したものですが、「それって本当はどう言うべきか知ってる?」と聞くと、びっくりするくらい言えません。

感謝しております。

本当はこういうべきことです。でも、これでは固すぎる!もう少しソフトに言わないと、距離感がありすぎる!そう思って無理矢理カジュアルにしようとした結果「感謝です」のようなパターンになりますね。「尊敬です」も同じです。
でも、本来は、距離感を縮めるのは上司の役割。あなたは「敬語を外していいよ」と言われるまで、基本的には使い続けた方がいいのです。
「感謝しております」というほどのことでもない、そのような場合は、普通に、こう言えばいいのです。

ありがとうございます。

 

その2 部活?(笑)「かたかな+です」のパターン

「ファイトです」「ガンバです」「ナイスです」
先輩が試合に出ている時の後輩のかけ声的なもので、これは「です」が付いているからといって、敬語でも何でもありません。
相当仲の良い先輩に対してなら使えますが、その他のシーンではNGだと思っていて良いでしょう。むしろ部下に使うなら逆にユーモアに富んでいて良いかと思います。

 

その3 そもそも敬語としてNG

「ご苦労様です」「了解です」「しばらくぶりです」

ご苦労様、了解、しばらく。これらは、すべて立場の上の人が下の人に向かって言う言葉で、「です」という丁寧語をつけたからといって、敬語に変身するものではありません。

ご苦労様です

もともと「ねぎらう」という行為は、立場の上の人が下の人に向かってする行為。ですから、言葉自体が使わない方がいいのです。しかし、現代社会では、目上の人が疲れている時にも声をかける距離感になっています。その場合は、「お疲れ様です」を使うのが一般的。

了解です

「わかった」「理解した」これが「了解」の意味です。なので、立場が下の人が上の人に向かっては使いません。「わかった」「理解した」と上司に伝えたい場合は「承知」の方を使います。もちろん、熟語の意味としては同じなのですが、そのような風習が残っているのであれば、わざわざ波風を立てる必要はありません。ただし「了解いたしました」のように、謙譲語の「いたしました」を付ければ使えるという流れも出てきています。それがしっかりと定着するまでは、「承知しました」にした方が良いでしょう。

しばらくぶりです

「しばらくぶりですね」などと使う人が多いのですが、こちらも立場の上の人が下の人に使う言葉です。「しばらくだね、きみ」などのように話しかけられたことがある人も多いはず。その「しばらくだね、きみ」に対し、オウム返しのように「はい!しばらくです!」なんて答えたら冷や汗もの。
正しくは「ご無沙汰いたしております。」です。

 

どうでしょう?「です」を付けても敬語にならないパターンを3つ紹介しました。これであなたも「納得です!」?

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「ご自愛下さい」は実は失礼?デキる社会人のメール文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違い

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺います」「明日、オフィスに参ります」。どちらも正しいように感じますが、本当はどちらを使うべきなので…

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

ビジネスシーンで使う敬語、正しいのはどっち?

新年度が始まりました。新しいスタートの春。この機会に、会社でよく使う間違えやすい敬語について再確認してみましょう。今日は楽しくクイズ形式にしました。全12問、あな…

毎回「お世話になっております」はNG? 印象が悪い3つのメール

あなたは、仕事で、一日何通くらいのメールを書いていますか?メールで大切なのはもちろん「用件」です。結論を先に明快な形式でメールを書くことは大切ですが、そのメールの頭に付ける文、時と場合によって、きちん…

「お待たせしました」は実はNG?気をつかったつもりで失礼な日本語

「お待たせしました。レポートを提出します」調査や研究を始め、リサーチでもアンケートでも、イベントでも、確かにレポートは早くほしいもの。その提出が遅くなってしまった場合、「お待たせしました」と言われると…

いい年して「チョー暑い」とか言わないの!普段から気をつけたいNG日本語

暑中お見舞い申し上げます。連日更新される高温記録に驚いていますが、ニュースなどの街角インタビューで「超暑い」という言葉が多用されているのを耳にします。この「超」という接頭語、実は40代の教養ある女性とし…

「助かります」は実は失礼?軽率な日本語の2つのNG

最近、立場が下の方から、このような文が入ったメールが届きました。「先生のその姿勢、見習いたいな、と思いました。」私は、ちょっと違和感を覚えたのですが、私情も入るのかと思い、こっそり他の方に聞いてみたと…

まさか「行けれる」なんて言わないよね? 教養のなさが見えちゃう「れ足す言葉」って?

「れ足す言葉」という、言葉があります。「ら抜き言葉」は有名なので、ご存じの方も多いと思いますが、「れ足す言葉」とはいったいどのような言葉なのでしょうか。可能を表すのに、ついつい「れ」を入れてしまう「れ…

「やめてください」とやんわり伝えたい。どう言えば炎上しない?

「もう本当にやめてほしい」そう思っていることを敬語に直すのって大変ですよね。心情的には「止めろって言ってるでしょう!?」くらいのこともあるでしょう。今回は、そんな時の言い回しについて。みんなは「やめて…

「ご利用できます」なんて書いてない?恥ずかしい呼びかけの日本語7選

「ここは、休憩所としてご利用できます」「このコピー機は、会員様でしたらいつでもご利用できます」「この駐車場は弊社に訪問の際、いつでもご利用できます」そんな掲示物を、店頭や掲示板、看板などでよく目にしま…

「ご出席された」でいいの?丁寧すぎる日本語のNG

丁寧過ぎることを「馬鹿丁寧」と言いますが、時々出席する会議に、馬鹿丁寧に話をする方がいらっしゃいます。「次の議題でございます。内容に関しましてはお手元の資料にございます通りでございます。検討事項に関し…

「させていただきます」はNG!丁寧すぎて逆に無礼な敬語7選

敬語に自信のない人が、丁寧に話をしようとすると、ついつい過剰な言い方になってしまいます。言葉の初めには何でも「お」や「ご」をつけたらいい、文の最後には「れる」「られる」をつければいい、そんな感覚でいま…

ギクッ、「お願い致します」は間違い?メールでやらかすうっかり敬語

「お願いいたします」と「お願い致します」は何が違うと思いますか?私は小学生と大人と両方で、文章の書き方などを指導していますが、小学生の生徒はきっとこう言うでしょう。「先生、まだ『致』という漢字を習って…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事