3つのルールを決めるだけ!自動で1年間で100万円貯まった年収360万40歳の実例

 

貯蓄をはじめるなら何が何でもと節約して一心不乱に頑張るよりも、はじめに目標金額やルールを決めることで無理をしないで頑張れます。今回は1年間で100万円貯めた女性が決めた3つのルールの相談実例をもとにお伝えします。

 

■お金を管理するのが苦手なA子さん

年収360万円の40歳になるA子さんは、お金のことを考えるのは苦手で、貯蓄したいとは思っていても、なかなか貯まらず何からどう考えたら良いのかわからないとマネー相談にみえました。A子さんは実家暮らしで家に5万円入れているので約20万円は自由に使えるお金があります。20万円もあれば貯蓄できそうなだけど、全然貯められないというわけです。

 

貯められない理由は、遣っているからという理由は明白ですが、何にいくら遣っているのかよくわからないとのこと。とはいえ、家計簿をつけるなどコツコツ頑張るのも向いていないそう。1年間で100万円を貯めるという目標をもとにルールを決めていきました。

 

■ルールを決めることで、色々考えないでいい

毎月何にいくら遣っているのか把握できていないけれど、A子さんからの話では週に1度は仕事帰りに飲みにいく、他の日はスポーツジムや料理教室に通っているのが平日の行動パターンだそうです。

 

週末は土日のどちらかは友人とランチをして、帰りはウインドウショッピングというパターンです。ウインドウショッピングといっても、見てたら欲しい物はたくさんあるので、必ず何かしらは買いますとのことでした。

 

飲み代やショッピング代は支出の多くを占めているのは一目瞭然ではあったものの、そういった楽しみがあるからこそ仕事する活力にもなるとのA子さん。A子さんの言うとおり貯蓄するから、がむしゃらに節約してもただ辛くなって続かなくなるだけです。色々考えるより、シンプルにルールを決めた方が向いているA子さんと考えたルールは次の3つでした。

 

ルール1:毎月8万4千円を別口座にうつす

1年間で100万円を貯めるには毎月8万4千円を貯蓄する計算です。節約を心がけて8万4千円を残すように頑張るというやり方よりも、お給料が入ったら貯蓄するお金を別口座にうつし、残ったお金で生活するというルールを決めました。A子さんは手取り25万円で実家に5万円入れて、8万4千円を別口座にうつすと毎月遣えるお金は11万6千円です。

ちょこちょこ節約をするよりも、毎月つかってもいい金額がわかった方がシンプルでわかりやすいとA子さん。これは「先取り貯蓄」という方法ですが、貯蓄の基本というほど、お金を貯めている人は先取り貯蓄をしています。

 

ルール2:費目ごとに金額を決める

スポーツジムと習いごとの2万円は、引き落としがかかるので給料口座に残して他のお金を全ておろして費目ごとに決めた金額を封筒にわけることにしました。

【ランチ代】2万円

【飲み代】2万円

【美容代】1万円

【保険料】1万円

【被服費】3万円

【その他】6千円

封筒から費目ごとにつかうので、家計簿をつけなくてもわかりやすく、自制がきくというわけです。

 

これまで、ウインドウショッピングで目にとまった気に入った商品を購入していたA子さんは、被服費の金額が決まっていると、今月は何のアイテムを購入したいのかを決めてから買い物に行くことで無駄な物を購入しなくなり、やがてウインドウショッピングも減ったそうです。

 

また、月によっては歓送迎会など交際費に変動があった場合は、被服費を減らして飲み代をプラスするなど、費目同士で調整することもOKとしているため、やりくりもし易かったようです。

 

ルール3:水筒持参でスタバは2日に1回に減らす

ランチは1000円くらいかけて、ランチの後はスタバで約400円のカプチーノを購入してオフィスに戻るというのが日々のパターンだそうです。これに加えて、コンビニでペットボトルを購入するので、1日1500円以上はかけていたそうです。

 

これではランチ代2万円を超えてしまうので、1日1000円以内におさえるように決めました。そこで、水筒を持参すること、スタバは2日に1回として、スタバを購入する日はお店に行かずにお弁当を持参する、もしくは、車で会社の前に販売にくる500円のお弁当に変更しました。

 

2万円におさえることは、案外大変ではなかったとA子さん。よくわからず節約するよりも、いくらまでならつかっていいと範囲が決まっていた方が楽だったそうです。

 

A子さんは、3つのルールを決めたら1年間で100万円貯めることができました。こんなに簡単ならもっと前からやっていたら良かったとの感想でした。2年目以降は被服費を減らして100万円以上貯蓄できるように頑張るとのこと。お金を貯めるのが苦手な人は、目標金額とルールを決めることから実践してみてください。

 

 

★お金の相談、してみませんか?こちらまで!

今関倫子 ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FPCafe登録パートナー

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

私の常識は世間の非常識…?「節約」のつもりで「ドケチ」扱いの恐怖

お付き合いや結婚するなら「ケチな男性」は絶対にイヤ!とケチに対してはイメージが悪いでものですが、将来に向けて「きちんと節約している男性」なら信頼できると好感が持てるものです。この「ケチ」と「節約」の境…

お金が貯まらない人の「バッグの中身」これ入ってたらアウト!

バッグの中身を見れば「お金が貯まる人かどうか」がわかります。なぜなら、バッグの中身は整理整頓がきちんとできている人かどうかが一目瞭然。お金が貯まる人は整理整頓がきちんとできている、この違いは大きいと感…

意外すぎる?お金が貯まる人と貯まらない人「シンプルな3つの違い」

同じ職場の同期で年収は同じなのに、貯蓄に大きく差があるケースはよくあります。お金が貯まる人と貯まらない人には違いがあるのです。今回は3つの違いをお伝えします。1・何にいくら使っているのか「把握」してい…

まだ貯金を始められてない人に、オススメの簡単貯金法3選

今年から貯蓄をはじめようと思いつつ、いつからスタートしようかと考えているのであれば節分の2月3日からスタートしてはいかがでしょうか。2月以外の月なら、それぞれの月の何かの行事など節目になりそうな日をスタ…

消費税8%のうちに買ったほうがいいものは?逆に買うと損するものとは

2019年10月に消費税率が8%から10%への増税が予定されています。2014年4月に消費税率が5%から8%へ引き上げられた際には、駆け込み需要が目立ちました。でも、結果的には増税後に行われた消費税還元セールの方が安…

知らなかった!節約とダイエットは同時に始めたほうが成功するらしい。その秘密は…

新年にかかげる目標として多い「節約」と「ダイエット」。これまで何度かトライしたものの途中で断念してしまったという経験をお持ちの人は少なくないでしょう。今年は「節約」と「ダイエット」どちらも目指してみま…

意外と悩む!お年玉はいくら包むのがベスト?計算式に当てはめると…

子どもの頃、お正月の一番の楽しみといえば「お年玉」だった方も多いのではないでしょうか。お年玉を貰う立場からあげる立場になった今は、お年玉はいくら包むのがベストなのか迷う場面もあるでしょう。今回はお年玉…

意外とお金を使う年末年始。この「出費計画」で使いすぎを事前にガード!

年末年始の計画はどう過ごされますか?「実家に帰省する」、「旅行に行く」、「特に予定なく家でゆっくり過ごしたい」など年末年始の過ごし方は様々でしょう。年末年始は過ごし方によって出費が大きくかかってしまい…

年末大掃除の断捨離、片付けたいのは「ブランドバッグ」と「保険」?

お掃除上手な人に言わせると、普段から片づけや掃除ができているから年末だからといって大掃除は特別大変ではないと。お掃除上手の人の共通点はきちんと断捨離ができているので収納スペースも確保されているため片づ…

お金が貯まる人のお財布は?今すぐやるべきお財布断捨離

お金が貯まっている人のお財布はどんなお財布を使っているのでしょうか?外出時は肌身離さず持ち歩くお財布は、その人のお金に対する想いがつまっているといっても過言じゃありません。お金が貯まる人のお財布はどん…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事