25kg減のドクターが教える!「糖質オフ」ダイエットの基本

最近、ちょっと太ってきたな……と感じても、食事の量を減らすだけですぐにやせられた20代。でも、30代、40代と年齢を重ねるにつれて、やせにくくなってきた……と感じる人も多いのではないでしょうか。

下の写真は、みずから糖質オフダイエットで25kgの減量に成功した人のビフォア・アフターです。ぱっと見て別人ですが、実はこの成功者こそが糖質オフを提言する医師ご本人! では、どうすればこんな大成功を収めることができるのでしょうか?

 

40代は「正しい糖質制限」を知っておくべし

年を取るにつれてやせにくくなる大きな原因は「年齢による基礎代謝の低下」。これは、30歳を過ぎたあたりから、筋肉量が減少するためです。

そんな状態の中、20代のころと同じだけ食べてしまうと、余分なエネルギーが脂肪として蓄積されてしまい、結果太りやすくなることに。しかし、筋肉が減るような食事をすれば余計代謝が低下する悪循環に陥ります。

ですから、40代には適切に食べる「糖質オフダイエット」がぴったりなのです。過剰な糖質を制限して、たんぱく質を中心に野菜や海藻もバランスよくとり入れることで、代謝をアップさせ、やせやすいカラダに。まずは『正しい糖質オフダイエット』を身につけるところからスタートしてください。

 

そもそも糖質って何?→炭水化物から食物繊維を引いたもの

「糖質」と聞いて何を思い浮かべますか? 「甘いもの」という答えは半分正解。ケーキや甘いお菓子、ジュースなどわかりやすい「砂糖」のもののほか、小麦粉を使うもの、また私たちが主食として食べているごはんやパン、めん類、根菜類、いも類などにも「糖質」はたっぷり含まれています。

これらの食品の主成分は「炭水化物」と呼ばれていますが、この「炭水化物」から「食物繊維」を引いたものが「糖質」。ただし、食物繊維は微量なので、炭水化物=糖質として考えてもほぼOK です。

糖質はエネルギーにしかならない栄養素です

この糖質は、私たちのカラダの中でどのような働きをするのでしょうか。

 

カラダにとって重要な栄養素として、糖質、脂質、たんぱく質を「三大栄養素」と呼びます。この中で「脂質」と「たんぱく質」は体の構成成分として使われるいっぽう、「糖質」は摂取すると体内ですぐにブドウ糖に変わり、エネルギー源として使われ、カラダの構成成分になることはありません。

 

エネルギー源としてしか使われないため、過剰にとると脂肪として蓄えられてしまいます。

 

 

糖質が多いものを食べるとなぜ太る?

糖質は体内で「ブドウ糖」に変わり、血糖値が急激に上昇すると、すい臓からインスリンというホルモンが分泌され、肝臓や筋肉にブドウ糖をとり込みます。糖質を過剰にとった場合は、血中にブドウ糖が余ってしまい、それが脂肪として蓄えられ、太ることにつながるのです。

 

では、どうすれば「糖質」を適切に管理してやせることができる?次ページ

 

大村和規(おおむら かずき)
日本糖尿病学会専門医。日本内科学会認定内科医。2008 年北里大学医学部を卒業後、北里大学内分泌代謝内科学教室入局。関連施設にて研修後、海老名総合病院糖尿病センター在院時に糖尿病専門医を取得。2016 年より医療法人陸和会 大村クリニックにて勤務中。みずから糖質オフダイエットで25kg の減量を成功させた経験を持ち、糖質オフの危険性も踏まえたうえでの低糖質ダイエットの啓蒙活動をしている。

 

5人で-90kg! 食べてやせるグルメ。』主婦の友社・刊 880円+税

 

ダイエット成功のカギであるオトナ流糖質オフや
和モダン食材を活用した快腸グルメなどなど、
料理家や医師、栄養士、整体師など
5人でー90kgやせたリアルなレシピを大公開。
Before-Afterもまじえつつボリュームをさいてお届けします。

話題の「漢方」にもスポットをあて、
糖質オフのやせぐせおかしなど
やせるにまつわる人気コンテンツもカバー。

また、大ヒット中のストレッチ「骨ストレッチ」のダイジェスト版や
初心者でもわかりやすいマンガ「神の雫」とコラボした女性向けワインガイド、
手土産にすると喜ばれるヘルス&ビューティアイテム特集など、
ダイエット以外のコンテンツも盛りだくさん!

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

できるか?「40年ためこんだ毒素を10日で排出」7号食ダイエット挑戦記♯1

玄米食で体を整え、毒素を排出する「7号食デトックス」って知っています?10日間3食すべてを玄米だけで過ごすというかなりストイックな食餌法なのですが、このたび、無事に…

【専門店が教える】大人気!バターコーヒーの作り方と「最強」な飲み方

昨年の6月、東京・JR代々木駅前に突如として「バターコーヒー」のお店がオープンしました。代々木在住の私は嬉々として初日に立ち寄り、飲んだ感想を元に自己流のレシピ記…

「酢キャベツ」は効く?40代の「ヤセ菌増やし」ダイエット10日チャレンジ#2

幼い頃のぽっちゃり経験から、体重コントロールに対する意識は非常に高かったのに、40代半ば頃からかなり苦戦中!少食なのに太る、運動の時間が取れない。そんな私が出会っ…

40代の毒素排出「7号食ダイエット」10日間挑戦中!#2 つらすぎ4日目

玄米食で体を整え、毒素を排出する「7号食デトックス」も4日目に突入。10日間3食すべてを玄米だけで過ごすというかなりストイックさながら、ひもじさはないので順調に続け…

おしりを変えれば、ダイエットもするりと成功する! 話題続行中!「おしりリセットダイエット」って何?

なかなか身体重もぜいにくも落ちないのが40代のダイエットまわりの悩み。食事制限をしても、思うようにやせなかったり、ジョギングやトレーニングを始めてみたら、余計なと…

毒出し玄米「7号食ダイエット」10日チャレンジ♯3 体感体重は10㎏減?

玄米食で体を整え、毒素を排出する「7号食デトックス」の後半戦。だるさや眠気に悩んだ好転反応期も乗り越えて、毒出し作戦も絶好調。小豆と一緒に炊いたもちもち玄米だけ…

4週間プログラムに チャレンジ!!「おしりリセット ダイエット」#1週目

オトナ女子の気になるパーツの一つが「おしり」。横姿・後ろ姿のキーポイントだし、加齢も出やすい。しかも、実はダイエットに最も深く関係していたのもおしりだったのです…

10日玄米「7号食ダイエット」にチャレンジ♯4 あと2日で痛恨のドカ食い

玄米食で体を整え、10日で毒素を排出する「7号食デトックス」もラストスパート。毒出しも順調で、体重も減少。さらには肌もシルエットも「あのころ」に戻れたような状態に…

医師が教える!夏本番に「やせ体質」になる3つの呪文

はじめまして。埼玉県で医師をしています奥平智之です。食事や栄養は、心や身体、そして美容にも大きく影響しています。私はこの事実を、ひとりでも多くの方に知っていただ…

40代の「ヤセ菌ダイエット」酢キャベツ10日でここまでやせた!チャレンジ#4

ヤセ菌を増やすべく、玄米や発酵食品を中心にした食事、そして酢キャベツを取り入れる生活を始めて1週間(具体的なルールはこちら)。酢の利尿作用でむくみ感が軽減したり…

藤原紀香、小泉今日子…「男に翻弄される女、されない女」の違いとは? 

OTONA SALONEでも人気の仁科友里さんのオンナの生きざま記事。その中でも特に人気のトップ3をご紹介します。藤原紀香は、愛之助にとって最高の妻である藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由梨…

あなたは犬派・猫派? 40代女性はどっちが多かった?【オトナ組アンケート】

ペットを飼うということは、もはやブームではなく当たり前のようになっている昨今。いろんな動物を飼っているかたがいらっしゃいますが、定番なのは犬と猫でしょう。ということで皆様は犬派・猫派どちらなのか気にな…

オトナも納得の高見え!GUとZARAの真夏の人気アイテム3選

夏真っ只中! みなさんはどうお過ごしですか?真夏だからこそ人気の「GU」・「ZARA」アイテムをご紹介します。お値段以上の高見えで買わずにはいられなそうです……!40代にぴったりのGU「お値段以上」コーデGUなのに…

「育ちが悪そう」と思われたくない!意外とやってしまいがちな〇〇って?

OTONA SALONEでも人気の並木まきさんの「育ちが悪そう」記事。モテる云々の前に、まず人として「育ちが悪そう」なんて思われたくないですよね!あなたは大丈夫ですか? 要チェックです。あなたはアノ話題を出してい…

何歳差までアリ?30代、40代女性に結婚相手のOKラインを聞いてみた【アンケート結果発表】

みなさんは、結婚相手として自分より何歳上まで、何歳下までアリでしょうか? 姉さん女房の夫婦や、歳の差婚もめずらしくなくなった昨今。先日OTONA SALONEでは、アサミ編集長の人気婚活連載「#105  どこまでアリ…

あなたは大丈夫?「モテない40代独女」の特徴が明らかに!【男の本音】

OTONA SALONEでも人気の「モテない40代独女」記事を。当たり前だと思って無意識にやっていたことも、言われてみなきゃ気が付かないですよね。あなたは当てはまるところはありませんか?☑その発言がモテない!「悪魔…

発表、人気記事ランキング! オトナ女性が気になった先週の話題は?

ただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週の人気の傾向はこんな感じでした。先週は花火大会や音楽フェス、野外ライブなど、夏らしい様々なイベントがありましたね!そんな週は、ファッション記事が…

「たのきん」は誰派だった?アンケートの結果、1位はアノ方でした!

80年代を代表する男性アイドルといえば「たのきんトリオ」です。OTONA SALONE編集部は、先日、アサミ編集長の個人的趣味で、「誰のファンだった?「たのきん」と「好みの男性」問題を考える」という記事を掲載。読者…

「この女痛い…」と即ジャッジが下されるデンジャラスなLINEって⁉

親しい仲になると、LINEでコミュニケーションを取るなんてことも増えますよね。そんなときに「この女痛い」とジャッジが下され、そこで恋愛終了ー!なんて……。そんな痛い女の言動で恋愛を終わらせてしまう前にチェッ…

おしゃれでヘルシー!「センスいいね」と言われるオトナの手土産17選

お盆のシーズンが到来し、みなさんも手土産に悩んでいるのではないでしょうか?美容から健康、腸活⁉までカテゴリー別に幅広い手土産をご紹介。きっとあの人に贈りたいものが見つかるはずです!きっとあの人にもぴっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事