洗濯物がクサい…10年悩んだ私がニオイから解放された方法

だいたい7月上旬を境に、電車通勤が憂鬱になる女性はかなり多いのではないでしょうか。最近オトナサローネ編集部でも盛り上がるのが「車内がクサイ」ネタです。

一般に男性のほうが嗅覚そのものが弱く、また男女では「悪臭」と感じる要素が違うということも知られています。

自分のニオイは自分でわかりにくいということもあり、仮に男性にとって普通の体臭(いやそれも普通にしてるだけでクサイっていう最悪の話ですけど)でも女性には耐え難い悪臭ということは多々あります。

なのでこの時期、控え目に言って「電車は地獄」なのです。

 

私たちは静かに怒っている

まず、女性は基本的に鼻を閉じて電車に乗っています。アザラシじゃないんだから物理的に閉じないですけれど、閉じる以外の表現ができない。息を止めたくらいじゃダメなんです、鼻を閉じないと。

 

車内での基本は口呼吸にしています。ぜったい鼻なんか使えません。

 

でも、たまにうっかりして鼻から息を吸ってしまいます。この瞬間、運が悪いと本当に地獄。

 

クサイ。基本的に男性は少なく見積もって3割クサイ(※あくまでも個人の見解です)。しかも「ものすごくクサイ」個体が1車両に1名くらい乗っているので、本当に辛い。

 

私が特にニオイフォビアというわけでもありません。先ほど編集部で「周囲の男性がクサイ」話をしましたが、部員5名が全員「私も私も」とエピソードをどんどん披露してくれました。

 

男性に頭ごなしに「クサイ」は逆効果……

 

高校に男性が多かった部員は「基本校内がクサイので私は慣れてそれほど気にしなかった」と言っていますし、ご主人と2人暮らしの部員は「夫に汗臭いと伝えてもわかってもらえなかったので、シャツのニオイをほーら♡と嗅がせたら一発で理解した」というラブラブ?なエピソードを教えてくれました。

 

私の場合はこの10年、夫が自分のくささを一切理解してくれず、逆ギレされ続けるパターンでした。

 

どうやら男性にとって「クサイ」という指摘は受け入れがたい屈辱のようで、もう聞く耳を持たない。とはいえ我慢すればなんとかなるようなニオイでもありません。いうなれば夏のコミケか秋葉原のエレベーター、もっと言うとホームレスが家の中にいるような。

 

ですので私も逆性石鹸や酸素系漂白剤、はては煮沸まで駆使して自衛を続けていましたが、常識的に考えて、毎日毎日洗濯物煮てられるわけがありません。

 

本当に万策尽きて、まさに精魂尽きていた状態にあり、今年は「夏の間は別の家を借りる」という手段を考えていたのです。

 

科学(化学)が私を救ってくれた

左・ビオレ 薬用デオドラントZ エッセンス(医薬部外品)30g 、右・同 スプレー(医薬部外品) 110ml。他にロールオンがある。いずれも無香性・石けんの香りの2タイプ。

こうして10年ほど戦ってきた苦しみが、この夏突然「消えた」のです。

 

本当に突然。

 

唐突ですがみなさん、花王というメーカーをご存知でしょう。花王は小売商品の製造のほか企業向けの「原料開発のメーカー」でもあり、私は個人的にその開発力を強く信頼している根強いファンです。そしてその花王の「ビオレ 薬用デオドラントZ」のシリーズが劇的に効いたのです。

 

このピンクのパッケージが発売されたのちのある日、「これ新発売らしいよ」と店頭で何気なく夫に言ってみたところ、「たくさん汗をかいても、1日ずーっとニオわせない」というパッケージの明瞭な言葉に興味を持った様子。自分で買って使ってみて「いい」と実感したようで、自分でまとめ買いしてくるようになったのです。

 

このシリーズには、スプレー・ロールオン・クリーム(商品名・エッセンス)の3タイプが存在します。特に効いたのが、このうちのクリームだったようです。

 

密着するクリームがスゴイ!

よくよく考えたら、クリームならば皮膚の上にピンポイントで塗布場合の密着性は抜群に有利。塗ると「これ落とせるのかな…?」というレベルで皮膚に密着するのが自分でもわかります。

 

そして、汗をかいても本当にニオイが出ない。びっくりするほど出ないんです。店頭ではおおむね600円台と気軽なお値段ですから、どうぞ1本試してください。私の言う意味は、自分でこれを使って猛暑日に2時間も外出すればきっとわかります。

 

私は見た目のわかりやすさでクリームと記していますが、商品名はエッセンスで、タイプとしてはジェルっぽいです。なので、ベタつきも気にする必要はありません。じゃんじゃん塗り込んでください。

 

広範囲に塗りやすいのが今年新発売のこちら!

また、今年発売されたこのスプレータイプもすごい。使いやすい。

 

昨年の登場時はロールオンとエッセンスの2タイプでしたから、満を持しての登場です。このタイプは私もものすごいピッチで使うようになりました。

 

本品は制汗剤で主流のガススプレーではなく、どちらかというとヘアスタイリング剤に多いポンプミストです。

 

狙った場所だけにしゅっと、たっぷり吹けるのがうれしい。そして、メントールやアルコールとはまた違うタイプのすっとする感覚があります。たとえばブラの下など、広範囲に塗っておきたい場合におすすめ。広範囲ならクリームよりこちらのほうが使い勝手がいいと思います。

 

悪臭で苦しむ女性たちへ!

メンズビオレ 薬用デオドラントZ 全身用スプレー(医薬部外品) 110ml。こちらも無香性とシトラスの香りの2タイプがアリ。形状も同じくスプレーのほか、スティック、エッセンスの3タイプ。

この2タイプがあまりに強力かつ使い勝手がいいので、王道であるであろうロールオンを試していません。でも、ともかく長いあいだ苦しんだ夫の悪臭がぴったりと止まりました。本当にありがとうございます。ちなみに今回私はピンク色のほうを買っていますが、男性ならばメンズビオレのまったく同じラインもあります。

 

煮沸よりも花王。この言葉を、同じように悪臭で苦しむすべての女性にお届けいたします。

 

■あなたの「夫・彼氏・親兄弟・同僚がクサイ」問題を聞かせてください!こちらから ■

 

スポンサーリンク

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

ウワサの「ヨーグルト断食ダイエット」実際やってみたら効果はどうだった?

アラフィフ美容健康ライター・藤井が体当たりでゆるゆるとダイエットをしている連載「ダイエット戦記」。今回ですでに26回めです。さて、26回めにしてはじめてワタクシ藤井…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹?…

「肩甲骨はがし」10秒~1分でOK!お仕事中の3大不調を今すぐ解消

その不調、いま座ったままで解消しましょう! 「肩甲骨はがし」を応用した[オフィスはがし]で、座りながらでOKの解消方法をご紹介します。どれも10秒~1分と短時間ででき…

はしか(麻しん)が流行中らしいけれど、40代はどうすればいいの?

4月中旬に入って、「はしか(麻しん)」という言葉をよく耳にします。現在局地的に流行していることは報道の通り。平成19・20年に10~20代を中心に流行しましたが、同様に…

【チェックリスト】あなたの脳疲労度は?40代・50代更年期「脳のアンチエイジング」とは

40代に入り、「最近いろいろ忘れっぽくて。認知症かも?」と冗談めかして言うことが増えました。こうした忘れっぽさは大抵の場合「通常の老化の範囲」なのですが、実は認知…

あさイチで話題!おりもののニオイや量など、アソコのお悩みQ&A

おりもののニオイや量など陰部の悩みを抱えている女性は少なくありません。NHK『あさイチ』女のホケン室での取り上げられたおりものや陰部の悩みについて、番組でもコメン…

無印マニアが「実際使ってオススメ」ベスト10!【無印良品週間中に買ってね】

全国の無印良品で4月1日まで(ネットストアでは2日10時まで)メンバー10%オフの「無印良品週間」が開催中です。この機会に買い足したり、新しく買ったりしたいアイテム、何ですか? 毎年マイルのステージがプラチ…

あなたは「虚」「実」どちら?医師に教わる「漢方と自分の体質」

「皮膚科領域の漢方治療は、アトピーで特にニーズが多いのですが、いっぽう皮膚科の漢方医は多くありません」。そう教えてくれたのは、よしき皮膚科クリニック銀座 院長 吉木伸子先生です。吉木先生は皮膚科専門医…

イガリシノブさん直伝!「40代でもカワイイいまどきアレンジ」のポイントは…

おなじみヘアスタイリングブランド、リーゼが4月20日にリニューアルします。「ハッピーニューミー」を合言葉に、髪を通じて新しい自分にチャレンジできるラインナップ9品が登場。すでに一部ウェブで先行販売中です。…

「やせない人」の遺伝子は5タイプに分かれる?遺伝子解析でわかるベストな生活習慣って…?

最近、オトナサローネ編集長アサミがパーソナルカラー診断にハマっています。「30代までは流行に乗ることイコールおしゃれだったけれど、40代以降は自分のことを客観的に知って、自分に必要なものだけを選んでいくの…

[PR]

突発性難聴かと思ったら「更年期」。漢方治療への長い道【100人の更年期♯6】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

半袖になる前に!噂の光脱毛自宅ケア「光エステ」、脱毛したい私が使ってみると…

日ごとに気温が上がり、服が薄くなっていく今日このごろ。ふと腕を見て「またムダ毛と戦う季節がきたか…」とうんざりしていませんか?何歳になっても意外にヒトはみな、人知れずムダ毛と戦っているもの。特にこの時…

「5歳若く見えるメガネ」で本当に若返る?カラー診断の結果選んだ1本は…

これまで何の疑いもなくかけてきたメガネ。ですが、ふと鏡を見た瞬間に「……あれ、私の印象、思ったより老けて見えない?」と驚くことがありませんか? 私はあります。オトナサローネでも「マイナス5歳見え」記事は…

[PR]

肌へのやさしさを極めた「オーガニック」なUVミルク、ニールズヤードから

そろそろ19年美白の新製品が気になる時期。今や夏だけではなく1年中、何かしらのUVアイテムを使っている私たちですが、とはいえできる限り肌には負担をかけたくない……。そんな微妙な40代の気持ちに寄り添ってくれる…

医療は「解決」のためにある。どうか更年期の不調に苦しまず、医療に頼って【山田ノジル後編】

書籍『呪われ女子に、なっていませんか?』が好評発売中のフリーライター・山田ノジルさん。前編では「真面目な更年期世代の女性ほどうっかり信じやすいトンデモ健康法」の概要とその特徴を聞きました。後編では「ど…

「私、マジメだから」と自覚してたら要注意?更年期対策のワナ【山田ノジル前編】

日本人女性の平均的な閉経は50歳代。医学的に閉経の前後5年を更年期と呼びます。この過程で心身に苦痛が出る場合が「更年期障害」。のぼせ、汗、イライラ、倦怠感、不眠などさまざまな不調が出やすくなる更年期です…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事