「お待たせしました」は実はNG?気をつかったつもりで失礼な日本語

「お待たせしました。レポートを提出します」
調査や研究を始め、リサーチでもアンケートでも、イベントでも、確かにレポートは早くほしいもの。その提出が遅くなってしまった場合、「お待たせしました」と言われると少し違和感を覚える人がいることを想像できますか?
また、文法的にもおかしくないのに、この「お待たせしました」がどうしてそんなに微妙な雰囲気になってしまうのでしょうか。

 

「遅くなりました。ハンバーグ定食です」とは言わない

「お待たせしました。ハンバーグ定食です。」

これはOK。待っていたのですから。ではハンバーグ定食はOKでレポートはなぜNGなのでしょう。

ハンバーグ定食の場合は、こちらが注文し、言うならば、それ相応の代金を支払い「作ってください」とお願いした状態です。あまり待たせすぎるのは別ですが、少々の時間は対価として我慢するわけです。その時に例えば多少テーブルに届くのが遅くても、「お待たせしました」となります。逆に「遅くなりました」とは言えません。程度が酷い場合は「遅くなりました」ではなく、むしろ「大変お待たせしてしまい……」などとなるわけです。

一方、レポートの場合は、こちらが「書いてください。お願いします」と注文したわけではありません。レポートがあった方が良いことは、最初から決まっていたことで、期限通り、理想のタイミングで出ることに対し、当然の期待がかけられています。それがこちらの都合で遅れた場合に「遅くなりまして」は使えても「お待たせしました」が失礼にあたる由来です。

つまり「お待たせ」と言われた相手は、期待通り、理想のタイミングで出ることが当たり前と思っている状態、そう実は「待っていない」状態の場合なのです。

 

年齢が上の人ほど気にする

時間通りにできた場合も同じです。まさに「まだ待っていたわけでもない」という状態で、そこに「お待たせしました!」とくると、「待っていたのでしょう?ね?お待たせしました!」と「待っていた状態」の押しつけになります。

この傾向は、年配者に特に顕著になります。
NHKが調査したものがあります。
(出典:NHK放送文化研究所)
https://www.nhk.or.jp/bunken/research/kotoba/20151201_3.html

ある人が上司に、あとで書類にはんこを押してほしいということを、電話で伝えた。その後、その上司のところに直接行って
a「【遅くなりました】、こちらにはんこを押していただけますか。」
b「【お待たせいたしました】、こちらにはんこを押していただけますか。」

「遅くなりました」「お待たせしました」の二つの言い方に対し、

「a【遅くなりました】のほうが感じがいい」と答えた人は37%
「b【お待たせいたしました】のほうが感じがいい」と答えた人は57%

で、「お待たせいたしました」のほうが全体では多く回答されたのですが、年齢が上がるほど回答の差が小さくなり、60歳以上では「遅くなりました」の方が上回りました。
また、男女差では、男性の「遅くなりました」の支持が高かったのです。

つまり、一般的に考えた立場が上の人の方が「お待たせしました」という言い回しを「気にする」という結果となっています。

「待たせる」という行為そのものは、立場の上下関係なく存在しますが、「立場の下の者が立場の上の者を待たせるようなことをしてはいけない」という暗黙の了解があります。
「お待たせしました」と言われるということは、「私は待たされたのだな」ということを強く感じさせます。
ところが「遅くなりました」という場合は、相手が悪いわけで、お詫びの言葉が続く雰囲気がありますよね。

 

待っていても「遅くなりまして」が良い

どちらにしても、この言葉が発せられる状況として、何らかの「待機」状態があるわけです。もちろんNHKのアンケートのように「はんこを押す」ような場合は、上司が「そもそも待ってなんかいない」という場合もありますが、本当に「待っていた」場合も、「遅くなりまして」の方が良いのです。
さきほども述べた通り、どちらが悪いのかという視点に立つと、遅くなった方が当然悪いわけです。なので、謝罪の言葉がほしいところ。「お待たせしました」は謝罪の言葉につながらないので、微妙な感じになるのですね。

 

「遅くなりました。〇〇です」

遅れた場合は、これまた違うアドバイスになります。きちんとお詫びの言葉を続けなくてはなりません。
遅れていない場合であっても、この言葉はスマートです。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

【完全解説】「伺わせていただきます」「部長様」は間違い。二重敬語を予防するたった1つのルール

二重敬語というものがあります。敬語が重なってしまい、文法的に間違いだというものです。この二重敬語に対し「まあ、そんなことで敬意を決める人はいない」「目くじら立てて言うものでもない」などという説もありま…

テキトーじゃダメ?ビジネスメールの戦略的な結び方。

ビジネスメールを書くとき、結びの言葉を戦略的に使っていますか?過去のメールで自分が素敵だと思ったものや、マナーの用語集などから引っ張ってきて、テキトーにコピペしていませんか?「終わりよければすべてよし…

「させていただく」の意味と正しい使い方は?代表的なNG例と言い換え方

あなたは、一日の中で何回「させていただく」という言葉に出会いますか? 会議や打ち合わせなど敬語のシーンでは意外に耳にすることがあるはずです。あなたも今日一日、自分自身が口にしていないか、ちょっと気をつ…

「伺う」と「参る」のどちらを使う?迷ったときのシーン別OK・NGリスト

例えば「行く」という動詞をビジネスシーンで使う場合、尊敬語と謙譲語、丁寧語の使い分けが必須です。「いらっしゃる」「いかれる」「おいでになる」が尊敬語、「伺う」「参る」が謙譲語、「行きます」が丁寧語です…

【完全解説】メール文末の「ご自愛ください」正しい書き方バリエとNGなケースは?

たとえ形式的なこととは分かっていても「寒さ厳しき折、ご自愛ください。」このような言葉が文末にあると、相手の気遣いがほんのり感じ取れます。でも、こういう形式的な言葉ほど、バリエーションがほしいときはあり…

日本人の48%が誤用。「気が置けない人」は、信頼できない人という意味であってる…?

「気の置けない仲間と、のんびりした週末を過ごした」。こんなふうに全文の印象が「リラックスムード」だと、「気の置けない」という言葉の正確な意味が分からずとも、話は通じますよね。でも、「あの人とあの子、気…

新春に「去年は大変お世話になり」は失礼?意外にNGな日本語とは

新年明けましておめでとうございます。この言葉に対し「新年は明けないでしょう」だとか「そもそも『新年』と『明ける』はダブっているでしょう」だとか、そういうツッコミに対し、細かすぎる解説を付けるのが普段の…

テレビのテロップで「すごい美味しい」が「すごく美味しい」に修正されるわけ

「すごい」と「すごく」は見た目がとても似ています。同じ言葉からできた言葉なので、意味はほぼ同じです。でも違うということは、違う言葉なのです。「どっちでもいいじゃん」と思っているとしたら、「すごくヤバい…

約6割の日本人が間違えている「確信犯」の使い方。他のきわどい日本語は

忘年会はエースの彼の「独擅場」思い通りに振る舞って好き放題。そんなふうに使う時、この「独擅場」は「どくだんじょう」と読みますよね。でも実はこれ、「どくせんじょう」が正しく、しかも「だん」「壇」と「せん…

「ご回答ください」は間違い?やっかいな日本語の正誤5選

先週、仕事のスケジュールの話になったとき、私の仕事量について「苛酷なスケジュールですね」とコメントをくれた方がいらっしゃいました。意味から察して正しくは「過酷」です。私の体を心配してくださっているコメ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事