今からでもまだ間に合う! 40代から始めたい「2つの貯金」

夏休みに帰省して実家に帰ると、少しずつ年齢を重ねていく家族との時間でいろいろと考えることがでてきたのではないでしょうか? 自分の将来を考えて今から必要な準備はお金の貯金だけではありません。

お金だけあっても幸せとはいえないもの。40代から始めないと手遅れになる「2つの貯金」は何でしょうか?

 

40代から始めたい1つめの貯金とは?

年を重ねていっていくらお金があっても、健康でなければ旅行に行くことも、外食を楽しむことも難しくなってきます。

筆者の経験ですが、若いころ夢中になってレッスンに通いコースにも年10回は行っていたゴルフ。妊娠・出産・子育てで10年以上行っていませんでしたが、取引先のコンペに無理やり誘われて行ってみたらあら意外。117でまわることができました。

また、雪国育ちで小学生の授業でしていたスキー。雪のない地域で暮らしていて20年以上していなくても、子どもを連れていく必要がでていざいってみると滑ることができました。

 

まずは「健康貯金」を始めて!

若い頃体に覚えさせていたことは、体にしみついているのです。これはお金に代えがたい資産といえるでしょう。年々新しいことを覚えるのにも時間がかかるようになります。40代は何かと忙しい時期ですが、体を作っておく「健康貯金」はとても大切です。

また、ジムやスポーツで老化に負けない体を作っておくと免疫力があがり、病気やケガをしにくくなります。健康づくりのために少しお金はかかりますが、後々病院や整骨院に通う機会を少なくできるかもしれません。

将来の生活を楽しむため、医療費を節約するための自分の体に投資する「健康貯金」は50代になってからではなかなかできません。40代から始めておきましょう。

 

40代から始めたい2つめの貯金とは?

普段仕事に追われ、帰宅するとへとへと。週末は疲れて自宅でダラダラ過ごしていませんか?時間のやりくり習慣も40代から身につけておかないとなかなか抜けきらなくなりがちです。掃除や洗濯の家事で休みが終わってしまうのはもったいないものです。

まとめてしておく「家事貯金」習慣をつけ、休みに「しなくてはいけないこと」に追われるのではなく自分の時間を楽しめるようにしていきたいものです。

家事はまとめてしようと思うとたまるもの。1週間分の洗濯はかなりの量になります。平日週2回曜日を決めてお風呂に入っているうちに洗濯機を回し、就寝前にテレビを見ながら干していく「ながら家事」をしておくと週末まとめて洗濯はしなくて済みます。

 

「家事貯金」で自由な時間を手に入れる

掃除は思い切って、ルンバなどの掃除機ロボにまかせてしまうか、曜日を決めて掃除機をする日を決めておくのもよいでしょう。見ないふりをしがちな戸棚の中やシンクの下なども月に1回ここだけと決めて整頓すると1か所30分もかからないはずです。

年末の大掃除にまとめてやろうとすると大変です。ちょこちょこ「家事貯金」することで家事のストレスから解消されるようになります。

「つくりおきレシピ」の料理本が流行っているのも納得。「家事貯金」の代表といえるでしょう。

他のメニューにアレンジのきくそぼろやヒジキ煮、日持ちのするおかずを早帰りできる日にまとめてつくりおきしておけば、お弁当や夕食の一品にできますし、リメイク料理(肉じゃが⇒カレー・豚汁、そぼろ⇒ドライカレー・大根そぼろあんかけなど)にすることもできます。

週に1回でも仕事のない休日に家事をしない日を作るとゆっくり自分の時間を楽しむことができます。時間を有効につかうことができる「家事貯金」の習慣も40代から身につけておくとよいでしょう。

もちろんお金の準備も必要

いくら家事のやりくりを上手にして時間ができ、健康な体があっても、楽しむためにはやはりお金が必要です。20代、30代の頃は老後などまだまだと思っていたかもしれませんが、40代になると老後へのカウントダウンが始まっています。

おひとりさま女性(20歳から60歳まで年収300万円ほどの普通の会社員)がもらえる年金はおよそ10~13万円程度。年金だけで生活しようと思っても難しいでしょう。毎月5万円ずつ65歳から90歳まで25年間貯金から取り崩して生活するだけでも1500万円必要なのです。

「健康貯金」で元気な体をキープできていれば、月5万円ほどのお仕事をすることもできるかもしれません。しかし病気やケガで働けなくなることも考えられます。40歳から65歳までの25年間で1500万円貯めようとすると

1500万円÷25年間÷⒓か月=5万円

つまり40歳から老後月々取り崩しが必要な額と同じ額ずつ貯金していかないと間に合わないということです。40代からは老後に向けた資産形成は必須です。税金が安くなるiDeCoや運用益に税金がかからないつみたてNISAなど積極的に利用していきましょう。

まとめ

40代から始めないと遅い貯金はこの3つです。
①健康貯金
②家事貯金
③老後資金貯金
幸せな生活に健康と時間とお金は必要。忘れがちな健康貯金・家事貯金も視野にいれながら、気づいたときに手遅れにならないよう、気がついた時に3つの貯金を始めましょう。

 

稲村優貴子 ファイナンシャルプランナー(CFP🄬)、心理カウンセラー
大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。FP Cafe登録パートナー。
*公式ブログ 「FP優貴子のマネーライフ・エッセンス」
http://ameblo.jp/cfp-inamura/
*公式ホームページ「FP For You」
http://snowcake2013.wix.com/fp-yukiko
「(株)クレストコンサルティング」
http://www.crest-cc.co.jp
*公式facebook「FP For You」
https://www.facebook.com/fpforyoucfp

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

当てはまるなら要注意!「ケチ女」とマネー美人の境界線はここ!

スマートにお金を使って仕事もプライベートもキラキラしているマネー美人。同じようにやりくりしているようでも「あの人ってケチよね」と思われてしまう残念なケースもあります。ケチ女とマネー美人の境界線はどこに…

手取り200万円代でも、1年で100万円貯める3つの方法

収入が少ないんだから貯金なんかできるはずはないと、そもそも諦めていませんか? 貯めている人は手取り年収が200万円代でも1年に100万円貯めています。1年に100万円たまれば10年で1000万円です。実際に貯めている…

1年100万円貯める女性がみんなやっている「お金に好かれる3つのこと」

平成最後の年末だ、クリスマスだ、お正月だと何かと理由をつけて、年末年始にお金をぱーっと使ってしまって反省している人も多いのではないでしょうか。今年こそ貯めたい!と思っているあなたに、世にいう「マネー美…

まだネット予約可能な福袋も!2019「確実にお得な福袋」4選

年末年始は何かとお金のかかる時期。忘年会やクリスマス会など週に2~3回外食することも多くなりますが、ボーナスも入るのでついお財布が緩みがちになってしまいます。この時期特別に買えるお得なものが増えてくるの…

貯蓄ゼロだったけど今年1年で100万円貯めた人の「5つの習慣」

また今年もお金を貯められなかったとため息をついていませんか?毎年同じことを繰り返していてはいつまでたっても貯蓄ゼロです。貯蓄が全くなかったのに今年100万円貯めた人は、「貯める!」と決めてから、貯めるた…

稼いでるのに…?「40代共働き夫婦」が1000万貯まらない3つの理由

ひと昔前は、結婚したら女性は家庭に入って家を守り男性が一家の大黒柱として働くのが普通というイメージでした。しかし今は共働き夫婦が増えています。40代ともなると男性も女性も職場である程度の仕事を任されるよ…

1000万円貯めた人がやっていなかった3つのこと

お金が貯まっている人は年収が多いから当然と思っていませんか?FP相談をしていると年収が700万円でも貯金ゼロの人もいれば、年収240万円ほどでも貯金1000万円の人もいて年収は貯金残高と比例しないものだと日々感じ…

お財布断捨離!今すぐ捨てて!お財布の中のあの3つ

気がついたらお財布がパンパンに膨れ上がっていませんか?マネー相談をしていて、カードローンやお金が貯まらないなどマイナスの相談にいらっしゃる方はパンパン財布をもっていることが多いようです。いっぽう、資産…

40代女性のお金の悩み、一番多いのは金欠…マネー相談を通じてわかったこと

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの稲村優貴子です。私は短大卒業後損害保険会社で事務仕事をしていましたが、書類の確認などだけではなく直接お客様に関わるお仕事がしたいと思い、2002年にファイナンシャル…

「保険なのにお金も増える」FPだけが知っている3つの方法

保険というと「あやしい」「うさんくさい」「めんどくさい」というイメージがありませんか?確かに昼休みにアメちゃんを配りにくる保険外交員さんのしつこい勧誘でイヤな思いをしたことがあるかもしれません。しかし…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事