実はコレが原因だった…! 40代をオバサンに見せる「今すぐ捨てるべき」3大NGコスメ

最新のメイクアップコスメを使っているはずでも、仕上がりが「あの人、オバサンっぽい……」となってしまっている残念な女性を、チラホラお見かけしませんか?

40代ともなると、お肌もそれなりに“劣化”が現れてしかり。

それだけに、年齢を感じさせるパーツを強調するコスメを使ってしまえば、どんなにトレンドを意識しても、“オバサン感”が増す引き金にしかなりません。

「私のメイクも、オバサンっぽいと思われていたら、だいぶショック……」と感じた40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、どんなにトレンドを意識していても使うだけで即・オバサン感を醸し出しがちな「今すぐ捨てて!」なコスメのお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

今すぐ捨てて大正解1:たるみが目立ちやすい“肌になじむベージュアイシャドウ”

ベージュ系アイシャドウは、ハイライト的役割を果たしてくれる便利な存在。

……であるのは、基本的には間違いないお話なものの、肌なじみが良すぎるタイプのベージュアイシャドウは、かえって40代の“たるみまぶた”を悪目立ちさせることもあるので気をつける必要があります。

「ベージュを使っているのに、なぜか目元が暗く見える」と感じていらっしゃる場合、明るさが足りずに、肌になじみすぎる色みをお使いなのかもしれません。

若見えかつみずみずしい“まぶた”を演出するには、言ってみれば“イキのいいベージュ”を使わないと意味がない!

アイシャドウを塗っているのかいないのか、パッと見でわからなくなってしまうほどになじんでしまうベージュは、オバ見え回避を狙うなら、今すぐ手放して正解です。

余談ですが、なじみ系カラーでも、ラメ感があるなど光を味方にできるタイプのもののほうが、老け見え回避には一役買ってくれます。

 

今すぐ捨てて大正解2:“ツヤ感”があっても落ちやすい口紅

トレンドカラーを意識して選んでいるつもりの口紅も、その質感によっては、オバ見えを加速させる原因になっているケースも少なくありません。

40代になると、それなりに縦ジワや“くすみ”が目立ちにくくなることもあって、常にツヤ感のある口紅を手に取りたくなりがち。

ところが、どんなにツヤ感があるルージュも、その質感によっては、かえってシワを目立たせてしまうものもあるのです。

例えば、時間の経過とともに落ちやすい口紅はその代表格で、塗った直後には美しく仕上がったとしても、時間の経過とともに落ちるにつれ、むしろそのツヤ感がアダとなり、シワがクッキリ……なんてことも多々です。

唇の仕上がりは、見た目年齢を左右するキーポイントでもありますので、ツヤがあるけれど落ちやすい口紅は、どんなに発色が気に入っていたとしても、この機会に処分して正解です。

ごめんなさい使ってました、次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事