恋愛不要、セックスだけ欲しかった女性に変化が。【40代、50代の性のリアル】#3

これまでこの連載では、どちらかというと性に対して積極的ではない女性たちからお話を聞いてきた。性と距離を置くと自分で決めている人もいた。しかし今回インタビューに応募してきてくれたエイコさんは性に対してかなり、いや、とてもとてもアグレッシブだった。あっけらかんと、セックスを愉しんできた。

「経験人数は、120人以上ですね。120人まではカウントしていましたが、あとは忘れちゃいました」

なんて話をしてくれる。小柄で、丸い瞳をくるくるさせながら話すエイコさんは年齢不詳な印象で、少女のような笑顔を見せたかと思えば、さすが100人以上と経験しただけあるという肝の座った表情も見せる。

 

女性だって愉しみたい!

120人とは驚きだが、その理由がふるっている。

「あるとき飲み会の席で男性たちが『俺はこれまで何十人も抱いてきた』『俺なんて100人斬りだぜ』と自慢し合っていたんですよ。男の人って自分は仲間内では数を競い合うのに、女性がいろんな人と関係をもつと眉をひそめますよね。女性には清純でいてほしい、みたいな。納得がいかなくて、じゃあ私は100人斬りといわず120人を目指そう! って思ったんです」

20歳を少し過ぎたときにはじめたチャレンジは、20代のうちに達成できた。エイコさんは音楽が好きで、都内のライブハウスに出入りしていた。そこには刹那的な関係を求める男女が常に入れ替わり立ち替わりしていて、ひと晩の相手を探すにはうってつけだった。

当時、エイコさんにはバンドマンの彼氏がいた。失礼ながら、バンドマンと聞いただけで筆者はイヤな予感しかしない。そしてそれは、見事に的中していた。

「彼はバンド活動に忙しいし、私はいろんなバンドを観にいきたいからバイト、バイトの毎日だし、デートらしいデートもほとんどしたことないですね。彼が週末、私の自宅に泊まりにくるくらい。でもバンド仲間も一緒なんですよ。うちでゲームするわ漫画読むわで居座っちゃうんです。私は彼らに焼きそばを作ってあげたり、飲み物を用意してあげたり。まるで、中学生の息子が部活仲間を連れてきたから世話を焼くお母さんですよ。当然、彼とはセックスなし。それでも年齢的に、彼と結婚するのかなと思っていましたね。彼のお母さんのことが好きだったのも理由のひとつです」

 

結婚を考えた彼に、女性の影

しかし、エイコさんは彼の異変に気づく。というより、気づかないほうがおかしいぐらい、彼はあからさまだった。

「彼が、高校時代につき合っていた元カノ のことを引きずっているのは知っていました。そのうちほかの同級生から、彼女が夫と死別してシングルマザーになったというのを聞いたらしく、急接近したみたいですね。彼女も大変なのはわかるけど……。彼はなぜか私の自宅の固定電話を使って彼女に電話するんです。私って彼にとって何なのて思っちゃって。結局、足かけ9年付き合いましたが、結婚には至りませんでした」

彼と彼女のあいだに肉体関係があったかどうかは、最終的にはわからない。けれど彼の気持ちは、エイコさんにもはっきりわかっていた。そんな彼への反発もあり、次々と男性と関係をもつようになったエイコさん。継続的に関係を持つ、いわゆるセフレ的な男性もいる一方で、一度かぎりの関係になる男性も多かった。適当な相手がいないときは、出会い系を利用することもあったという。

「性欲の感じ方が、男性的なんだと思います。人恋しさからではなく、今夜はスッキリしたいなと思って、誰か遊べる相手を探す。積極的に求めていくのはベッドでも同じで、私から責めますよ。ああしてほしい、こうしてほしいっていうのもはっきりいいますし。愉しまないと損じゃないですか」

 

本気にならないための予防線

若さゆえのいきおいあまって、男女のあいだにある不文律を破ってしまうこともあった。

「既婚者のAさんと独身のBさんは同じ業界の別会社に勤めていて、親しい間柄。私、両方と関係を持っていたんですよ。それぞれに好きだったので継続して会っていましたが、本人同士はそれを知らない……はずだったのに、彼らがふたりで飲みにいったときに、なぜかバレてしまったんです。Aさんから電話がかかってきたので出たら、なぜかBさんの声。その場で、ふたりから同時にフラれました。ショックでしたけど、こういうご縁だったのかなぁって」

セックスチャンスはいくらでもある、なければ自分から作りにいく。けれど、セックスと恋愛は別モノである。9年間交際したバンドマンの男性以来、交際した男性はいなかったのだろうか。

「いまお話したAさんとは、フラれる直前、もしかすると彼氏彼女の関係になるかなっていう空気が漂いはじめていたんですよ。私も本気になりかかっているところがあって」

だったら、そのまま交際してしまえばよかったのでは?

「それができないんですよね。相手の気持ちを感じると、どうしよう、と戸惑ってしまって。これは誰に対してもなんですけど、私、最初にする前に『これ、遊びだからね』っていっちゃうんです。たいていの人とはお互い割り切れるけど、継続的に会っているなかでたまにその一線を超えようとしてくる人がいて、そうすると私は気持ちが引いちゃって」

病院を抜け出し、ラブホテルに

エイコさんの過去の恋愛について聞けば、そう想うに至った理由が見えてくるにはくる。不実すぎたバンドマンの彼以前にも、エイコさんは10代のとき、交際していた男性を交通事故で亡くすという経験をしている。

そうした恋愛遍歴とエイコさんの奔放な性生活を結びつけるのは簡単だが、それは外野がわかりやすいストーリーに落とし込もうとしているにすぎないように思う。そのときのエイコさんがそうだった、それだけの話ではないだろうか。

つづく30代もアクティブなセックスライフを送った。

「自分と同じくらい、旺盛な性欲を持った男性と出会ったんです。ああいうのを絶倫っていうんですかね。ひと晩で何回できるかチャレンジしたり、いろんなことをしました。楽しかったですね。私が入院していたときも『我慢できない』なんて連絡してくるから、外出許可をもらって病院から近いラブホテルにふたりで半日こもったのも、いい思い出です」

エイコさんはこんな逸話を、修学旅行の夜に部屋を抜け出して好きな男子に会いにいったんですよ、というぐらいの無邪気さで話をしてくれる。

 

だったのに。40代を迎えて起きた変化とは?次ページ

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事