ほっといてもお金が寄ってくる!お金に好かれる意外な「3つの口ぐせ」

昔から、「金は天下のまわりもの」と言われますが、自分のところにはあまりまわってこないなぁ、と感じている人もいるのではないでしょうか。

自分のところに、より多くまわってくるためにできることは数々ありますが、今回は、ほっておいてもお金が寄ってくる、お金に好かれる人がよく言っている3つの口ぐせをご紹介します。

 

口ぐせ1・即決しない。「ちょっと考えてから…」

がつがつ働いたり、節約したりしている様子がないのに、なぜかいつもふところ事情にゆとりがありそう、そんな人が時々います。自分から求めなくても、お金のほうから寄っていっているようで、お金に好かれる人とは、こういう人を言うのでしょう。

 

お金に好かれる人には、共通の口ぐせがあります。そのひとつが、「ちょっと考えてから…」というもの。たとえば買物の時、買おうかどうしようか迷ってしまう時は誰にでもあります。そんな時、決して慌てず考える時間をとれるようにするのがこの言葉です。

 

素敵な洋服やアクセサリーは、他も見てから買うことを決めるようにすると、失敗することが少なくなります。セールなどでは、その場の雰囲気に流されてつい買ってしまいたくなりますが、ちょっと考える時間をとって気持ちをクールダウンさせると、「そんなに欲しくないかも」、「似たようなものを持っていた」、と気付くことができるようになります。

 

スーパーの食材売り場でも同じです。果物や野菜、お肉でもまとめ買いで安くなるものがありますが、飛びつくのはちょっと待って。買うときには安く買えるかもしれませんが、おいしいうちに食べきれるでしょうか。

冷凍保存できるものはストックしておけますが、それでも保存のしすぎは味の低下につながります。ほんの数10円のおトクのために、おいしい食事を犠牲にするのではわりに合わないことだと気付いてほしいと思います。

 

そして、金融商品も同様です。株式やドル建て保険、不動産投資など、しっかり理解しないままに契約してしまうのは危険です。営業担当者に説明されても、専門用語が多く分かりにくいことはよくあります。しかし相手は営業のプロ。なんとなく分かったような気になって、契約してしまう人は少なくありません。

そんな時は、いったん持ち帰って信頼できる人に相談しながら決めるようにしましょう。

 

常に「ちょっと考えてから…」と、時間をかけて決めることで無駄遣いを減らし、お金が離れていかないようになります。

 

 

口ぐせ2・自分なりの基準を守る、「わたしは…」

お金に余裕のある人は、自分なりのお金を使う基準を持っています。そして、その基準をしっかり守っています。

みんなが持っているから、誰かが買ったから、という理由だけでモノを買うことはしません。自分に必要なものかどうか、自分の価値観をあらわすのが、「わたしは…」という言葉です。

 

お付き合いは大切です。しかし時には、「わたしはいらない」、「わたしは買わない」、「わたしは行かない」、と断る勇気も同じくらい大切です。

1回断ったくらいで付き合いがなくなる関係だったらそれまでのことです。本当に長く付き合っていける人であれば、こちらの価値観も尊重してくれるものではないでしょうか。

 

お付き合い貧乏は意外と多く、家計相談にやってくる人の中にも、困っていると話す人がよくいます。みんなで食事に行ったり、旅行に行ったりするのは楽しいものですが、あまり多いのは考え物です。

それでも、出費をしてしまう人がよく言うのは、「自分の都合ではないから出費は仕方がない」という言葉。自分が使いたくて使っていないのは、有意義なお金の使い方と言えるでしょうか。

 

お金は、意義のある使い方をしてくれる人のところに寄っていきます。

本当にその出費は必要なのか、自分なりの基準をもつことが大切です。

 

 

口ぐせ3・人、モノ、お金を大切にする、「もったいない」

お金に好かれる人は、自分を大切にしていますが、周りの人やモノも大切に扱います。もちろんお金も大切にします。

大切にする、とは実際にどういうことを言うのでしょうか。

これは、その人やモノの価値を最大限に発揮できるようにすることなのだと考えています。

その人の良さを活かせない仕事を割り振ったり、まだ使えるモノを捨ててしまったり、こういうことを「もったいない」と言います。

 

お金にも同じことが言えます。

250円のノートを買ったあとに、同じものが100円ショップで売っていたのを見つけたら、「もったいない!」と思います。

ほんの250円かもしれませんが、同じ250円が1冊のノートになるか、2冊のノートとお釣りになるのかは大きな違いです。

お金の価値を最大限に活かせる使い方を見つけるのが、「もったいない」という言葉ではないでしょうか。

 

250円をもったいない使い方をしている人は、金額が2万5000円、250万円、と高額になっても同じような間違いをおかしてしまうものです。

お金を使う時は、「この使い方はもったいないかな?」と自分に問いかける習慣が大切です。

 

 

まわりからは「お金が寄ってくる人」と思えても、実は会社員など定期的な収入で暮らしている人にとっては、お金を無駄に手放さないことがゆとりのある暮らしの秘訣です。

お金に好かれる口ぐせで、今よりもさらに豊かになりましょう。

 

 

タケイ啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録FPパートナー

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの設問を用意しました。設問に答えることで、…

貯金が苦手な人必見!40代からの「貯まる家計簿づけ」のコツって?

家計簿をつけていても、お金はなかなか貯まらないと思っている人は少なくありません。一念発起してつけはじめた家計簿も、効果が見えてこないと続かないものです。しかし、貯蓄のためには支出のコントロールは必須。…

「節約疲れ」にサヨナラ! 楽しくお金を貯める3つの心得

節約は大切です。こまめに節約することで、支出を抑えて貯蓄を増やしたいですね。しかし、いつも節約をしていると、いつの間にか疲れてしまいます。疲れをそのままにしていると、ある時我慢の限界がきて、一気に節約…

40代女性が家を買うなら「やってはいけない」3つのこと

住宅購入を考えるタイミングは人それぞれ。40代の今こそ、と思っている人もいるのではないでしょうか。今回は、40代の女性が家を買うなら、やってはいけない3つのNG行動をお伝えします。60歳過ぎてもローンが残る設…

レーザー治療とコスメ、美白するならどちらがお得?お値段と注意点

シミ・そばかすは、一度できてしまうとなかなか消えてくれないものです。数々の美白化粧品を試しても効果を実感できないと、レーザー治療を考える人もいるのではないでしょうか。レーザー治療は、皮膚科、美容外科、…

「本多式」なら誰でも自然に貯まる!蓄財の神のとってもシンプルな教え

本多静六(1866-1952)という人物を知っていますか。本多静六は、明治から昭和にかけて活躍した林学博士で、東京の明治神宮や日比谷公園など多くの公園を設計しました。同時に、蓄財でも知る人ぞ知る有名人。今回は…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽しみを、我慢する必要があります。しかし今…

ほったらかしで年6000円もおトク!電子マネーを使うだけのカンタン節約技

電子マネーとは、レジで読み取り機にかざすだけで支払いができる、便利な「お金」のこと。カード型が多く、nanaco、WAON、Suica、PASMO、楽天Edyなどがあります。これらの電子マネーを使うと、ポイントがたまって現…

ヘアケアの正解をコストで比較すると?白髪・ボリューム・うねり【特集オトナの髪悩み】

困りごとをお金で解決、というと、まるで札束を積んで問答無用のイメージですが、意外と身近にありふれています。荷物が重いときに、頑張って抱えるよりもお金を払って配送にする。急いでいることきに、走るよりもタ…

節約に見えて実は浪費?!やるだけ損のダメ節約4

限られたお金は大切に使いたいものです。節約できるところはしっかり節約して、有効なお金の使い方をしたいですね。ところが、節約のように見えて実は浪費になっていることがあります。節約の頑張りが報われないどこ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事