40代のお疲れ、首や肩のコリがひどい……もうコリない肩甲骨になる!

首をコキッコキっと鳴らすのが癖になっていませんか?

40代になり筋力の衰えを感じます。座りっぱなしの姿勢を支え続けている酷使しやすい肩甲骨まわりや背中のコリ。こまめに動かしてコリを溜めないように、その場でサクッと気持ちよく解消しコリにくい身体にしましょう。

スキマ時間でスッキリできるのは嬉しいですね。

 

肩甲骨は2枚のプレート

猫背や背中のぜい肉に埋もれてしまい肩甲骨がどの辺りなのか把握できない……きっと腕や肩を動かすことが少ないのかも知れませんね。ぜい肉のついてない美しい背中の肩甲骨の象徴に「天使の羽根」と呼ぶのを聞いたことがありますよね。肩甲骨の可動域が広く羽根の様に浮き上がってみえるのです。

 

肩甲骨は背中にあるので、背骨にくっついている背中の骨と思いがちですが、実は肩と腕に関節で繋がっている三角のプレート板。

昔の人は肩甲骨の事を「貝殻骨(かいがらぼね)」と呼んでいたそうで、左右2枚で一つと考えられていたそうです。

 

肩甲骨は上背部を動かすというよりも、肩や腕を動かすと自然と動くのが肩甲骨なのです。

腕と肩をつなぐ部分の三角筋や肩甲骨を寄せる際に動かす菱形筋、振り袖の二の腕の上腕三頭筋、力こぶの上腕二頭筋などが肩甲骨周りの筋肉になります。

 

上腕を身体から前に出せば両サイドの肩甲骨は広がります。

 

上腕を身体から後ろへ引けば両サイドの肩甲骨は狭まります。

 

40代は肩甲骨がコリやすいかも?

肩や肩甲骨のコリがひどくなるのは、姿勢を固定し続けたための血流の悪さが主な原因です。ひどい肩コリは血流不足による頭痛になりやすいなどの不調の引き金になっている場合があります。ストレスや過緊張により血管が収縮、運動不足など思いあたる生活習慣はありませんか?

 

姿勢が悪く猫背だったりして上腕が常に前に出て巻き肩だったり、パソコン業務が多くて座りっぱなし、姿勢が良くても上腕が常に前に出ている人などは、肩甲骨が開きっぱなしになりやすく肩コリや背中のコリが悪化しやすいので、長時間このポジションをとるのは注意が必要です。

 

首や肩、肩甲骨のコリを慢性化させないためには、小さなコリを見つけたら放置しない事。コリをほぐすには開きっぱなしの肩甲骨を寄せて「天使の羽根」を羽ばたかせるよう動かしましょう。

 

頭もスッキリする肩甲骨ほぐし

立ったままでも座ったままでもOK。肩甲骨だけでなく腰も伸びて気持ちが良いですよ。

 

両手を後ろで組んで前屈ポーズ

 

①両足を横へ腰幅〜1mほど開きます。足先は前を向けます。(座ったままでもOK)

②両手を背中側で組み、肩甲骨を中心へ寄せ胸を広げます。

③両肘を伸ばし肩を下げます。余裕があれば両手の平をつけます。

④顎を引き胸を開いて、数回ゆっくりと呼吸します。(反り腰にしない)

⑤息を吐きながら上体を前へ倒します。脚の付け根から前屈するイメージです。(座っている場合は上体を両足の間へ下ろします)

⑥立位の場合は、膝や腰はなるべく伸ばしたまま、頭頂、両手も床へ近づけていきます。

⑦ゆっくり呼吸します(約1分間、10呼吸程度)

⑧息を吸いながら上体を戻し、目を開けたまましばらく休憩です。

 

効果:肩や首コリ解消、全身の血行促進、消化機能UP、頭部への血流が良くなる

 

いかがでしたでしょうか?

肩甲骨まわりの血流が促され、脳内にも酸素や血液が届き思考がクリアになります。少しコリを感じたらこまめに取り入れてみてくださいね。

 

安藤さんの個人ワークショップに参加するなら! 神奈川県 葉山港 鐙摺

詳細は、https://kokucheese.com/event/index/532795/


 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

老けたくない40代は今すぐコレをやめて!5つの悪習慣

ご自分がついついやっている「老ける習慣」を考えてみたこと、ありますか? 意外と無意識にやってしまうもの、ついやってしまうものなどありますよね。さて、あなたはいく…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

今すぐ!4呼吸でお腹がへこむ奇跡のドローイン

ドローインという言葉をご存じでしょうか? 知っていても、知らなくても、大丈夫。今からたったの4秒、ちょっとご一緒にお願いします。では、いきますよ?1・何も意識せ…

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

40代女性の体は足裏で整える!老け防止にもなる足ツボが気持ちいい

40代になると30代の頃と比べて筋力が低下するため、体の老化を感じる年代に入ります。すでに実感している人も多いのでは? より意識的に運動をしないと、筋力が低下し全身…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹?…

朝昼スキマ時間30秒の肩甲骨ストレッチで「見た目おばさん」ストップ!

先日、同世代の友人と話していて、「何歳から、おばさんと呼ばれて然るべきか?」という話題になりました。若くても、子供がいる人は「おばさん」「おばちゃん」と呼ばれる…

40代の下半身をすっきり細める!脂肪燃焼のコツを伝授

なかなかサイズが落ちないのは頑固なセルライトが要因かも。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてサイズダウンを目指すなら、運動や筋トレよりもまずは脂肪燃焼(温活)がお…

口臭が気になる人。いも、豆と、コレを食べるといいみたい!

自分が話し始めたら相手が口元に手を置いたり、距離をとられたりすること、ありますよね。「あれ?もしかして口臭かな?」と気づくきっかけになります。最近思い当たる節があるなら、もしかしたら夏の胃腸疲れかも。…

肌寒くなったら「白湯」でダイエット!代謝アップ、風邪も防ぐ飲み方は

秋の始まりには身体を内側から温める白湯でダイエット。40代にもなると痩せにくいのを実感します。身体の代謝を上げてダイエットにも一役買うのが朝の白湯。冷え性もなくなり風邪もひかなくなりましたよ。朝一番に冷…

毎朝起きると疲れてる…そんな人、この「5つの夏疲れ習慣」をやってませんか?

夏の疲れがじわじわと出てくる今日このごろ。40代という年齢のせいにしたくもなるけれど、そもそも7月からの猛暑と8月の残暑、連続する台風と気温の乱高下、この天候のめまぐるしい変化に体は適応するだけでも精一杯…

塩レモンとツボ押しで、オトナの夏疲れをスッキリ養生!

盛夏を遊び尽くし冷たいグルメを楽しんだ身体もそろそろ胃腸がお疲れモードに感じる今日この頃。1年で最も体力や消化力が低下する夏の時期から食欲の秋へのシフトチェンジ。いつもの食事でお腹の不調を感じるような…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹? むっちりヒップ?いえいえ、実は違うんで…

カタい体もペタッと開脚!「ごろごろストレッチ」6つのポイント

「身体が柔らかくなりたい!」と一度でも思ったことありませんか?180度開脚したり、立位体前屈で両手の平が床に着いたり、こんな風に身体が動いたら気持ち良さそうだな、と憧れますね。それには毎日のストレッチも…

簡単にリラックスできる!ずぼらストレッチ

夏のビーチや木陰で昼寝をしているような気分のヨガ、その名もずぼらヨガ。はじめてヨガする方でも安心で「これヨガなの?」と思うほど簡単。寝転がっているだけなのに歴としたヨガポーズは、猛暑でお疲れ気味の心と…

食べて体を冷やせる!夜中でも罪悪感のない夏の夜食「美スープ」

すでに夏バテ予備軍になりそうなほど酷暑ですね。体を労って過ごさないと残暑まで身が持たない気配が……激辛スタミナ料理で夏をのり越える!と意気込んでも40代の胃腸には刺激が強すぎませんか?熱帯夜にお腹が空いた…

夏のアーユルヴェーダー養生、ココナッツオイルでセルフマッサージ

本格的に暑くなってきました。大人の夏休みまであと少し!青い空と青い海が広がる南国のリゾートだったら暑さをどう凌ぐでしょうか?夏の興奮を鎮め、体と心をゆっくりと休める時間、自然治癒力を高めて夏風邪や皮膚…

UV剤が禁止のハワイ、ローカルは日焼けにどう対策しているの?

こんにちは、私が住むここ湘南は海開きし、小麦色に焼けた肌がビーチを闊歩しています。しかし気になるのが紫外線によるシミやシワ。憎い太陽の眩しさに向かって、眉間にシワをよせていませんか?ハワイでは日焼け止…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事