「大丈夫です」はNG日本語?トラブルの原因になる敬語と丁寧語

「奥さん、この商品をお買い求めになりますか?」こう聞かれて、「大丈夫です」と言ったら、自宅に商品が届いた。そんな詐欺の話を聞いたことがある人もいるかと思います。

これは消費者相談センターで解決すべきトラブルですが、ビジネスの世界でも、この「大丈夫」は曲者。言った言わないのトラブルに発展することはなくても、微妙な表現なので、メールを交わす中で何だかニュアンスが違うのを感じるはめになります。また、そもそも、きちんと表現しないから、何度もメールを交わすことになるのです。そしてお互いのゴールがずれていることに気づかず話が進み、どうもおかしい、ということになった時に「先ほどのメールにあった『大丈夫』ってどっちの意味で使っていますか」なんてことはなかなか聞けませんよね。そもそも、相手にこんな気遣いをさせていること自体が、相手に思いやりがないことの現れ。

今日は、この「大丈夫」の対策として、言い換え方、そして強い表現になってしまいがちなハッキリとした言い方をソフトにする方法を伝授します。

 

トラブルをさけるために

日本語は曖昧な表現をする言語です。小さな島国である日本、外国語を話す人がほとんどいなかった日本には、細かいことや、しっかりした取り決めのようなことをハッキリと言語で交わさない文化がありました。特に家族や親族、村の中など、身内に当たる人たちに対しては、空気を読んで多くを語らないことが当たり前でした。
阿吽の呼吸や、夫婦間で「おい、アレを取ってくれ」で通じる会話など、美しいやりとりもあります。
しかし、ビジネスではそういうわけにはいきません。特にメールの世界では、曖昧な表現は、前述の例のように、誤解を生じさせたり、誤解かもしれないとお互い感じていることを解決するために不必要なメールの往復が生じさせたりすることがあります。
こうした日本の良さを残しつつ、不要なトラブルを減らすためにビジネスでは、曖昧な表現を避けましょう。

 

実は「大丈夫」とは、立派な男子という意味

大丈夫には、もともと、健康で丈夫でたくましい益荒男(ますらお)という意味があります。
そこから、危なげなく安心できる様子、間違いがなく確かである、という意味が生じました。つまり、もともとは、「健康」「安心」という意味にしか使わなかった言葉です。それが、必要か不必要か、可能か不可能か、そして承諾に関する問いなど、これらの意味を網羅する、とても曖昧な言葉になってしまいました。そして、文面だけではどちらの意味で使っているのか微妙なものが多いです。

 

必要・不必要の意味の「大丈夫」

資料はこちらで用意しますので、大丈夫です。

 

可能・不可能の意味の「大丈夫」

その日の午前中に発送する予定ですが、大丈夫でしょうか?

 

承諾の意味の「大丈夫」

こちらの資料は持ち帰っても大丈夫です。
大丈夫です。その時間にいるようにします。

 

このように、大丈夫には、様々な意味があります。誤解が生じないようにするためには、自分はどの意味で言っているのかをまずははっきりさせて、他の言葉で言い換えることが大切ですね。

 

OKの場合

OKで言っている場合は、次のような言葉に言い換えが可能です。

 

「問題ありません」
その日の午前中に発送する予定ですが、それで問題ありませんか?

 

「支障ありません」
その日の午前中に発送する予定ですが、それで支障ありませんか?

 

「差し支えありません」
こちらの資料ですが、持ち帰っても差し支えありません。どうぞ、お持ちください。

 

「承知しました」
承知しました。その時間にいるようにします。

 

「わかりました」
わかりました。その時間にいるようにします。

 

NGの場合

「不要です」

こちらは、メールで登場することはあまりなく、返信や返事の時に使用することが多いと思います。
冒頭の例
「この商品をお買い求めになりますか?」
ですと「大丈夫です」ではなく「その商品は不要です。」と言えば良いというわけです。

「レジ袋ご利用になりますか?」
「大丈夫です」

「レシートはいりますか?」
「大丈夫です」

「コーヒーのおかわりはいかがでしょう?」
「大丈夫です」

この「大丈夫」は最近市民権を得てきていますが、無表情で言われた時に「どっちなのかな?」と感じることがあるとのこと。
「いりません」と言えば済むのです。

 

言い換えが強すぎると感じる場合

言い換えが強すぎると感じる場合には、クッション言葉が便利です。とはいえ、特にNGの場合「いりません」だけ返していたのでは、言葉がキツすぎるように感じる人もいるでしょう。
その場合は、理由や感謝の言葉などのクッション言葉を使うと良いでしょう。

「レジ袋ご利用になりますか?」
「マイバッグを持ってきていますので、いりません。」

「レシートはいりますか?」
「いいえ、いりません。ありがとうございます。」

「コーヒーのおかわりはいかがでしょう?」
「ありがとうございます。もういりません。とても美味しかったです」

シチュエーションにもよりますが、より丁寧な言い回しが必要な場合もあります。その場合は「必要ございません」「今は不要です」のように丁寧な言葉に替えれば問題ありません。

態度や表情などの非言語情報が伝わらない分、言葉ではっきりと、問題や必要があるのかないのか、支障や差し支えがあるのかないのか、承知したのかどうかを伝える必要がありますね。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「返信ください」はかなり失礼?敬語・丁寧語を間違えない2ポイントとは

「〇〇を返信ください」「〇〇に参加くださいまして……」「〇〇を利用ください」。このような誤った日本語が、世の中にはびこるようになってきました。もともとは20年ほど前からネット上でよく見かけた言葉で、私も、…

「お座りください」は実はNG!?失礼な敬語と正しい言い換えは

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらにお座りください」「……」。この言い方を失礼だととらえる人がいるということを覚えておきましょう。実…

「参考になりました」はNG?さりげなく失礼な敬語3選

敬語というものは、頭では分かっていても、いざ目上の方やお客様を相手にした時に、口からパッと出てこないもの。また出てきても、目上の人に失礼な言葉を言ってしまうこともあるでしょう。ただ、正されるチャンスが…

「領収書をお返しします」は間違い?丁寧なつもりでNGな日本語

「バイト敬語」と呼ばれる敬語があります。もちろん正式な分類ではありませんが、主に接客業で使われ、文法的におかしなもの、言われて違和感のあるものです。日本語の乱れとしてやり玉に挙がっています。言語学的に…

毎回「お世話になっております」はNG? 印象が悪い3つのメール

あなたは、仕事で、一日何通くらいのメールを書いていますか?メールで大切なのはもちろん「用件」です。結論を先に明快な形式でメールを書くことは大切ですが、そのメールの頭に付ける文、時と場合によって、きちん…

「お待たせしました」は実はNG?気をつかったつもりで失礼な日本語

「お待たせしました。レポートを提出します」調査や研究を始め、リサーチでもアンケートでも、イベントでも、確かにレポートは早くほしいもの。その提出が遅くなってしまった場合、「お待たせしました」と言われると…

いい年して「チョー暑い」とか言わないの!普段から気をつけたいNG日本語

暑中お見舞い申し上げます。連日更新される高温記録に驚いていますが、ニュースなどの街角インタビューで「超暑い」という言葉が多用されているのを耳にします。この「超」という接頭語、実は40代の教養ある女性とし…

まさか「感謝です」なんて言ってない?NG敬語の3パターン

ビジネスシーンで「まじリスペクトっす!」なんて言うのは冗談だとして、「感謝です」「ファイトです」「しばらくです」というような、敬語でも何でもない言葉を言っていませんか?中高生ならまだしも、社会に出た人…

「助かります」は実は失礼?軽率な日本語の2つのNG

最近、立場が下の方から、このような文が入ったメールが届きました。「先生のその姿勢、見習いたいな、と思いました。」私は、ちょっと違和感を覚えたのですが、私情も入るのかと思い、こっそり他の方に聞いてみたと…

まさか「行けれる」なんて言わないよね? 教養のなさが見えちゃう「れ足す言葉」って?

「れ足す言葉」という、言葉があります。「ら抜き言葉」は有名なので、ご存じの方も多いと思いますが、「れ足す言葉」とはいったいどのような言葉なのでしょうか。可能を表すのに、ついつい「れ」を入れてしまう「れ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事