貯金が苦手な人必見!40代からの「貯まる家計簿づけ」のコツって?

 

 

家計簿をつけていても、お金はなかなか貯まらないと思っている人は少なくありません。一念発起してつけはじめた家計簿も、効果が見えてこないと続かないものです。

しかし、貯蓄のためには支出のコントロールは必須。家計簿はそのためのツールになります。以前、挫折した人も、自分に合った方法で、貯まる家計簿をつけてみませんか。

 

Step1貯まる家計簿はシンプルに

今、家計簿をつけていない人は、まずは始めることが大事です。自分に合った方法も、始めてみないことには分かりません。100円ショップの家計簿ノートでも、大学ノートに線を引いたものでも、家計簿アプリでも、エクセルファイルでもいいので、まずは現金の支出を記録することから始めてみましょう。

 

現金の支出の記録はシンプルに、レシートの金額を書き写していくだけにしましょう。

ノートであれば、こんな感じです。

 

適用 食費 日用品 小計
2 スーパー 850 1200 2050
3 コンビニ 430 430
合計 48320 32600 135800

 

1ヶ月目の家計簿はまだ試作段階。使い勝手を検証しましょう。特に気をつけるのが、食費、日用品、などの項目です。項目分けはその人の支出の傾向そのもの。自分の支出傾向に合った項目を、5,6個に絞ると管理がしやすくなります。

 

食費、日用品費はほとんどの人が支出をしていると思いますが、それ以外は、趣味費、レジャー費、交際費、特別費、その他などになってくるでしょうか。この中で、特別費とその他は必要です。

特別費は日常的な支出以外を書き入れていきます。冠婚葬祭でお金を包んだり、家族の誕生日にプレゼントを用意したり、ひとつひとつは毎月のことではありませんが、特別費になる支出は毎月のようにあるものです。

 

その他の項目も必要です。見直すと、新たな項目を作ったほうがいい支出が見えてくるケースもあります。何に使ったか分からない支出もその他に入れます。使途不明金が多すぎるようなら、レシートを必ずもらうクセをつけて、あとから支出がわかるようにしましょう。

 

Step2シンプルな家計簿を使い分ける

まずは現金の支出を記録して、収支がきちんと合うようにします。現金の記録だけなので、お財布の中のお金の流れがわかるものが作られます。

現金の支出が把握できたら、次はクレジットカードやマネーカードの支出です。

 

キャッシュレスは便利ですが、支出が分かりにくくなるのは困りものです。カードで払った分を家計簿にどのように反映したらよいかわからず、家計簿が続かなくなるケースも少なくありません。

クレジットカードの支出を家計簿に記録する方法は2種類あります。

ひとつは、使った時(=買物した時)の支出として記録する方法。

もうひとつは、払う時(=銀行口座から引落とされた時)の支出として記録する方法です。

 

家計簿の目的を、「支出をコントロールして貯蓄を増やす」とするならば、クレジットカードを使った時の支出として記録していくほうが、感覚的にとらえやすくてオススメです。

後から支出項目を見直して、無駄遣いではなかったか、使いすぎではなかったか、と考える時に向いているほうがいいですね。

 

では、マネーカードで払ったものはどうしたらいいでしょうか。レシートを受取らない自販機や駅の売店で使うことも多く、残高も分かりにくいので、家計簿をつけるためには工夫が必要です。

結論から言うと、マネーカードの支出はチャージをした時の支出とするのが、記録しやすくオススメです。

何に使ったかの項目の部分ですが、これはマネーカードで払う時のルールを決めておくと良いでしょう。マネーカードを使えるお店は増えていますが、「エキナカでしか使わない」とか「交通費にしか使わない」などとあらかじめ決めておけば、家計管理上は問題ありません。

 

適用 ○○カード Suica 小計
洋服 光熱費 交通費
2 デパート 23000 3000 26000
3 電気代 6800 6800

 

 

Step3家計簿の目的は予算管理

支出を把握するための家計簿は、現金の収支管理するものと、現金以外のクレジットカードやマネーカードを把握するものの2つが必要です。

そして、年間を通して管理するものを、もうひとつ作りましょう。

 

1月 2月 合計
食費 68000 62000
日用品 38000 42000
光熱費
特別費
その他
合計 158000 149000

 

 

1ヶ月経ったら、年間家計簿には1列記入します。数か月分たまったら、前月や前々月と比べてどうだったか、確認をしましょう。そして、翌月の予算を立て、予算を守るようにしていきます。

家計簿は支出管理をして、収支があっているかどうかを確認するためだけのものではありません。適切な予算を立て、予算を守ることがもっとも大切な目的です。

 

予算の中に貯蓄金額も含めて、貯まる家計簿を作っていきましょう。

 

タケイ啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録FPパートナー

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの設問を用意しました。設問に答えることで、…

ほっといてもお金が寄ってくる!お金に好かれる意外な「3つの口ぐせ」

昔から、「金は天下のまわりもの」と言われますが、自分のところにはあまりまわってこないなぁ、と感じている人もいるのではないでしょうか。自分のところに、より多くまわってくるためにできることは数々ありますが…

「節約疲れ」にサヨナラ! 楽しくお金を貯める3つの心得

節約は大切です。こまめに節約することで、支出を抑えて貯蓄を増やしたいですね。しかし、いつも節約をしていると、いつの間にか疲れてしまいます。疲れをそのままにしていると、ある時我慢の限界がきて、一気に節約…

40代女性が家を買うなら「やってはいけない」3つのこと

住宅購入を考えるタイミングは人それぞれ。40代の今こそ、と思っている人もいるのではないでしょうか。今回は、40代の女性が家を買うなら、やってはいけない3つのNG行動をお伝えします。60歳過ぎてもローンが残る設…

レーザー治療とコスメ、美白するならどちらがお得?お値段と注意点

シミ・そばかすは、一度できてしまうとなかなか消えてくれないものです。数々の美白化粧品を試しても効果を実感できないと、レーザー治療を考える人もいるのではないでしょうか。レーザー治療は、皮膚科、美容外科、…

「本多式」なら誰でも自然に貯まる!蓄財の神のとってもシンプルな教え

本多静六(1866-1952)という人物を知っていますか。本多静六は、明治から昭和にかけて活躍した林学博士で、東京の明治神宮や日比谷公園など多くの公園を設計しました。同時に、蓄財でも知る人ぞ知る有名人。今回は…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽しみを、我慢する必要があります。しかし今…

ほったらかしで年6000円もおトク!電子マネーを使うだけのカンタン節約技

電子マネーとは、レジで読み取り機にかざすだけで支払いができる、便利な「お金」のこと。カード型が多く、nanaco、WAON、Suica、PASMO、楽天Edyなどがあります。これらの電子マネーを使うと、ポイントがたまって現…

ヘアケアの正解をコストで比較すると?白髪・ボリューム・うねり【特集オトナの髪悩み】

困りごとをお金で解決、というと、まるで札束を積んで問答無用のイメージですが、意外と身近にありふれています。荷物が重いときに、頑張って抱えるよりもお金を払って配送にする。急いでいることきに、走るよりもタ…

節約に見えて実は浪費?!やるだけ損のダメ節約4

限られたお金は大切に使いたいものです。節約できるところはしっかり節約して、有効なお金の使い方をしたいですね。ところが、節約のように見えて実は浪費になっていることがあります。節約の頑張りが報われないどこ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事