もう、故郷に帰っていいですか?-42歳・栄子の場合(2)-【40女の恋愛事情・story5】

もう、実家に帰っておいで。そう母は言う。

私を心を東京につなぎとめているのは、妻のいるあの男性。

あまり語られることのないアラフォー女性の恋愛事情をクローズアップした小説、【40女の恋愛事情】

42歳・栄子の場合、1回目に続き、3回連続の2回目です。

 

Close up of male hands holding and using modern smartphone with blank screen while standing at crosswalk at night city

 

私が実家に戻って3日目に、彼からのメッセージが入った。

 

「明日、会える?」

 

簡潔な言葉しか、彼は伝えてはこない。

「好きだよ」なんて、一度も書いて来たことがない。

甘い言葉が欲しくて以前ねだったことがあるけれど、

「そんなのは恥ずかしくて書けない」

と、一蹴されただけだった。

 

ただの恋人だったら、照れてるんだな、で終わるところかもしれないけれど、

どうしても、ネガティブなことを想像してしまう。

私たちの関係は、不倫だから。

バレたらまずいようなことを、書かないようにしているのかな、と。

証拠に残るようなことを、したくないのかな、と。

 

奥さんがいるとわかっていたのに、どうしてこんなことになってしまったのだろう。

大学時代の仲間と集まって、帰りにたまたま2人になって、飲み直して……。

お酒の勢いもあって、実は昔好きだったんだよと打ち明けたら、僕もだよなんて言われて、気がついたら、彼とベッドの中にいた。

それから、月に1度会うようになって、もう、2年近くになる。

 

デートは大抵、私が住んでいる駅周辺だった。

駅近くでお酒を飲んで、それから当たり前のような顔で、私の一人暮らしの部屋に来る。

入院した時にはお見舞いも来てはくれなかった。

知り合いに会うとまずいから行けない、と言われてしまった。

そのかわり、退院したらすぐに私の部屋にやってきた。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事