もう、故郷に帰っていいですか?-42歳・栄子の場合(1)-【40女の恋愛事情・story5】

東京でもう20年も働いた私。身体にも不安があるけれど、いつまでこうして一人で仕事を続けていけるんだろう。

そして、奥さんのいるあの人と私の関係は……。

あまり語られることのないアラフォー女性の恋愛事情をクローズアップした小説、【40女の恋愛事情】

story1 、story2story3story4に続いて、42歳・栄子の場合を3回連続でお送りします。

fotolia_108426251_subscription_monthly_m

久しぶりに戻った実家は、まるで、今の私みたいに、あちこちが傷んでいた。

ベランダに立つと、みしっと鳴るし、砂壁は触るとぽろっと落ちてくる。

 

「いろいろ直さなきゃとは思ってんだけどね。屋根もこの前の台風の時、雨漏りしたし」

私の後ろに立つ母親は、少し小さくなったように感じる。

昭和の頃に建てられたこの一戸建てで、母はひとりで暮らしている。

父は、何年か前に他界した。ある日突然風呂場で倒れて、それっきりだった。

 

この家で、私は大学に合格して上京する18歳まで暮らした。

あの時は、父と母と私と兄と祖母の5人暮らしで、この家は賑やかだった。

でも今は、祖母も父もいなくなり、兄は結婚して会社の社宅で暮らしている。

母親ひとりで、5部屋もあるこの家を持て余しているようだった。

 

「帰ってきたらいいじゃない」

夕食時、私と煮物をつまみながら、母親が言う。

「こっちにだって仕事はあるんだから、帰ってくればいいのよ」

「……」

うまく返事ができなかった。

そんなに簡単に決められることじゃなかったから。

 

大学を出ても、いい就職先に巡り会えなかった私は、派遣社員として働き始めた。

そのうちきっとどこかの正社員として採用される。

就職が決まるまでの、一時しのぎのつもりだった。

まさかそのまま、20年も働き続けるだなんて、思ってもいなかった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事