立つ鳥跡を濁しまくりオバサン…二度と会いたくない「デートの去り際」40代女性の3選

デート終盤の去り方によって、その日1日がいい思い出になることもあれば、微妙な感想で終わる引き金にもなるほど、“去り際”は意外と男の脳裏に残るもの。

それはまさに「終わりよければすべてよし」になることもあるほど、デートの終え方は「モテをも左右する」と言っても過言ではないかもしれません。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちに「この去り方はないだろう……」と感じた40代女性のデート終盤の振る舞いを尋ねてきました。

はたして、次回のデートに繋がりにくい去り方とは……!?

 

うっかり「立つ鳥跡を濁しまくり」なおばさん1:「やっぱり泊まりたい」と急に駄々をこねる

 

「付き合って2ヶ月くらいで別れてしまった40代前半女性は、泊まる予定で会っていない日にも、帰り際になると『やっぱり泊まりたい』『仕事の邪魔はしないから、家に行っていい?』と駄々をこねまくる人でした。

最初のうちはそんな様子も『かわいいな』って思えなくはなかったのですが、会うたびにコレをやられるので、次第に会うのが面倒に感じてきて……。

僕も今、仕事の頑張りどきなだけに、オンオフの切り替えができない女性と一緒にいると疲れるなって判断し、結局2ヶ月で別れてしまいました。

個人的には、40代になっているのに、相手の立場を尊重できない女性は、とても幼稚だと思います」(45歳男性/経営)

 

会うまでは「少しでも会えたら、嬉しい」だったはずでも、顔を見たらもっと長く一緒に居たくなるのも女心。

しかしそんな気持ちを素直に出しすぎてしまうと「かわいい」どころか困惑しか呼ばない事態にもなりえます。

大人の女性らしく、相手の立場を尊重してスマートに去るほうが、彼からの「また会いたいな」を引き出しやすいだけに、これはNGな去り方の典型とも言えます。

 

うっかり「立つ鳥跡を濁しまくり」なおばさん2:密かに他の予定を入れていた

 

「いい雰囲気になっていて、体の関係もあった43歳の女性がいますが、その人はいい歳していまだに、“港区女子”みたいな生活を好んでいる人でした。

なので、メシに誘ってバーで飲んでいても『あっ。今日はそろそろ行くね。近くで、お世話になっている社長さんに呼ばれてて』なんて言いつつ、いきなり置いてけぼりをくらうこともあって、唖然としましたね。

何回か会いましたが、そのうちの数回はそんな調子だったので『一緒に居ても、落ち着かないや』って思ってしまい、結局、徐々に疎遠になりました。

別れ話のときには『浮気しているわけではないのに!』って随分と泣かれましたが、いい歳して他の予定をいくつも入れてデートにくるのは、結構なマナー違反だと思いますね」(49歳男性/専門職)

 

彼との約束があるのに、他の予定も入れているとは、なんともツワモノ。

しかしここまで極端な話ではなくとも、交友関係が広い女性ほど「近くで呼ばれちゃって」はよくある展開でもあります。こういった場面では彼と仕事を天秤にかけることなく、彼の気持ちを優先してあげられるのが、大人の女性としてのマナーに。

 

次ページ、これやっちゃったことあるかも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事