「これが更年期障害かも?」と思ったら、この呼吸を試してみて

40代になると避けて通れないのが更年期というライフステージ。

女性の人生には思春期、生理、結婚、出産、更年期、閉経など心身の変化が何度も訪れます。その都度気持ちの変化も大きくなります。

最近40代の友人たちとの会話は心身の不調など健康系の話題が中心。中でも「病院へ行くほどではない不調」はみんなの悩みです。

たとえば眠れないのが辛い場合、ストレッチやヨガをちょっと試すと少し乗り越えられるかも。できる事から少しずつ始めてみませんか?

 

40代の「ちょっとした不調」はもしかして更年期かも

多くの人は、典型的な更年期症状である「のぼせ」のほか、イライラ、くよくよなどの精神的な変化に徐々に気づくようです。

 

「そういえば最近こんな感じで」という友人同士の雑談で「言われてみれば私も」と気づくことも。

 

毎日の疲れが取れにくい、身体がどうもダルい、肩こりや腰痛がひどい、眠りたいのに夜中にハッキリ目が覚めてしまうなど、「病院にかかりっきりになるほどではないが、自力では解決できない」小さなトラブルは大抵の人が何かしら持っていることでしょう。

 

女性であれば誰でも45〜55歳前後に更年期と呼ばれる期間が訪れます。この期間を「もっとひどくなったらどうしよう」と身構えて過ごしたり、不安に苛まれながら過ごすのはそれだけで辛いですよね。

 

「更年期」そのものは必ず全員が通過するもの。閉経(平均50.8歳)の前後5歳が更年期と呼ばれます。のぼせやイライラなどの典型症状が出現はするものの、つきあっていければ「更年期症状」と呼ばれ、日常生活に支障が出る状態になれば「更年期障害」とされます。

 

この症状・障害の出現は人それぞれで、一概には言えません。一般にはお母様に出現したパターンとある程度は似ると考えられるので、いちど確認してください。医療的な加療を受けたほうがいい人から、ちょっとしたケアで改善する人まで、本当に人それぞれです。ただ、軽い場合はちょっとしたケアで軟着陸ができる場合もあります。そのために必要なのは、上手なストレス解消と、食生活や軽い運動など日常生活の改善でしょう。

 

知人の女性(現在52歳)の更年期経験談では、45歳から夜中にふと目が覚める中途覚醒、48歳から中途覚醒とホットフラッシュで上半身だけ汗がダラダラ出るようになりました。50歳から夜中にカァーッ!と熱くなり、心臓がドキドキとする動悸が。しかし、50歳からトレッキングなど身体を動かし始めたおかげか、52歳となった最近では症状が軽い気がするそうです。

 

夜中にふと目が覚める中途覚醒があり、寝入りはいいけど眠りが浅いので睡眠不足。疲れが取れきれずいつでも疲れやすいのですが、こうした更年期症状がいつまでも続くものではないと割り切っているとのこと。

 

万人に効く魔法ではありませんが、試す価値があるのがストレッチやヨガなどの軽運動です。医療ではないので、瞬時に大変革は起きませんが、毎日の自分を健康な心身へと軌道修正を積み重ねます。

 

毎日が忙しい40、50代の心身の緊張を取り除き、睡眠不足や疲れを解消できるようなヨガのテクニックをお伝えします。

 

呼吸が穏やかになり心が落ち着く「シャンムキー・ムドラー」

 

両手の各指で耳や目、鼻を軽くふさぐとゆっくり深い呼吸が安定します。規則的な呼吸により心が落ち着く、内面の安定。できるだけ長い時間行うのが良いです。

 

「シャンムキー・ムドラー」(7つの門を閉じる方法)

 

目を閉じるだけでしょ?と軽く捉えて行ってみたところ、いかに日常生活で外部の音や環境に左右されながら自分の内側に向き合っていたのかを感じることでしょう。

このポーズを行うと深く自分の身体と心、思考などに向き合うことができます。

しばらく呼吸を繰り返していると更年期特有のイライラや憂鬱などを客観的に見つめることができて、負の思考のトラップに巻かれることなく健やかな身体と心へ少しずつ舵取りしていることに気がつけます。

テクニック

①心地よく座ります。正座、あぐら、椅子でも良いでしょう。

②頭、背骨を真っ直ぐにします。身体全体をリラックスします。

③腕を顔の前に持ち上げヒジを横へ開き、目を閉じます。

④親指で耳を、人差し指で目を、中指で鼻孔を閉じます。

⑤さらに上唇を薬指で、下唇を小指をあてて口を塞ぎます。

⑥中指の圧力をゆるめて、鼻孔からゆっくり深く息を吸います。

⑦吸い切ったら、中指で鼻孔を閉じ、心地よい範囲で息を保持します。

⑧中指の圧をゆるめ、鼻孔からゆっくりと息を吐きます。

 

⑨これで1セット。初めは5分間行います。(数ヶ月間で30分間継続できるようにします)

⑩最後に両手をヒザへ降ろし、目を閉じ、ゆっくりと意識を自分の身体や外側に向けます。

注意:鬱を患っている方は行いません。

 

いかがでしたでしょうか?

 

静かな早朝や夜遅くに行うのをオススメします。

別名「音のヨガ」と言われるほど、繊細で静かな音が身体や心に流れているのを感じられるでしょう。

 

「安藤けいこさんの個人ワークショップが開催されます」

大人の呼吸法、体を温め心を鎮め、心身の垢を取り除く呼吸テクニック

2018年11月25日(日) 鎌倉 光明寺vol.14

詳細はhttps://20181125artyoga.peatix.com/

■次に読まれているのは■

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

最近、イライラしたり急にのぼせたり。これって更年期障害?【医師に聞く#2】

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

 

スポンサーリンク

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

老けたくない40代は今すぐコレをやめて!5つの悪習慣

ご自分がついついやっている「老ける習慣」を考えてみたこと、ありますか? 意外と無意識にやってしまうもの、ついやってしまうものなどありますよね。さて、あなたはいく…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

40代の下半身をすっきり細める!脂肪燃焼のコツを伝授

なかなかサイズが落ちないのは頑固なセルライトが要因かも。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてサイズダウンを目指すなら、運動や筋トレよりもまずは脂肪燃焼(温活)がお…

「なんだかずっと身体がだるい…」更年期の不定愁訴を軽減するストレッチとツボ押し

40代になりたての頃は他人事だと思っていた更年期ですが、40代なかばともなるといつのまにか周囲も軒並み不調をかかえ、30代では感じなかったトラブルを持っているのではと思います。もしあなたが「もしかして更年期…

寝る前5分でその日の股関節づかれをスッキリ伸ばす!「上向きストレッチ」

寒くなってきたせいでしょうか。ヒザが痛い、腰が重い、股関節の動きがスムーズでないなど、下半身に違和感がありませんか?年をとっていけばいずれは歩行そのものに違和感が出てしまうものですが、だからこそ、ぜひ…

ダイエットはまず「ふくらはぎの筋肉づくり」から!やわらかく伸ばす10呼吸ストレッチ

太ももはスカートで隠せるとして、立っても座っても隠せないのがふくらはぎ……。最近はくるぶしを出すパンツも多いので、膝下から足首までスラリとしていると足全体が細く見えますよね。そこで今回は、引き締まった身…

「僧帽筋ストレッチ」で背中のオバサンくささを撃退。すっきりした後ろ姿に

僧帽筋って知ってますか? 背中の上部を覆ういちばん表側の筋肉です。この筋肉がたるんでいると、いきなり「見た目オバサン」になる要注意筋肉。思い当たる節があったら、夜の3分間ストレッチで痩せる僧帽筋に仕上…

ほうれい線は片目ウインクで消える?40代のたるみをあっさり解消する3つのエクササイズ

40代の友人たちに「体のたるみで気になるのはどこ?」とアンケートしたところ、挙がったのは「顔、二の腕、お腹」でした。いわく、バストやヒップのたるみも気になるけど、補正下着や服装でなんとか隠せます。でも、…

口臭が気になる人。いも、豆と、コレを食べるといいみたい!

自分が話し始めたら相手が口元に手を置いたり、距離をとられたりすること、ありますよね。「あれ?もしかして口臭かな?」と気づくきっかけになります。最近思い当たる節があるなら、もしかしたら夏の胃腸疲れかも。…

肌寒くなったら「白湯」でダイエット!代謝アップ、風邪も防ぐ飲み方は

秋の始まりには身体を内側から温める白湯でダイエット。40代にもなると痩せにくいのを実感します。身体の代謝を上げてダイエットにも一役買うのが朝の白湯。冷え性もなくなり風邪もひかなくなりましたよ。朝一番に冷…

40代のお疲れ、首や肩のコリがひどい……もうコリない肩甲骨になる!

首をコキッコキっと鳴らすのが癖になっていませんか?40代になり筋力の衰えを感じます。座りっぱなしの姿勢を支え続けている酷使しやすい肩甲骨まわりや背中のコリ。こまめに動かしてコリを溜めないように、その場で…

毎朝起きると疲れてる…そんな人、この「5つの夏疲れ習慣」をやってませんか?

夏の疲れがじわじわと出てくる今日このごろ。40代という年齢のせいにしたくもなるけれど、そもそも7月からの猛暑と8月の残暑、連続する台風と気温の乱高下、この天候のめまぐるしい変化に体は適応するだけでも精一杯…

塩レモンとツボ押しで、オトナの夏疲れをスッキリ養生!

盛夏を遊び尽くし冷たいグルメを楽しんだ身体もそろそろ胃腸がお疲れモードに感じる今日この頃。1年で最も体力や消化力が低下する夏の時期から食欲の秋へのシフトチェンジ。いつもの食事でお腹の不調を感じるような…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事