アラフィフ女性が実践したら1年で結婚! 選ぶべきは正しき漁場だった

モテナイ歴半世紀のアラフィフがある事を実践しただけで、出会いから1年で見事にゴールイン!男性とのコミュニケーションの取り方、男ウケのいいファッション、男心の動かし方など、実体験に基づいてご報告します。

奇跡を起こした、超カンタンな事

fotolia_103390547_subscription_monthly_m

皆さま、はじめまして。元・筋金入りの非モテ、現・アラフィフ新妻の編集ウザワでございます。

モテとは縁遠い人生を送ること半世紀(涙)、もはやこれまでと思っていた私ですが、

「ある事」のおかげで49歳にして交際開始から1年で5歳年下の夫と結婚できちゃったんですね。

ええ、我ながら、超ビックリしました。

12月にお付き合いを開始し、翌3月には同居、その年のクリスマスには入籍。

今振り返っても、あっという間の出来事でした。

 

「結婚?モテ? それって美味しいの?」状態だったアラフィフに、なんでそんな奇跡が起きたのか。

結婚相談所に入会したから? 箱根の九頭竜神社にお参りしたから?

さては怪しいグッズの通販サイトの入り口なのかな、この記事は?

違います、違います!

 

大切なことは、みんなサルサが教えてくれた

dance-378277_1280

答えはサルサダンスを始めたから。

サルサを踊るクラブ=サルサクラブで、私は夫と出会いました。

単なる夜遊びとしてサルサを始め、これで婚活しようなんてまるで頭になかった

(というか諦めていた)のですが、その「効き目」といったら、もう!

 

男性とはどう応対するのがいいか

どんな服装が男ウケするのか。

どんな時、男心が動くのか。

サルサがぜ~んぶ私に教えてくれたのです。

 

裏を返せば、それまでず~っと「間違った方法」を取っていたから、

アラフィフまで結婚できなかったわけですが(恥)。

 

モテ子だけが知っている、秘密のテク発見!

img_1035

薬指のリングは、永久欠番だと思ってました。こんな日が訪れるとは・・・。手の青筋が気になりますが、いいのアラフィフだもの(本人の写真です)。

サルサとは男女がペアで踊るダンス。踊るときは、男性から女性を誘うのがお約束なんですね。

つまり「この女性と踊りたい」と男性に思ってもらえないと、何時間サルサクラブにいようと一曲も踊れないという非情の世界。

サルサを始めたばかりの頃は「エントランス代の分だけでも、踊りたいよう。

誰か誘いに来て~」と壁の花と化している事が多かったのですが、

通い詰める内に気がついたのです。

 

ひっきりなしに誘われるサルサモテ子には「ある共通点」が存在することを。

物は試しとその一つをマネしてみたら、お誘いが倍増。

二つマネたら、お誘いが3倍に(当社比)。

 

もちろんモテ子が行っていても、私には効果がないこともありました。

そりゃ、見た目も違えば、年齢も人柄も違うので当然です。

というわけで、試行錯誤を繰り返すことしばし。徐々に非モテ歴半世紀の私ですら

ダンスのお誘いが増え、その内ダンスを離れたお誘い(デートって奴ですね)も発生し、

気がついたら入籍していたのです。

 

ここから具体的ルールへと参りましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事