アラフィフ女性が実践したら1年で結婚! 選ぶべきは正しき漁場だった

本日のルール 自分がオバサン枠に入らない「漁場」を選ぶべし

fotolia_113875025_subscription_monthly_m

サルサを踊りたい一心で、私が実践した事は全部で5つ。

それは期せずして、オトナ婚活の特効薬でした。

「これを実行すれば、必ず結婚できる」とは言いませんが、

かなり効果があると思う。何しろ、この私が結婚できたんですから!

というわけで、さっそくルール①をご紹介します。

 

せっかく出かけた合コンで、自分が最年長だったばっかりにお笑い要員を引き受けちゃった、

良いなと思った男子が「20代以外、お断り」系で撃沈…

恋愛にも婚活にも、無駄に出来る時間がないオトナ女性。

もう当てずっぽうに行動してる場合じゃありませんわね。

 

魚がいない場(自分が対象とされていない場)に、釣り糸を垂れている暇は、我々にはない(キッパリ!)
そこで、頼りになるのがサルサクラブなのでありました。

 

というのも、サルサクラブはフツーのクラブに比べて平均年齢が高めで、男女ともに30代後半から40代がメイン。

20代なんて滅多に見かけません。会社ではお局扱いをされていても、ここでは余裕で「女のコ枠」に入れちゃう。

さらに前述したように、サルサでは男性が女性を誘う仕組みなので、

あなたと踊った男性はアラフォーであるあなたがOKということ(少なくとも踊りの上では)。

つまり、ルール①はサルサクラブに行きさえすれば、クリアできてしまうわけ。

あら、何だかお得な感じ!

 

私だけでなく、サルサクラブで恋人や結婚相手と巡り合った

アラフォー&アラフィフ女性の多いこと!

私の知人だけでも、昨年5組のサルサ婚カップルが誕生しています。

どのケースも女性はオーバー40ばかり。

男女ともに「それなりのお年」だからなのか、半年から1年の交際で結婚に至っているのも特徴です。

 

漁場は至るところにあり

789881

もちろん「漁場」はサルサ以外の場でも、見つけられます。

「ワイン会でもゴルフ教室でも、マリンスポーツの講習会(スキューバダイビングが良いという噂)や、

参加者の年齢を区切ってある婚活パーティーなど、自分と同世代かちょっと年上の男女が集まる場を探してみてください。

人見知りっコの場合、単発イベントよりも複数回に渡って行われる場のほうがおすすめです。
「サルサクラブAでは誘われなかったけど、Bに移動したらモテモテ」というケースもありましたので、

「ここはちょっと違うな」と思ったら、場を変えてみえるのも一案です。

そうやって「自分に合った場」を見つけられたら、後は次回から説明する上手に「誘わせる」ルールを実行に移すだけ。

ね、できそうでしょ?

 

第二回目は「目からウロコ! 本当に男ウケする服はコレだった」です。お楽しみに。

【アラフィフ女性が実践したら1年で結婚できた、たった5つの事 Vol.1】  選ぶべきは正しき漁場だった

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク