【九星フラワー占い】11月の九紫火星は「孤独と華やかさ」

1年の区切りを前にして、本来の自分の姿を見直すようなことが、多くの人におきそうな月です。これまでのことに一区切りさせつつ、これからの展開が見え始めるような、静かな興奮を味わえるのではないでしょうか。この流れに上手にのっていくポイントとは?

※九紫火星の生まれ年は1964年、1973年、1982年、1991年です。

ただし、1月1日~2月4日、4日生まれの場合は前の年の生れになります。

孤独の中で知性と感性を育ててきた人

九紫火星は情熱の星でありながら、孤独という意味を持つ星でもあります。

燃える火のごとく激しく華やか、けれども人が直接触れることができないように、どこか人と距離を置く、置かれてしまうという面があるようです。

孤独というと、さびしくてありがたくないもののように聞こえる人がいるかもしれませんが、その中で感性が研ぎ澄まされ、集中力が育まれます。

九紫火星の人が研究熱心だったり、専門性の高い仕事についていることが多いのは、この集中力があってこそ。

ですから、大人になってからは孤独を嫌うどころか、大切に思っている人が多いのではないでしょうか。

 

遠い世界の人ともつながっていく月

今月は、その孤独にひたれる時間が少なくなりそうです。

何かと人から注目され、周囲に人の気配がいつもあったり、あるいはチームプレイ・集団行動が多くなりそうなのです。

遠い場所、遠い世界に身を置く人もやってくるでしょう。また、そういう人どうしの間に入って、やり取りを助けるということをしなくてはならない、そんな状況も生れそうです。

めんどうくさいと言いながら、生き生きと活躍する姿が目に浮かびます。

 

大きな成果をあげられる月

生き生きとしているのは、人からたくさんの情報が得られ学びが多くあるからでしょう。

ひとりで集中するからこそできることと、人と一緒だからこそできること、そのちがいに改めて感心し、どちらも大事で、どう使い分けていくといいのか、きっとそこまで学び取ってしまうことでしょう。

同時に、ここで1つの何か大きな成果を挙げるようにも思われます。

 

今月の恋愛運と金運は?

いつもにも増して華やかで魅力的な九紫火星。

11月は男性もあなたの周囲に集まってきますし、中には今まで付き合ったことのないような人、遠方に住んでいるような人との出会いもありそうです。

いいなと思う人には、礼儀正しさは押さえつつ書きたいことを書きすぎない軽やかなメールが効果を発揮しそうです。

金運も、臨時収入があったり、仕事やボランティアをしている人には、出資をしてくれる人があらわれるということがあるかもしれません。

 

今月の開運アイテムはこれ!

ラッキーカラーはグリーンとパープル。

同時に使うのは難しいかもしれません。ラッキーアイテムとして揺れるピアスやイヤリングが使えるので、グリーンカラーで耳元のおしゃれをしてみては。

誰かからのうれしい連絡が届きそうです。

ラッキーパーソンは、外国の人。もし道を聞かれたりしたら、運気がアップしているというお知らせ。

丁寧に教えてあげればますます運気はよくなります。

ラッキーフードは、エビやカニなどを使った魚介のパスタ。

女友達と一緒に味わって食べると、女性らしさが増し、自分のなかにあるモヤモヤがスッと晴れていくことでしょう。

 

紫陽花の花が象徴する九紫火星の魅力とは

九紫火星は火の性質を持つ星。真夏の太陽のように情熱的ですが、燃え尽きると途端に冷淡になるのも特徴的です。東洋の暦では6月は真夏にあてはまり、この時期に咲き、「移り気」という花言葉を持つ紫陽花は、九紫を象徴する花の1つです。移り気と言うと印象が悪いかもしれませんが、誰よりも研究熱心で美的センスがあり、何かに集中しては極め、また次の物を研究し、時に新しい流行を作る力があったりします。華やかで負けず嫌い、目力のある美人が多い星です。

 

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク