会社が倒産してお給料が未払いでもあきらめないで!知っておきたい「未払い賃金立替制度」

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。さて、現在、企業の約70%が起業して3年以内に倒産するといわれており、勤務先の倒産は、他人事ではないかもしれません。

勤務先が倒産した場合、お給料がもらえないまま退職を余儀なくされたと言う人も少なからずいるようです。でも、大丈夫!実は会社に代わってお給料を支払ってくれる制度があるのです。いざという時のために、ぜひ知っておきましょう。

 

︎会社が倒産!未払い賃金はどうなるの?

大手の会社でも倒産するいまの時代、勤務先が倒産するという事態は決して他人事ではありません。また、経営状態が悪化して倒産するわけですから、勤務先が倒産したときに、お給料が支払われないまま退職を余儀なくされるというケースもあるかもしれません。

 

そんな事態に陥ったときに利用したいのが「未払賃金立替払制度」。この制度は、独立行政法人労働者健康安全機構が会社に代わって未払いのお給料の一部を立て替えて支払ってくれる制度です。(厚生労働省HPより)

 

立て替え払いを受けることができるのは、1年以上事業活動を行っていた会社が倒産した場合で以下の条件に当てはまる人です。

会社が倒産する6ヶ月前から倒産後1年半の間に退職した人

・毎月の賃金や退職手当が2万円以上の未払いになっている人

立替払いの賃金の限度額は年齢によって違う!

では、実際どれくらいの金額を立て替えてもらえるのでしょうか?基本的に未払賃金総額の「最大80%」を会社に代わって労働者健康安全機構が支払ってくれますが、立て替えてもらえる賃金の上限額は、年齢によって違いがあります。

 

退職時に30歳未満の人の場合、未払賃金の限度額は110万円で、このうち立替え払いしてもらえる上限額は88万円です。

 

退職時に30歳以上45歳未満の人の場合、未払賃金の限度額は220万円で、立替払いしてもらえる上限額は176万円です。

 

退職時に45歳以上の人の場合、未払賃金の限度額は370万円で、立替払いしてもらえる上限額は296万円です。

 

例えば、45歳で未払い賃金が80万円、退職金が200万円の場合、未払い賃金の合計額は280万円になります。このケースでは、未払い賃金の限度額370万円を超えていないので、280万円×80%=224万円を受け取ることができます。

 

この金額は、税金(所得税、住民税など)や社会保険料が控除される前のもの、つまり額面の金額になります。ちなみに、ボーナスは立替払いの対象にはならないので注意しましょう。

手続きの方法は?

未払賃金立替払制度を利用するには、労働者健康安全機構に対して、請求をする必要があります。未払賃金立替払制度の請求書の書式は、労働者健康安全機構のHPよりダウンロードすることができます。

 

また、この請求書には「証明書」の添付が必要です。証明書は、手続きの種類によって依頼するところが違うので、会社に確認するようにしましょう。提出した書類に問題がなければ、1ヶ月以内には、指定の口座に立替金が振り込まれます。

 

なお、審査はかなり厳しく行われるので、書類に不備があると時間がかかってしまいます。必ず必要な書類を確認してから申請するようにしましょう。ちなみに、請求を忘れてしてしまった場合には、賃金は2年退職金は5年請求権が消滅してしまうので注意が必要です。

 

会社が倒産してしまうというのは、人生上の大きなアクシデントといえますが、実はアクシデントに出くわしたときに、公的な救済措置は意外にあります。知らずに損している人も多いので、日頃より情報のアンテナを張っておきましょう。

 

■次に読まれているのは■

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

 

スポンサーリンク

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

ほったらかしでもラクラク貯まる!カンタン貯金の仕組み3選

お金を貯めたいと思っていても、なかなか貯まらず「よし来月から!」と思っていませんか? ダイエットと貯金は似ているところがあり、始めようと思ってもなかなか貯まらず…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー…

1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

ほとんどの若手芸人が、多かれ少なかれ借金があります。それは、“お笑い”をお金にするのがとてつもなく難しいということもありますが、ぐうたらのダメ人間が集まる巣窟だか…

消費税増税前に家を買うべき?2019年家の買い時を考える時のポイントは

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。今年の10月に消費税が10%になることが決まり、増税前に家を買うべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。とはいえ、1年後に東京オリンピ…

読むだけでトクする「お金のトレンド」大予測!2019年はどうなる?

みなさん、明けましておめでとうございます!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。昨年の年末は、米国の利上げや米中貿易摩擦劇化の懸念などの影響で米国株式のみならず、日本の株式も大暴落。加えて英国のEU…

40代共働き家庭の家計に潜む落とし穴って?

みなさん、こんにちは! ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。最近は、社会で活躍する女性も増え、晩婚化が進んでいます。私のところにいらっしゃるお客様の中にも、40代以上で結婚したという方は少なくあり…

40代女性の貯蓄事情!1年間で100万円の貯蓄って少ないの?

みなさん、こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの高山一惠です。私のところには、多くの40代女性がマネー相談にやってきますが、みなさん必ずといって良いほど質問するのが「私の貯蓄額って平均と比較してどう…

もらってないなら損するお金。知っておきたい「実はもらえる」3つの給付

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。毎年少しずつ社会保険料はアップし、来年の10月から消費税は10%になることが決定…と、収入が伸びない割に出費ばかりが増える印象で暗い気持ちに…

実は損している?銀行でよく見かける「お得っぽい」セットの真偽

みなさん、こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの高山一惠です。銀行の預金にお金を預けていても全く増えないし、かといっていきなり投資はハードルが高いという人は多いと思いますが、そんな人にとって魅力的…

iDeCoを利用して、実質利回り20%で「定期預金」する方法!

40代になると、そろそろ老後が気になるお年頃。老後に向けてお金を増やさなくてはと思いつつも、投資は元本割れのリスクもあるしイマイチ気乗りしない…という人も少なくないことでしょう。そんなあなたにオススメな…

ボーナスどこに預けるのがベスト?「安全で賢い貯め方」3つの知識

夏のボーナスが支給されるシーズンとなりましたね。ボーナスがでたら、あれもこれも買おう!と、ボーナスを待ちに待っている人も少なくないことでしょう。自分へのご褒美も良いけれど、将来に向けてお金を貯めたり、…

40代シングル女性が「買ってはいけない」マンションとは

40代になり一生独身かも…と思うと、「家でも買っておこう」とばかりに、マンション購入を考える人も少なくないと思いますが、マンションを購入する時に資産価値や生活の利便性などをきちんと考えて買わないと、家が…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきかどうか悩む人が少なくないでしょう。そこで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事