「お前はどうすればいいと思う?」カン違い上司のイタい質問が部下のやる気を奪う

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。さて、私が最近気になるのは「人材育成」。なかなか一筋縄ではいかず、こちらが良かれと思ってやっていることが、裏目に出てしまうこともあるようです。最近では、とあるTwitterユーザーの「上司に質問する気が失せちゃった話」というツイートが話題になりました。

会社のルールを知りたいだけなのに…

ある日、書類の宛先について上司に質問したという投稿者。「この申請書って〇〇さん宛てに送ればいいですか?」と尋ねたところ、上司から「お前はどうすればいいと思う?」と返ってきたそうです。「いや、ルールを聞きたいだけなんですけど…」と言葉を詰まらせていると、再び上司から「どんなルールならいいと思う?」と同じような質問が。その後、彼はこの上司にだけは何も質問しなくなったといいます。

彼の体験談を聞いて、ネット上では「ハウツー本の影響か(笑)」「時間の無駄使いですね」「答えのない問題を考えさせるのは大きな意味があるけど、形式的なことを自問自答させるのは何か違う」「これじゃあ、ただのなぞなぞマンだよ…」と瞬く間に注目を集めました。

中には「“考えさせる良い上司”の発揮どころを間違えてしまったのね」「マネジメントをよく理解できないまま、変な自己啓発本を読んだんだろう」など、一連のやりとりを分析する声も。

実は投稿者と同じような体験をしている人は多い様子。「『どうしたらいいと思う?』からの『全然違う、ちゃんと確認しろ』は定番コンボでした」「前の会社がまさにこんな感じでした。『禅問答やってる暇はないんだよ!!』と何度心の中で叫んだことか…」といった、様々な体験談も飛び交いました。

 

「部下に考えさせる」は人材育成のポイントランキング第何位?

エン・ジャパンが発表した「ミドルの人材育成」にまつわる実態調査によると、部下の育成に自信があると回答した人は、男性が76%、女性が73%であることが分かっています。男女共に7割以上が“育成に自信アリ”と回答していますが、部下の育成面ではどんなことに気をつけているのでしょうか。

同調査で「部下を育成する上で気をつけていること」について尋ねてみたところ、第1位には「コミュニ―ケーションをとる(70%)」がランクイン。次いで第2位には「なるべく部下に考えさせようとする(68%)」、第3位には「部下の話をよく聞く(61%)」の順に回答が並びました。

今回問題となった「部下に考えさせる」は第2位という結果でしたが、その理由には「指示待ちにならないように、自主性を養うため」「部下の考えたことを尊重することで、自ら動くようになるから」「責任を持たせることで、成長実感が持てて自信に繋がる」などが挙がっています。

自主的に考えさせることは、“部下の主体性を伸ばす”大きなカギになる模様。しかし使い方を一歩間違えると、「考えさせる良い上司」から「質問したくないウザい上司」にたちまち変わってしまうかも。気をつけたいものですね。

スポンサーリンク

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

続柄は「ぞくがら」じゃないの?みんなが間違えている読み方10選

この前、「続柄」を「ぞくがら」と読む声が聞こえ、ちらっと横目で見てみると、ちゃんとした大人の女性でした。こうして訂正される機会がなかった人って、結構多いのだろう…

早急を「そうきゅう」と読んだら間違い!みんなが怪しい読み方10選

写真を貼付するのと、写真を添付するのとでは、すべきことが違います。今日はそんな言葉の中からビジネスシーンで恥をかいてしまいそうな誤読を10個集めてみましたので、こ…

2019年に「増やすこと・減らすこと」。平成最後の元旦に考える

新年あけましておめでとうございます。“40代女性の一番リアルなメディア”をかかげる「OTONA SALONE」編集長の浅見です。本年もオトナ女性の「リアル」を追求してまいります…

【完全解説】メール文末の「ご自愛ください」正しい書き方バリエとNGなケースは?

たとえ形式的なこととは分かっていても「寒さ厳しき折、ご自愛ください。」このような言葉が文末にあると、相手の気遣いがほんのり感じ取れます。でも、こういう形式的な言…

「お座りください」は実はNG!?失礼な敬語と正しい言い換えは

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらにお座りください」「……」。この言い方を失礼だととらえる人…

「凡例」ってぼんれい?みんなが読み間違えている熟語10選

先日、ある料理屋で鳥刺しをいただいたのですが、塩と梅肉が添えられていました。醤油ではなく、この塩と梅でいただくという形。「まさに良い塩梅ということですね」と申し…

「すみません」と言いがちな3つのシーンのNGは?「すいません」は論外です

「お茶をどうぞ」「すみません」「すみません、遅くなりました」「すみません、何とお呼びしたらよろしいでしょうか」このように「すみません」は大変便利な言葉です。「ど…

「させていただく」の意味と正しい使い方は?代表的なNG例と言い換え方

あなたは、一日の中で何回「させていただく」という言葉に出会いますか? 会議や打ち合わせなど敬語のシーンでは意外に耳にすることがあるはずです。あなたも今日一日、自…

隣りの芝生が青く見える… 悩める40オンナを作り出す「ミッドライフクライシス」

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。働く者なら誰もが抱える「仕事の悩み」。エン・ジャパンのあるアンケート調査によると、働く女性の97%が「仕事の悩みが…

昇進すると“自由”になれる!? 負のイメージを凌駕する「女性管理職」のメリット

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。今回のテーマは、組織のマネジメント力が試される「管理職」。管理職への昇進は、それだけ会社が自分の能力値を高く評価…

「年齢のせいにするな」 小柳ルミ子から学ぶ“おしゃれ更年期”の乗り越え方

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日カフェでお茶をしていたら、20代の女の子が「もう年だからミニスカ履けない~」と友達に話していました。それを聞い…

NEWS増田「歌ってる人キライ」 “ライブで合唱する客”にテゴマスが本音!

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。音楽ライブでよく議論になるのが、“お客さんの熱唱問題”。アーティストの歌を聴きに来ているのに、「隣の人が熱唱して台…

オンナの加齢は罪?“若さに固執する”より“素敵に老いる”方法を考えろ!

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。実は最近友人が誕生日を迎えたのですが、喜ぶどころか「もうこんな歳になっちゃったよ…」とぼやいておりました。小さい…

“たばこメーカー”は超穴場物件!? 年収で見る「オトコ選び」のコツ

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。誰もが一度は聞いたことのある「愛があればお金なんて…」という言葉。「愛」は物差しでは計れないけれど、「お金」は計…

近藤春菜が激論!「美人は3000万得するって本当…?」残念ながら…

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。長年、巷で議論を交わされ続けてきた「美人は得か損か」問題。つい先日もハリセンボン・近藤春菜さんと脳科学者が大激論…

7人に1人が「年下上司・女上司はやりにくい」と思ってる。でもそれ本当にやりにくいの?

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日ネットサーフィンをしていたところ、エン・ジャパン株式会社の「年下上司・女性上司」に関するアンケート調査が目に…

会議の暗黙ルールに喝! 「会議は30分以内をルールにした」というツイートに称賛の嵐

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日Twitterをチェックしていたところ、気になるツイートを発見。ある社長の「会議は30分以内をルールにした」という投…

Queenは少女漫画!? 70~80年代少女漫画に登場する綺麗すぎるオトコたちの原点

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。大ヒット公開中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」の巨大なポスターを横目に、私が思い出したのはネット上で盛り上がって…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事