男が首をかしげる…40代女性がやりがち? 「彼の家のトイレ」での不可解な行動3選

親密な間柄になれば、相手や自分の自宅を行き来するのも自然です。

そんなシチュエーションでも、“家のトイレ”は、ひとりでホッとできる「自分だけの空間」。

しかしだからこそ、ちょっとした所作に本性が現れてしまうことも……。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが「それはナシなんじゃ……」と感じたという、“彼の家での振る舞い”に迫ります。

 

やりがちだけど「男ウケを狙えない」トイレで不可解なオバサン1:トイレットペーパーを使うたびに三角に折る

 

「ちょっと前に短期間だけ付き合った43歳の女性は、うちに遊びに来るたびにトイレットペーパーの端を三角に折るのが、なんとも不可解でした。

アレって、お店とか会社とかでは『掃除が終わってます』って意味だと思うんですけど、家のトイレでいちいち折るのって、意味不明じゃないですか!?

っていうか、むしろ未使用のペーパーをいちいち用足し後の指で触っているのかと思ったら、なんとも“ありがた迷惑”な気分になってしまうんです。

僕が潔癖なタイプだから、そう思うだけでしょうか。

本人には言えなかったけど、遊びに来るたびに『やめてほしいなぁ』って密かに思っていました」(45歳男性/SE)

 

使用後のトイレットペーパーを三角に折るのは、男性に丁寧な印象を与えたい女性ほど、やりがち。

しかし自宅のトイレで毎回これをされると、微妙な気持ちになる男性もいるのは否めません。

 

やりがちだけど「男ウケを狙えない」トイレで不可解なオバサン2:そこまで親密じゃないのに、いきなりトイレ掃除を始める

「正式に付き合うかどうかって感じの仲だった、体の関係アリの41歳女性がいたんですけど。

その人はウチに遊びに来ると、トイレに入ったついでにトイレ掃除をしてくれるのが、ぶっちゃけ、かなり鬱陶しかったです。

『んもぉー。トイレ汚れてたから、掃除しておいたよ!』とかって言ってきて、もはや彼女ヅラって感じなのが、なんとも不快でしたね。

家政婦をしてほしくて家に呼んでいるわけじゃないし、頼んでもいないのに家事をするのって、なんか違うと思うんです。

若い女の子がコレをすると『俺に好かれたいんだなー』ってかわいく見えることもあるけど、40代の女性がすると押し付けがましい感じがしちゃうのは、偏見ですかね……!?」(46歳男性/工場経営)

 

頼まれたわけでもないのに、かいがいしく彼の家の掃除を担ってしまう女性には、賛否両論あるのも事実。

「良かれ」と思っての行動でも、快く思ってくれる男性ばかりではないことは、改めて覚えておいて損はないのかもしれません。

それはさすがにないわ。次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事