【12星座ランキング】ピンチをチャンスに変えられる星座って?

2018.11.22 FORTUNE

ピンチが訪れた時、そこで立ち止まるか、そのピンチをチャンスに変換できるかで結果は大きく変わってきます。
今回はそんな、「ピンチをチャンスに変えられる」星座をランキングしてみたいと思います。

12星座中、もっともピンチをチャンスに変えられる星座は……?

1位・行動力のあるみずがめ座

行動力があり、逆境をものともしないみずがめ座は、ピンチに陥っても慌てたり落ち込んだりすることはありません。状況を冷静に客観的に受け止め、どうすればピンチを切り抜けられるか考えるでしょう。そして即行動に移します。危機的状況に陥ったとしても、あっというまに状況を好転させることができるでしょう。事が順調に進むより、ピンチに陥るぐらいの状況の方がいい結果を導き出せることもありそうです。

2位・醜態をさらしたくないしし座

プライドの高いしし座は、ピンチに陥った自分をなるべく人に見せたくないと思ってしまいます。そのため、その状況を長引かせないためにあらゆる努力をするでしょう。そのため、長くピンチにさらされることは少ないでしょう。どの勢いでピンチをチャンスに変え、あっという間に形勢を逆転できるのです。

3位・とっさの判断が優れているふたご座

臨機応変な対応に優れているふたご座は、ピンチになった時、とっさの判断力でチャンスへと変換できることが多いでしょう。普段から色々なことを考え、想定しているふたご座なので、窮地に陥ってしまったときにも慌てず、冷静な対応ができるのです。

4位・立ち直りが早いうお座

うお座はピンチに陥ると、一瞬パニックになってしまうのですが、立ち直るのも早いでしょう。失敗をそれほど重く受け止めない部分もあるので、冷静に状況を好転する方法を考えることができるはずです。

5位・じっくりとチャンスに変えるおうし座

ピンチに遭遇しても、慌てることなくその場の雰囲気をしっかりと把握して切り抜けられるおうし座は、同時にピンチをチャンスに変えるチャンスをうかがっています。即チャンスにつなげるというよりは、時間をかけてピンチをチャンスに変えていくタイプでしょう。

6位・経験で切り抜けていくやぎ座

努力の人であるやぎ座は、ピンチが訪れても今まで培ってきた経験で切り抜けることができるでしょう。ピンチを必ずチャンスにできるわけではないですが、ピンチによって足元をすくわれるようなことはないでしょう。

7位・頑張りすぎるおとめ座

真面目で頑張り屋ゆえに、ピンチに陥ることを人一倍恐れているおとめ座は、実際にピンチがやってくるとパニック状態になってしまうことも。なかなか状況を受け入れられず、ピンチを切り抜けることが難しくなってしまいます。

8位・楽観的すぎるいて座

いて座はとても楽観的。そのため、ピンチに陥っても焦ったり困ったりすることはありません。むしろその状況を楽しむことさえあるでしょう。ピンチをチャンスに!とも思わず、これもひとつの経験と悠然としていることでしょう。

9位・別の形でチャンスをつかむさそり座

ピンチになってしまった状況を重く受け止めますが、それを分析することはあっても、すぐにチャンスに変えることは考えないさそり座。とはいえチャンスをつかむのはうまいので、ピンチとは別の方向から大きなチャンスをつかむでしょう。

10位・ピンチに陥りにくいてんびん座

そもそもてんびん座はピンチに陥ること自体が少ないのです。たとえピンチに陥ったとしても、それをピンチとも思わないため、そこからチャンスに――という動きにもならないでしょう。

11位・真面目に反省するかに座

真面目なかに座は、ピンチに陥ると奮起するよりも反省することが多いでしょう。その蓄積がチャンスへとつながりますが、個々のピンチを即チャンスに変えようとするタイプではありません。

12位・いつでもマイペースを保つおひつじ座

ピンチをピンチと受け止めず、それすらも楽しく受け入れてしまうおひつじ座は、ピンチとかチャンスを意識せずに生きています。そのため、ピンチになったからこうする、といった行動の変化はなく、どんな時でもマイペースなのです。

まとめ

いかがでしたか? ピンチに陥ると、人はついつい委縮してしまうものですが、そういう時こそ自分の潜在能力を生かすチャンスかもしれません。時にはピンチをチャンスに変えるべく、思い切った行動をしてみてはいかがでしょうか。

 

■次に読まれているのは■

【12星座ランキング】ダメと言われるとやりたい!あまのじゃく過ぎる星座

【12星座ランキング】流されすぎ…?他人に影響を受けやすい星座は

【12星座ランキング】「いい人」を演じすぎ?ストレスフルな星座は

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク