地味見え、老け見えしたくない! 定番「ベージュコーデ」4大悩みの解消は?

私たちの定番カラー、ベージュ。大人っぽくて上品な印象でオンオフ問わずに着られるから、ワードローブに持っている人も多いのではないでしょうか。でも「着太りしそう」「老けて見える気がする」「顔がぼやける」「地味になりそう」などなど、着たい気持ちとは裏腹に、悩みが尽きないカラーでもあります。今回は、そんなベージュの取り入れ方のポイントをご紹介します!

 

お悩み①ベージュのトップスは顔がぼやけて見える

→赤ブラウンのリップか大ぶりアクセでアクセントをプラス

今季のベージュアイテムは、ニットだけを取ってもとにかくカラーバリエーションが豊富なので、自分の肌に映えるものがきっと見つかるはず。でも、今手持ちのベージュトップスでぼやけた感じを払拭したいのであれば、メイクと小物で印象を変えるのがおすすめ。リップのカラーを、無難なベージュピンクから印象的な赤ブラウンに変えるだけで、パッと明るくなります。強い色のリップが苦手、という人には、ゴールドの大ぶりピアスかイヤリングをプラスすると、女性らしく華やかな着こなせるので試してみてください。

 

お悩み②ベージュのボトムは太くオバさん見えしそう

→旬の素材やデザインのアイテムで印象をアップデート

ベージュのパンツやタイトスカートを履いていて、合わせやすいけどなんだかもっさりと老けて見えるかも……と、モヤっとしたことはありませんか? ベージュは大人っぽく上品な分、定番のデザインだと落ち着き感が増してしまい、年齢を感じさせてしまうことも。例えば、光沢感のあるロングのプリーツスカートや、ウエストにデザインのあるワイドパンツならトレンド感と着痩せを両立できて、オバさんっぽく見えずに取り入れられます。

 

お悩み③ベージュはコーデが地味に見えそう

→ベージュをチェック柄で取り入れてみる

ベージュは定番色なので、コーデがのっぺりして見えるような気がする……という人は、例えばチェック柄のストールなど小物で取り入れてみるのもおすすめです。黒のニットにプラスするだけでも、チェック柄なら華やかさや季節感のある着こなしに。秋冬は暗い色が多くなりがちなので、ベージュがほどよく明るさをプラスしつつ、トレンド感も演出できます。スカートやパンツなど、ベージュの定番ボトムもチェック柄なら地味にならずに落ち着いた印象で着こなせます。

 

お悩み④今っぽいベージュの着こなし方が分からない

→白・茶のグラデーションコーデに黒小物なら簡単

ベージュの着こなし方がマンネリしていたり、今っぽい合わせ方がわからない人は、×白や茶のグラデーションでコーデを作って、黒の小物で引き締れば失敗なし。基本的に万能カラーなので、どんな色とも合わせやすいですが、例えばベージュのコートなら、白のワントーンコーデに羽織るだけでも洗練された着こなしを作れます。

 

いかがだったでしょうか。定番カラーのベージュだからこそ、着回し力の高さやシーンを選ばず着られるなどのメリットがたくさんあります。さらにこの秋冬は、淡いベージュからキャメル、茶色に近いベージュまで、色の幅が広い当たり年。どんな肌色の人でも似合うベージュが見つけやすいので、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代は揺らぎの時期?「似合う服が見つからない」と思ったことがある人は読むべし!

クローゼットの中に服はたくさんあるのに、今日着たい服が見つからない、出かける前に鏡の前に立ったとき、昔ほど自信が持てない、そう感じたことはありませんか?20〜30代…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

結局、40代を一番キレイに見せるデニムって? その正解はコレだ!

まだ肌寒い今の季節に活躍するのが、動きやすくてほどよく保温性もあるデニムスタイル。冬はニットにあわせて、春はブラウスやTシャツをあわせて一年通して履けるので、ど…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

【着太り】40代の白ボトムスは○○で「若作りオバサン」防止!

まだ5月だというのに、早くも夏日が続いている今年。そんな今の時期に活躍するのが、着こなしに清潔感と女性らしい爽やかさを与えてくれる白ボトム。ベーシックカラーなので40代にも取り入れやすく、トップスの色を…

着やせのコツはパーツで違った!【二の腕・下腹・お尻・太もも】気になる部分別やせテク

気温も上がり、そろそろ薄着になりごまかしが効かなくなる季節。どうせなら少しでも着痩せして見えたい、スタイル良く見えたいと思うのは40代女性たちの本音です。今回は、部位別に着痩せする着こなしのポイントをま…

40代が【飛びついちゃダメ!】この春の流行大反省会

10日間のゴールデンウィークも終わり。年号も令和に変わって早1週間、春のお買い物もひと段落したという人も多いのではないでしょうか。お仕事シーンと違って、長い連休中は着こなしのバリエーションに困った、旅行…

断捨離は何から始めて、どこまで捨てる?後悔しないコツと手順、成功例は

寒暖差が大きかった今年の春。ようやく本格的に暖かくなってきたので、このゴールデンウィークにクローゼットの衣替えをしようと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は、クローゼットを占める割合の多いア…

40代は「着映え感」が大切!パッと華やかに見える3つのコーデテクって?

気温もグッと上がり、春本番を迎える4月。そろそろ着こなしも本格的に春っぽくしたいけど、なぜかいつも似たような格好になってしまって、イマイチ気分も上がらない……。なんて人も多いはず。今回は、40代の“着映え”…

新パーソナルカラー診断別、40代女性たちの春のマストバイアイテム

先日は季節外れの雪も降りましたが、春もいよいよ本番のこの時期。気温の上昇とともに、冬から春への着こなしのスイッチングを意識する季節がやってきました。今回は、「パーソナルカラー診断」を元におすすめの春ア…

黒紺グレーばっかり持ってない?「地味コンサバおばさん」を脱出する5つの方法

華やかな色の服が流行る春になっても、結局買い物に行くと無難な色を選んでしまう、というアラフォーの人も多いはず。確かに着回しやすさや、大人でも浮かないという利点はありますが、保守的すぎる着こなしで密かに…

40代の春スカート、品よくキマる3大「痛くない」トレンドは?

日に日に暖かくなってきて、脚取りも軽くなるこの時期。冬に大活躍したパンツスタイルから、スカートに履き替えるだけで春気分が高まります。今季は久しぶりにミニスカートも流行っていますが、同時にミモレ〜マキシ…

この春買うべきトレンチ、やめるべきパーカーは?40代春ファッションOK・NG

3月に入り気温が高い日も増えてきたので、分厚いコートもそろそろ出番が減ってきました。そんな今、一番に購入したいのがコートやジャケットなどの羽織りもの。シーズンのはじめは、何を買い足していいのかわからな…

まだ着ていたら痛い!? 40代が「即捨てるべき」7つのアイテム【2019春】

気温も上がってきて、そろそろワードローブも冬物から春物へと入れ替えたい時期。春の新作を買い足す上で、去年のアイテムをどれを残してどれを処分しようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。体型の変化や流…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事