どうして?「距離感」を大切にしてきたはずの40代独女が幸せになれないワケ

恋愛には相手との「距離感」を間違えないことが大切。

そう思って頑張っているのに、なぜかいつも男性が離れてしまう。アプローチもしているし、LINEの返信も合わせているし、ちゃんと”ちょうどいい離れ具合”を考えているのに……。

相手との心の距離を意識しすぎると、ときに曖昧な態度や言葉となってしまい、相手を不安にさせることもあります。

自分の気持ちをストレートに届けることも、関係を発展させるときには必要な勇気。

距離感を大事にするあまり、男性の恋心を逃してしまう40代独女の振る舞いについて、お話します。

 

「相手の気持ちを尊重して進めたい」はずが・・・

「好きになった男性とはいつも良い感じまではいけるのに、お付き合いに発展しません。

ガツガツしていると思われたくないし、相手の迷惑になるのも怖いので、自分から派手なアプローチはせず相手の出方に任せてきました。

LINEやメールはもらったらすぐ返事をするし、電話したくなったらかけてもいいか確認するし、そうやって男性との距離をいい感じで保ってきたつもりです。

でも、先日、片思いしていた人から

『俺たちのことをどうしたいのかわからない』

と言われ、それきりになってしまいました。

私の何がいけなかったのかわかりません。うまくいかせるなら相手との距離感が大事っていいますよね?」(40歳/総務)

 

好きな人とは適度につながっているのがいい。押しすぎたり、かといって何もしないのもダメ。相手の出方を見ながら、慎重に距離を縮めていく……。

確かに相手の反応を無視した一方的なアプローチは敬遠されますが、一方で距離感を気にしすぎるのも、肝心な愛情が伝わらずに男性を不安にさせるときがあります。

「相手に任せる」のは、それだけ男性にとって「確信を与えてくれない」ことにもなるのですね。

 

男性にとって「確信を持たせない態度」

そもそも、距離感って何なのでしょうか。

自分にとっても男性にとっても居心地が良いと思える”離れ具合”は、目に見えるものじゃないし心で実感していくしかありません。

ですが、自分ではこれで良いと思っていても、男性にとっては「物足りない」となる位置であったら。

LINEやメールにすぐ返事をくれる、電話も状況を考えてくれる。確かに気遣いは嬉しいけれど、いつもこちらから動かないと反応をもらえないようなつながりでは、いずれ「彼女にとって俺ってどんな存在?」となります。

「ガツガツしていると思われたくない」のは男性も同じです。

女性にそのつもりがなくても、常に「誘う側」「気遣いを受ける側」であることは、男性にプレッシャーを与えます。

たまには女性のほうから「ここに行きたい」と言われたい、「どうしても声が聞きたいの」とわがままも言われてみたい。

その「甘え」は、男性に好かれているという確信を持たせてくれるもの。

距離感を気にするあまり、相手の出方に合わせる態度や振る舞いは、ときに「好かれているのかわからない」不安の元になります。

「俺たちのこと、どうしたいの?」

”いい感じの距離”と思っていたことが、実は”曖昧さばかり目立つ対応”になっているのですね。

 

「与え合う」勇気でふたりの距離を縮めていく

上の女性は、決して受け身でいることを意識しているわけではなく、また「誘われてこそ好かれている証拠」などとも考えていません。

根底にあるのは「男性の負担になりたくない」「恥をかきたくない」という不安です。

ですが、その臆病さが「距離感を間違えない」態度に変換されると、男性が感じるのは「主導権を握られている」という窮屈さ。

気遣われることが、逆に女性主体の関係と感じられるのですね。

常にこちらが関係を引っ張っていかなければならないプレッシャーは、女性と対等である意識を失わせます。

それより居心地がいいと感じるのは、お互いに「与え合う」関係。

たまには女性のほうから「いいお店を見つけたの」「一緒に食べたいものがあるの」とデートに誘う。

「○○のイルミネーションを見に行きたいな」「○○を買いたいんだけど、一緒に来てくれない?」と自分の関心に付き合ってもらう。

ふたりの時間をもっと楽しみたい女性の気持ちが見えてこそ、男性ももっと関係を深めたいと思います。

それが本当にふたりにとっての「良い距離感」。

ふたりのつながりに積極的に関わる勇気が、幸せな交際へと発展していきます。

 

 

男性の話を聞くと、「好かれているだろうなとは思うけど、どこまで踏み込んで良いのかわからない」女性の態度というものを多く耳にします。

不安なのは男性も同じ。それでも一生懸命女性に声をかけ、良い確信を「与え合う」つながりが欲しいと思っているのですね。

距離感という言葉に惑わされず、ときにはこちらからも踏み込む勇気を忘れずにいましょう。

 

■次に読まれているのはこれ■

【男の本音】こんな40代独女に注意!男性ががっかりする理由3つ

モテる40代女性のたったひとつの共通要素。みんな「○○上手」

逃げられるかも⁉ 40代独女が気をつけるべき「ボディケア」とは?

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男の本音】こんな40代独身女性に注意!男性ががっかりする理由3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

「私ってイケてるでしょ?」勘違いした40代独女の”モテ“と、男性の本音

いくつになっても自分に自信を持つ女性。「おひとりさま」なのは男に見る目がないから。独身だけど私は十分モテているからいいの!……その”モテ“、本当ですか?「私ってイケてるし!」と自分のものさしだけで判断して…

実録!年下男子が「イケると思っていたのに玉砕した」40代独女への片思い

「これなら告白してもOKをもらえる!」と確信を持っていたのに、実際にぶつかってみたらあえなく「NO」。何で!? と思うけど、そこには女性の気持ちを表面しか見ていなかった”油断”がありました。うまくいく恋愛に…

【男の本音】「恋愛に積極的になれない」のはこんな理由。人に言えない悩みのリアル

いくつになっても、恋愛を楽しみたい気持ちは男女変わりません。ですが、年齢を重ねれば重ねるほど、自分からアプローチできない、交際することにためらってしまうなど、「恋愛に積極的になれない」という人もいます…

オトナは「ゆるプロテイン」で美しく痩せる!【特集オトナの3kgやせ】

時間はあるしおせちは美味しいし……で油断するとすぐに太ってしまう年末年始。いつもより活動量が減ることで、増えた体重を運動で落とすのは難しい、と思いますよね。「このお正月で増えた2、3キロくらいを落としたい…

別れた彼女に「復縁を申し込みたくなる瞬間」、年下男子から40代独女のパターン

別れた女性のことをいつまでも忘れられない男性。関係が終わったときは「これで楽になれる」と思っていたのに、時間が経てば経つほど愛しさばかり募ってしまう。よりを戻したいと思っても、年下男子の場合は男らしさ…

この「あけおめ」はヤメテ。男性がウンザリした40代独女の非常識なご挨拶

新年を迎えると、会社の同僚や友人などに「明けましておめでとう」と連絡する女性は多いと思います。メールやLINEなどいろいろな手段はあるけど、考えたいのは受け取る側の気持ち。あまりに突飛だったりやりすぎだっ…

「ないわ~」男性がドン引きした40代独女の「飲み会後の”ウラ”会話」3つ

職場の忘年会や友達同士の飲み会など、何かと集まる機会が増える年末。その場では楽しく盛り上がったけど、後になって「あれさ~」とコソコソと”ダメ出し”をすることってありませんか?どうしても言いたいことがある…

年下男子が戦慄!40代独女の「終業時に見かけた”超オバサン”」な振る舞い3つ

終業の時間がきて、ホッと一息。さあ帰ろうかというとき、職場のアラフォー女性がおかしなことをしていて「またか……」とため息をつく。こんな年下男子に話を聞くと、「自分のことしか考えていない」のが”オバサン“と…

男性にとっても大問題!40代独女と付き合うときの”性欲“、ここに悩んでます

お付き合いになれば、避けて通れないのがベッドでの時間。男性にとって、好きな女性を抱けるのはもちろん嬉しいことだけど、気になるのがお互いの欲。「望んでいるのが自分だけだったら」「彼女のほうが積極的だった…

男性に「恥ずかしい!」と思われる40代独女の「冬のヘアメイク」3つ

寒くなると、ロングヘアの人なら髪をおろしてみたりパーマで軽さを出してみたり、夏とはアレンジを変えるという女性も多いでしょう。首元を温めたくなる冬は、マフラーなど小物と髪型とのバランスも大切。ですが、凝…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事