約6割の日本人が間違えている「確信犯」の使い方。他のきわどい日本語は

忘年会はエースの彼の「独擅場」思い通りに振る舞って好き放題。そんなふうに使う時、この「独擅場」は「どくだんじょう」と読みますよね。

でも実はこれ、「どくせんじょう」が正しく、しかも「だん」「壇」と「せん」「擅」は漢字が違うのです。今日は読み間違いや勘違いが原因で、それが多数派となってしまった例を紹介します。どうしてそんなことになってしまったのか、この機会に覚えておくと、ちょっと自慢かもしれません。

 

1 そんな言葉はなかったのに、誤用で市民権を得て、辞書にも掲載!「独壇場(どくだんじょう)」

このように「独擅場(どくせんじょう)」の「擅(せん)」と「独壇場(どくだんじょう)」の「壇(だん)」は漢字が違います。

擅……ほしいまま、わがまま、勝手。ほしいままにする。思いのままにする。自分の自由にする。「擅横」「豪擅」など
壇……祭壇。土を小高く盛り上げた祭場。一段と高くした場所。「壇場」「仏壇」など
三省堂『新明解漢和辞典』より

このように、とても似ている漢字ですが意味が全く違います。
そして、もともと「独壇場(どくだんじょう)」という熟語は存在しませんでした。「思いのままにする」という意味の熟語は「独擅場(どくせんじょう)」しかなかったのです。「独擅場(どくせんじょう)」の意味のうち「一人舞台」というものが分かりやすいかと思います。そのイメージが「独壇場(どくだんじょう)」の「壇」と重なり、誤表記されるようになりました。そして「壇(だん)」が常用漢字であるのに対し、「擅(せん)」の方はそうではないので、放送や活字などのメディアでもひらがなに直さなくてはいけません。そういったことも相まって「独壇場(どくだんじょう)」の方が市民権を得ていき、いつのまにか「こちらでもOK」と辞書にも載るようになったのです。

独擅場(どくせんじょう)
その人ひとりだけで、思いのとおりの振る舞いができるような場面・分野。ひとり舞台。独壇場(どくだんじょう)
三省堂『大辞林』

辞書にもこのように掲載されるまでになりました。

2 「確信犯」は「テロ」に場所を譲り、ちょっとした「悪さ」も示すようになった

こうなることが分かっててやるなんて、確信犯だね

そんなふうに使うことが多い「確信犯」。本来の使い方とは違うのに、このように使われ、挙げ句の果てには「それでいいんじゃない?」的な擁護論もちらほら見受けられます。

確信犯
1 道徳的・宗教的または政治的確信に基づいて行われる犯罪。思想犯・政治犯・国事犯などに見られる。
2 俗に、それが悪いことと知りつつ、あえて行う行為
広辞苑第6版

「俗に」とありますが、この「2」の部分があとから辞書に付け足された意味です。本来はありませんでした。信念に基づいて行われる犯罪で、基本的に「悪いことと知りつつ」とは思っていないほど、確固たる信念に基づいて行われる犯罪です。例えば、「他の人がどう思うと知らない。私の信念に照らし合わせるとこの人は抹殺されるべき」という考えで殺人に関わった場合、彼を「確信犯」といいます。「悪いこととは知りつつ」なんて思っていないわけです。まあ、そんな重い例に限らず、確固たる信念に基づく犯罪をそう呼びます。この言葉を面白おかしく日常に利用した例が、私たちがよく使う「確信犯」ですね。

平成14年度の「国語に関する世論調査」で、「そんなことをするなんて確信犯だ。」という例文を挙げ、「確信犯」の意味を尋ねています。
http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/kokugo_yoronchosa/h14/

結果
(ア) 政治的・宗教的等の信念に基づいて正しいと信じてなされる行為・犯罪、又はその行為を行う人……16.4%
(イ) 悪いことであるとわかっていながらなされる行為・犯罪、又はその行為を行う人……57.6%
(ウ) (ア)と(イ)の両方……3.9%
(エ) (ア),(イ)とは全く別の意味……3.3%
分からない……18.8%

全体では、本来の使い方とは違う(イ)を選択した人の割合が57.6%と、本来の使い方である(ア)を選択した人の割合、16.4%を41ポイント上回っています。一部の辞書が「明らかな誤り」と表記していますが、これだけ市民権を得ると、色々な辞書がこの意味も可とします。

文化庁の解説では、元の意味である「確信犯」に対し、「テロ」という言葉で呼ばれることが多くなったこと、逆に、犯罪とまではいかないけれど、何らかの「意図」を達成するために、ちょっとした「悪さ」をすることにも使われるようになってきたためとしています。
http://www.bunka.go.jp/pr/publish/bunkachou_geppou/2012_05/series_10/series_10.html

他の言葉が台頭し、辞書が書き換わった例といえるでしょう。

 

3 存亡の機?存亡の危機?

こちらも文化庁の平成28年度「国語に関する世論調査」の結果、誤用の方が市民権を得ていると分かった例。
ちょっと皆さんも答えてみてください。

問題 「存続するか滅亡するかの重大な局面」をなんと言いますか?
(ア):「(a)存亡の機」を使う
(イ):「(b)存亡の危機」を使う
(ウ):(a)と(b)の両方とも使う
(エ):(a)と(b)のどちらも使わない
(オ):分からない

正解は……?

 

 

正解は(ア)の「存亡の機」です。

存亡の機
存在するか別棒するかの大切な場合。存亡の秋(とき)
広辞苑第6版

ところが、この調査で(ア)を選んだ人はわずか 6.6%!誤用である(イ)を選んだ人は 83.0%にのぼりました。
辞書にも載っていないこの「存亡の危機」が市民権を得た例です。
当時新聞では、文化庁も、「存続の危機」などと混同しているとみられるが「『存亡の危機』は広く使われており、誤用というのは難しい」と指摘しています。
「存続」の場合は「危機」を使いますが「存亡」は「機」なのです。
しかし、当時の総理大臣が「存亡の危機」という言葉を使うなど、もう完全に誤用の勝利です。

このように、大多数の人が間違え、そちらの方が定着し、誤用と呼ぶのが難しくなったほどの例もあります。言葉は生き物。変化して当然ですが、本当はどうだったか、それを知っているかどうかで教養が試されるとも言えるでしょう。さて、友人が言葉を間違えた場合、誤用だと知っているけれど波風立てないよう聞こえなかったふりをするのは、果たして「確信犯」でしょうか?(笑)

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

「往来」じゅうらい?みんなが間違えがちなNG日本語10個

なんとなくこう読むのかもなーと思いつつ、しっかり確かめなかったがために、いざという時に恥ずかしい読み間違いをしてしまうこともあります。今日は意外と読み間違いの多い熟語を集めました。この機会にチェック!…

「強面」ごうめん?間違えてたら赤っ恥すぎる日本語のNG読み10

目で見る分には意味が分かるからと、正確な読みを気にとめなかった熟語ってありますよね。いざ、音読しなくちゃいけない時に、とんでもない読み間違いをして、恥ずかしい思いをしないようにしたいもの。今日は、よく…

「牛車」はぎゅうしゃでOK?意外に間違える日本語の読み10

今回は「説明」に、ちょっと為になるワンポイントアドバイスを入れました。間違いも正せて為にもなる、そんなコラムをどうぞ。1・意訳読み間違いの例いわけ正しい読みいやく意味原文の一語一語にこだわらず、全体の…

「大舞台」だいぶたいで合ってる?みんなが間違える日本語の読み

読み間違いしやすい漢字を集めたコラムは世の中たくさんありますが、何回も見てしまうのは、うろ覚え、覚え切れていないからかと思います。国語教師としては、そのあたりの工夫を凝らしてみたいもの。今日は、例文を…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なんて読んではいけないし、しかもこの言葉は「…

「役務」って正しく読めてる?簡単なのに間違える漢字10選

新元号に変わり「令和」となりました。この「令」という文字は、フォントによって形が違います。万葉集が出典だったこともあり、日本語に興味が集まっているようです。今回も、誰もが知っている漢字を使っているのに…

「一段落」は「いちだんらく」?知らないと恥かく読み間違え10選

元号改正で再び漢字に注目が集まっています。誤読をした政治家が立たされるなど、ヒヤヒヤする場面も。今回は、誰もが知っている漢字を使っているのに、誤読の多いものを選んでみました。1・一家言読み間違いの例い…

合いの手は「入れる」?「打つ」?意外と曖昧な言葉5選

言い回しが何だかとっても似ていて、もうどっちが正しいか分からなくなってしまった言葉はありませんか? そんな言葉の中から、間違いやすい曖昧な言い回しを5つ選んでみました。解説も付けましたので、今日、この5…

「極めつけ」「極めつき」どっちが正しい?うろ覚えだと恥ずかしい言葉10選

日本語の言い回しには、とても似通ったものがあり、きちんと覚えていないと、恥ずかしい言い間違いになってしまうことも。今日はそんな「うろ覚え」な言い回しを10個選んでみました。どうして覚え間違いをしているの…

WORKに関する最新記事