年末の憂鬱?帰省にまつわる「実家ストレス」を避ける方法4つ

年末にやってくる帰省ラッシュ。これってストレスですよね。また実家で過ごす時間がストレスっていう方もかなり多いのではないでしょうか。

そこで40代のみなさんに実家ストレスの避け方を調査してみました。そこで実際に使えそうな4つをピックアップ。迫りくる年末を上手にお過ごしください。

 

その1:無駄な抵抗をしない

実家では、夫のほうはもちろん、自分のほうでも、無抵抗です。

反論だのなんだのでエネルギーを消費したくないんです。

それぞれの家庭の事情もありますから、

おおよそ3日我慢すれば済むことですからね。

 

ストレスにならないといえませんが、

ほどほどに我慢するというか、面倒を引き受けることも

今後の円満なつきあいに必要だと思ってます。

 

どっちでも「はいはい」で済むことがほとんどです。

嫌味を言われようが、毎日一緒に暮らすわけじゃないですから、

あんまり考えませんね。

 

とはいえ実家は妹夫婦が、

夫の実家では弟夫婦が親と同居してくれているんです。

 

そういう事情もあって、

夫は妹の旦那と帰省のたびに飲みに行ってますし、

私は義理の弟の奥さんと飲みに行ってます。

おごりですよ、もちろん!

当然でしょ!

 

労わなきゃいけない人が待ってますから、

私たち夫婦はそっちで気を遣います。

 

ヘタすると親や年始にやって来る親類のおじおばより、

こっちのほうが重要ですし、

大変な気もしますね。

2人ともかなりストレス溜めてるっぽいです。

(47歳・既婚・会社員)

 

その2:あえて傍若無人に振る舞う

両親が他界してますし、

私のほうはせいぜい普段電話も疎かにしているおじおばだけです。

 

でも夫には義母がいますから、

年末年始は帰省します。

 

私たちが結婚するとき、良い顔をしなかった義母なので

居心地は悪いですよー。

理由は私が7歳年上ってことが気に食わなかったんです。

年下の可愛いお嫁さんが良かったんでしょう。

夫には兄がいるんですが、同じ年齢なんです。

そういうのが嫌だったみたい。

理由は不明ですけど、本当は。

 

結婚当初は気にいられるように頑張ってましたが、

もういいです。

気に食わないものは気に食わないっていうことも

多くありますし、それが義母と私なんですよ。

 

だからストレスにしないように普段通りに振る舞ってます。

良くしても、悪く思われるなら、そのままでいいと思います。

 

私がこうなので、義兄のお嫁さんの株が上がってます。

 

それでいいんです。

 

だから少しばかり窮屈でも

ストレスなしで夫の実家をやり過ごしてますよ。

適当に近所を飼われている犬を連れて散歩したり、

コンビニでお菓子とビールを買ってきて食べたりしてます。

ま、大人ですから人数分買ってきますけど。

 

私がこんなだから、

兄嫁さんにストレスがかかってるみたいです。

そこは申し訳ないですね。

兄嫁は義母に気にいられている分、

羽目を外せないみたい。

でも変に気を遣うと、それはそれで問題になりそうなので、

今年はどうフォローすべきか考えてます。

 

しかし夫よ、

アンタの母親なんだから、

自分で母親の機嫌を取りなさい。

義理の兄さんも奥さんにばっかり

ご機嫌取りをさせるのは

やめなさい。

(48歳・既婚・医療関係勤務)

 

続きは次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LIFEに関する最新記事