カンジ悪いなぁ…男が「小耳にはさむ」とウンザリする40代女性のマウンティング3例

 

本人がマウンティングをしているつもりでも、そうではなくとも、男性の耳に入った発言ひとつで「うわー。カンジ悪い女だなぁ」とジャッジを下されていることもあるようです。

職場や飲み会などで、同性を相手に口にした“なにげないひと言”が起爆剤になることもあるだけに、全方位で好感度を上げておきたい40代女性ほど、このあたりの傾向は、肝に銘じておくに越したことはないのかも。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが男性たちから集めた、40代女性のカンジ悪い発言の中から、彼らが「カンジの悪いマウンティング女」のレッテルを貼ったという発言を3選ご紹介します。

 

小耳に挟んだ男性が「マウンティング女」認定した危険な発言1:「○○ちゃんも、彼氏くらいは作ったほうがいいよ〜」

「とある食事会で、40代女性が数人参加していたんですが、その中にひとりだけ彼氏がいない女性がいたんです。

すると、食事中の会話でなにかとその子に対して『彼氏くらいは、つくったほうがいいって』『そうそう。結婚となるとアレだけど、彼氏くらいはね』などと、数人が訳知り顔でアドバイスを始めました。

ぶっちゃけ、40代ともなれば恋愛しなくともそれなりに充実した毎日も過ごせるだろうし、あえて彼を作っていない人もいるだろうに、女性っていうのは、いくつになっても“彼氏がいる”が勝ち組なのか? と気になりましたね。

その会話に入ると面倒そうだったので、僕ら男性陣は聞こえないフリを決め込みましたが、恋人がいるというだけでなんであんなに上から目線になるんだろうか……」(48歳男性/経営)

 

とかく恋愛至上主義になりがちな20代の頃には、“彼氏がいる=勝ち組”的な世界の中で生きてきた女性も、少なくないかもしれません。

しかし40代ともなれば、多様性を重んじ、分別のある発言を意識したい年代。

こういった会話を繰り広げる女性に対して、冷ややかな目を向けている男性もいます。

小耳に挟んだ男性が「マウンティング女」認定した危険な発言2:「バツナシだと、訳ありっぽく見えるしねぇ」

「飲み会で女性同士が話しているときに、バツあり独身とバツナシ独身の間に“見えない壁”が生じているパターンを、何度も見てきました。

たいていの場合、バツあり女のほうがマウンティングっぽい感じで、自己紹介のときやちょっとした会話の中で『バツナシだと、訳ありっぽく見えるしねぇー』などと言いだし、独身女性を牽制するような流れが多いですね。

でも、僕らからすれば、バツありでも難ありな女性ってたくさんいると思っているし、40代くらいだと相手のバツの有無は特に気にしない仲間が多いです。

わざわざ“私は、過去に結婚しました!”と強調して言いたげなあの発言って、いったいなんの趣旨なんですかね?」(42歳男性/SE)

 

婚歴がなく独身生活が長いと「訳ありに見られそう」は、シングル女性が危惧しがちなテーマのひとつ。

しかし、女性が思うほどにはそこにこだわりのない男性も多いことから、あえて強調するかのように発言している様子からマウンティング臭を感じ「性格悪そうな女だな……」につながっているケースもあるのです。

 

〇〇の話を出す女は、幼稚すぎる⁉︎次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク