マットな口元がオバサン?…オトコが引いた40代女性の「流行メイク」3例

 

年末年始は、華やかな装いに身を包みたい場面も増えがちです。

ふだんは自分なりの定番メイクがある40代女性でも、そんなシチュエーションでは「ふだんより、ちょっと“よそ行きの顔”を心がけている」というかただって、少なくないのではないでしょうか。

ところが、そんなせっかくの「おめかし顔」が、男性たちからはすこぶる不評……!という展開も、残念ながら無きにしもあらず。

「もしや、私のメイクも!?」と一瞬、ギクッとなさった40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

この冬、男性たちが「強烈に引いた」と口にした40代女性のおめかし(であろう)メイクの特徴に迫ります。

 

想定外にドン引きを招いた40代女性の冬メイク1:「盛り盛りマツエク×赤マットリップ」の老け見え恐怖

「いい雰囲気で、このところ何度か食事をしている43歳の女性がいます。

この前のクリスマスイブには、張り切って高級ホテルでのディナーを予約してみたんですけど、そこに登場したその子の顔にビックリ!

ふだんはしていない盛り盛りのマツエクに、カサカサした唇に真っ赤な口紅を塗っていて、なんだかすごく滑稽だったんです……。

たぶん、クリスマスディナーのために気合いを入れてメイクしてくれたんだろうけど、ふだんの顔とギャップがありすぎて、正直ドン引きしてしまいました。

いつもより老けて見えたし、どこからどう見ても、ただの“ケバいオバサン”って感じで、こっちが恥ずかしかったです」(42歳男性/経営)

 

華やかな日に備え、マツエクを仕込む40代女性も少なくないけれど、人工的な毛を加えるだけに、付け方やデザインによっては“ふだんより老け見え”を招くのも確か。

また、今年トレンドのマット系リップは、カサついた唇に塗ってしまうと、パサパサ感ばかりが強調され、こちらも老け見えを招くことがあります。

“マツエク×赤”の組み合わせは、仕上げかたによってケバくなる要素を含んでいますので、男ウケを狙う視点では、かなりハイレベルなメイクに。

 

想定外にドン引きを招いた40代女性の冬メイク2:目のまわりが真っ黒!ケバケバオバサン風アイメイク

「仲間うちの忘年会に、今年から付き合い始めた45歳の彼女を連れて行ったんですが……。

ふだんはナチュラル系のメイクで、年齢よりも若々しい印象なのに、その日はなぜか気合いが入りすぎたのか、目のまわりが真っ黒!

遠目では“イイ女風”で確かにキレイなんですが、飲み屋で着席して間近で見てみると、プロっぽすぎてケバさしか感じませんでした。

口の悪い仲間からは、後日『お前の彼女、スナックでバイトしてる系?』とか聞かれちゃったし、あのメイクは失敗だったよなぁ〜と、今でも思っています」(45歳男性/地方公務員)

 

写真を撮るであろう日や、ちょっと“攻め”のメイクで装いたい日には、強めのアイラインや濃いめのアイシャドウが頼りになる存在。

ところが、見た目は美しくても、言いようのない「プロ感」に引いてしまう男性も多い実態に。

40代だと、これに加えてさらに「老けて見える」の落とし穴も待ち構えていますから、おめかしの日でも盛りすぎは厳禁です。

 

パーティー仕様で、やりがちなあのメイク……次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事