あなたはカレのどこをチェックする?私は気になる人のあの部分……【40代・最後の婚活#8】

イトウウミ、44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、極度な人間不信に。突然の開き直りから婚活を再開するも、いまだ難航中。新年を迎えるとともに、独身歴も更新されてしまった。

 

これは、そんな私が「どうして今婚活をしているのか」振り返りながら書いている「セルフ自伝」です。

 

さて、独り身に戻ってからあっという間に1年が過ぎた。

思い返せば、

 

「放心状態」:ボーゼン…

「人間不信」:自分も人も信用できん

「ひきこもり」:独りにしといて

「恨み・つらみ」:BGMは中島みゆき『恨みます』

「自暴自棄」:ええい、どうにでもなっちまえ

 

と、見事なまでに、ショックから立ち直るフローチャートに従って、気持ちが変化した。

 

しかし、人生とは不思議なもの。カチカチに凍りついた心も、きっかけ次第であっという間に溶ける。「恋」未満だけれども「なんかいいかも」と思える出逢い――やさぐれきった私にも、じつはあったのだ。それは…

 

最低限チェックするのはここ!「靴の汚れ」

「お相手のこれだけは絶対無理なポイントって…?」

あるとき、担当編集さんに訊かれた。

 

例えば、編集長アサミさんは「におい」を挙げている(『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』)。

 

私の場合は…「靴の汚い人」――残念ながら“ごめんなさい”です。

「オシャレは足元から」とよく言われる。しかし、私の中では「汚い」=「磨いていない」ではなく、「きちんと手入れをしていない」人。靴墨つけて磨くのは当然、かかとや靴底等総合的にリペアーすることまで含む。

 

靴がくたびれていると、「だらしがない」「いいかげん」な印象を受けてしまう。さらに、細かいところまで気遣いのできない「余裕のなさ」を感じてしまうのだ。

 

エスカレーターに乗ったとき。私は自然と足元に目がいってしまう。すり減りかかとの人、意外と多くないだろうか? オラオラ系? かかと外側が急な人。恥ずかしがり屋さんで内側が坂の人。器用なのだろう、真っ平らにすり減っている人。かかとを見ると、その人の歩き方や性格を想像せずにはいられない。

 

「きちんとしている」=自己管理能力がある

靴がきちんとしている人は、生活もちゃんとしているような気がしてしまう。

 

例えば、歯のメンテナンス。虫歯や歯周病になってから行くのではなく、定期的にメンテナンスしていれば、歯の寿命も長い。まったく同じとは言わないが、靴にもこまめなメンテナンスが必要。昔に比べれば、靴の修理も手軽になった。だからこそ、服やバッグも大事だが、靴も気にかけてあげたいところだ。

 

些細なことを先送りせず、きちんと向き合うところに、履いている方の真面目さが感じられるのかもしれない。

 

あの彼に伝えたいのは「ありがとう」

さて、出逢い物語に戻ろう。

 

私の趣味は音楽。ありがたいことに「打ち上げ」での出逢いがある。婚活パーティーのようにガチではないが、趣味が同じ人が集まっているため、チャンスには事欠かない。

 

そこでも、まずは足元チェックから。「公私混同」とお叱りを受けそうだが、いいのです。メンバーにはすでに婚活宣言済み。皆温かく応援してくれている。そんな中、「なんかいいかも」の彼に出逢った。実のところ、楽しすぎて記憶がない。もちろん、「いいかも」と心が反応したので、靴チェックはパスしている。

 

「居心地いいな」「また会いたいな」

ほわっと温かい、毛布にくるまったぬくい感じがずっとしていたのだ。

 

――あれっ…どうして?

私、結婚できなかったのがあれだけショックだったのに。すっかり忘れて、素でその場を楽しんでいた。

 

残念ながら、お相手の顔はまったく思い出せない。また、連絡先もわからない。ただ、空気がとても和む方だった。感覚的には覚えている。彼とのこれからがどうこう…というのは問題ではない。これでいいのだ。「フラットな気持ちで異性に向きあえた」――それ自体がうれしかった。

 

「婚約破談」で受けたショックを過去のことにできた

そんなきっかけをくれた彼に感謝している。

「女性は過去の恋愛を上書き保存」する――あながち間違いではない気がする。

 

ちょっとした勇気で前を向ける

心にできた傷はなかなか癒えないもの。完治するには、どうしても時間がかかる。また、かさぶたが剥がれても、ちょっとしたことで傷がまたグジュグジュしてしまう。そんなことをくり返す。

 

けれども、自分でかさぶたを剥がせるようになったとき。きっと、そのときこそ、本当に傷が癒えたときなのだろう。

 

傷痕は残るけれども、ぶりかえして膿むことはない。それは、傷を気にして掻きむしったりすることがなくなるから。

 

そんな清々しい気持ちで、新しい年を迎えることができた。かさぶたを剥がすまで、もうちょっと。今年はいい1年になるにちがいない。

 

【毎週火曜17時に連載・つづく】

#1 結婚できないんじゃなくて、しない選択してきたんです!

#2 婚活カードの「性格」って何を書けばいいの?就活みたいな自己分析にウンザリ

#3 「見る目」があるから「結婚しなかった」んです!

#4 ボーダー服を着るオンナはモテないって言われたけれど

#5 しみったれ倹約家も豪快ギャンブラーもみんなケチ!

#6 どうしよう…これじゃあまるで「オカン」じゃない!?

#7 40代独女が猫を飼っていたら婚活は難しいのか?【40代・最後の婚活】

#8 あなたはカレのどこをチェックする?私は気になる人のあの部分……

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

浮気オトコはなんで酔った勢いで「不倫自慢」しくさるの?

イトウウミ44歳。結婚予定の彼に逃げられ再開した婚活も、2年めに突入。あれよあれよと「平成ジャンプ」してしまった。はたして、令和元年にめでたく「令和婚」できるのか!?  これは、結婚目前でふりだしに戻った…

気をつけて!「バツイチ男性のトラウマ地雷」知らずに踏んでない?【40代・最後の婚活#13】

イトウウミ44歳。結婚予定の彼に逃げられ、婚活を再開して2年目になる。私の人生、サクラ満開になるのはいつ? これは結婚目前でふりだしに戻った私が「どうして今婚活をしているのか」――振り返りながら書いている…

40代の恋愛「心地いい」距離のお手本は親…?病気にかかってはじめて気づいたこと

イトウウミ44歳。結婚予定の彼に逃げられたのは1年前の冬。婚活を再開するも苦戦、2度目の寒い冬を過ごしている。もっぱら膝の上にくる猫様たちが恋人だ。これは、結婚目前でふりだしに戻った私が「どうして今婚活…

「既婚なのに指輪をしないオトコ」の割合は?そしてそのあっけない理由とは【40代婚活#11】

イトウウミ、44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、早1年。「結婚しなかっただけ」と開き直り婚活を再開するも、低空飛行を継続中。最近はもっぱら猫様が恋人だ。そんな私が「どうして今婚活をしているのか」振り返りな…

結婚破談のショックで○○へ旅したら…激ヤセと出会いがついてきた?【40代・最後の婚活#10】

イトウウミ44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、早1年が過ぎた。開き直りから婚活を再開するも、低空飛行を継続中。そんな私が「どうして今婚活をしているのか」振り返りながら書いている「セルフ自伝」。今回も1月の…

結婚破談のショックで○○へ1ヶ月旅したら…行くだけで激ヤセ?【40代・最後の婚活#9】

イトウウミ44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、早1年。突然の開き直りから婚活を再開するも、いまだ難航中。「どうして今婚活をしているのか」振り返りながら書いている「セルフ自伝」。今回と次回は1月のオトナサロ…

「猫を飼ってる独身女は結婚できない」ジンクスは本当?私の経験では…【40代・最後の婚活#7】

イトウウミ、44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、間もなく1年。極度な人間不信になるも、突然の開き直りで復活。婚活を再開したが、なかなか芽が出ずいまだ難航中。いったい…なぜ!?これは、そんな私が「どうして今婚…

なんでいつも「いい友達」止まり…?自制する女が知らない間に陥るワナ【40代・最後の婚活】

イトウウミ、44歳。いちどは交際相手と結婚を誓ったものの、突然逃げられ、婚活ふりだしに逆戻り。極度の人間不信になるも、突然の開き直りから婚活を再開し現在に至る。このシリーズは、そんな私が「どうしていま婚…

しみったれ倹約家も豪快ギャンブラーもみんなケチ!【40代・最後の婚活#5】

街も人も1年で最も華やぐこの季節。クリスマスソングがあちこちから聞こえてくると、ウキウキモード全開に! そんな中、何度目か忘れたシングルベルのウミは、なんとなく物憂い気分だった。思いだすのは幸せだった…

ボーダー服を着るオンナはモテないって言われたけれど【40代・最後の婚活#4】

40代半ばにして再開した「婚活」。開き直ったものの、実は「自信のなさ」が空回りしていたことに気がつき始めた。それは、こんな「服選び」にも表れていたようだ。20着は持っている、私たちの定番「ボーダー」私はボ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事