職場で言われて3大ショックだった言葉、この発想でポジティブに

同性の何気ない一言に、ムカつくことってありませんか? 私も、立場が違えば何てことのないはずの言葉に、ときに敏感になってしまうことがありました。しかし、心を乱している場合ではありません。過去の3大ショックと、そのとき「でも、こう考えれば?」ととった転換発想をまとめました。

1・「新入社員の子、あなたの子供みた~い」と言われた

→「私って女性らしくて家庭的だから」

年齢的にも、見た目的にも、「あなたの子供みたい」と言われても、仕方ないことだと分かってはいるけれど、やっぱりショックです。

しかし、傷ついたままでいるだけでは何も変わりません。このようなことを言われたなら、「私って女性らしくて、家庭的にみえるから」と、自分に言い聞かせ、心を落ち着かせましょう。

そして、行動と装いをさりげなく変えてしまいましょう。テンションをほんの少し上げ、実年齢よりも少しだけ若い世代の装いを取り入れてみたり、新入社員との共通の話題をみつけて話を弾ませ、ノリの良い自分をアピールするのです。

例え、言った相手に伝わらなかったとしても、この機会を若返りのチャンスに活用してしまうのです。むしろショックな一言に感謝すべきと心を切り替え、輝きを手に入れてしまいましょう。

2・「最近のファッション、ちょっと頑張ってるね(笑)」

→「頑張ってるんじゃなくて、似合ってるの」

単純におしゃれを楽しんでいるのに、「頑張ってるね」と言われたら、どういう意味か気になりますよね?そんな時は、「このファッション似合ってるのよね」と、心の中で気楽に都合よく考えましょう。

そして、「こういうのも好きなんだ~」、「好きなファッションしないとね」と、それが男性を意識しての装いだったとしても、好きなファッションであることを強調して返すことです。

それでも、頑張ってると言われたなら、「だって、私、これからよ!頑張らなきゃ」と、アラフォー独女のイキイキと負けない頑張りをさらりと笑顔で返せばよいのです。

アラフォー独女にとって、ファッションは重要。独女であるからこそ、オバさんに見られたくない、できればママにも見られたくない。少なからず、そんな願望があるもの。頑張っているつもりはないけれど、キレイでいたい、自由に表現したいと思う気持ちが、自然に表れていることも。

イチイチ気にするのはもうやめて、あなたが素敵に輝いてみえたからこそ、発した言葉、ホメ言葉だと思って、心も外見も自信に満ち溢れたアラフォー独女になっていきましょう。

3・遠まわしに「○○さんの干支ってなに?」と聞かれた

→(私に興味を持ってくれてありがとう!)

友達同士でも、お互いの年齢を知らないこともありますよね。同性代ということが分かっていれば、無理して知る必要もないという人も少なくはないでしょう。

しかし、中には、あらゆる方法で年齢を探りたがる女性もいます。特に職場仲間の場合、会話の中でつかみきれず、ついに、 「ねえねえ、○○さんの干支って何?」と問いかける女性も。

もし、このように聞かれたなら、「〇〇さんの干支は?」と、冷静に返しましょう。ただでさえ、年齢に敏感なアラフォー独女。遠回しな聞き方をする人には、遠回しに対応し、その上で、相手に合わせて答えることです。

そして、「私の存在がそんなに気になるんだ~」、「興味を持ってくれてありがとう!」と、心を切り替え、冷静なアラフォー独女になりきること。相手が自分の干支を言ったならば、あなたも、「私、〇〇年生まれよ!」と、恥ずかしさなどはみずに笑顔で言いましょう。

アタフタしないその冷静さが、女度をあげてくれます。どんな問いかけにも動じない、冷静なアラフォー独女になって、思いっきり周囲を魅了してしまいましょう。

 

さあ、心を楽にできそうですか?イライラしているなんてもったいない。心を上手に切り替えることで、ムカつく気持ちは飛んでいきます。独女である今を楽しんでゆきましょう。

 

(文/ライター・松山加代子)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

心がつらくなったら。ストレスが軽くなる10分の「リフレーミング」を

あー!悲しい、という気持ちで心がいっぱいになってしまったこと、誰でもありますよね。もう涙が枯れるまで泣いたりしたこと、ありますよね?たとえば、大好きな恋人との破…

魔法の1フレーズで激怒もスッと収まる「アンガーマネジメント」

突然ですが、みなさんのメンタルは「健やか」ですか?私たちは生活を続けている限り、さまざまなストレスから逃れることはできません。でもストレスを感じた時に早めになん…

約6割の日本人が間違えている日本語「敷居が高い」

バラエティ番組でもよく見かける「日本語の誤用」。やっぱり日本人だもの、ちょっとは気になりますよね。しかも、誤用には世代差があるらしい? 文章力養成コーチが「よく…

あえて「空気を読まない」。もっとのびのび生きるためのコツ

世に言うKY、つまり空気を読まないで行動することは、果たしてそんなに悪いことでしょうか?ちょっと窮屈に生きているあなた、今までの思い込みや常識を捨てて、むしろ空気…

人生がつらい人は「つらい呼吸」をしている。身体を軽くする呼吸法

「恋人や夫と価値観があわない」「同僚とうまくいかない」など、常に人間関係の悩みを抱えている人。また、「肩と首がいつも痛い」「朝起きたときから背中が重い」など、体…

ねたみや劣等感でいつも苦しい人。つらさをプラスに変換する4つのコツ

いろいろな場面で、誰しもが経験する「どうしてあの人ばかり…」と思ってしまう「妬み」という厄介な感情。このマイナス感情に支配されずに、どうやって上手く付き合ってい…

恋愛力が自然に上がる、マインドフルネス3つの愛ポイント

若い頃は、自分の行動パターンも柔軟に変えることができます。が、仕事に慣れてきて、出会いの機会も少なくなってくると、その数少ない「魅力ある異性」に合わせて色々変え…

出世も未婚も原因に?人生でもっとも大変な「40-50代の危機」を乗り越える

人生の中で、公私共にとても忙しく、もっともストレスが多いとされる中年期。仕事や家族などのさまざまな問題を抱え、精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなる時期で…

10の質問であなたの「幸福度」がわかる…知っておきたい自尊心のこと

人によって、人生に前向きな人と後ろ向きな人がいますよね。その違いは一体なぜ生まれるのでしょう?それは、ずばり自尊感情(自尊心)の程度によります。自尊感情が高いか…

40代にありがちな服迷い。「やってはいけないコーデ」4選

「このイラストを見かけるたび気が引きしまる」「OTONA SALONEを読むのが毎週の禊」と各界で大人気、それが「脱オバサン!」イラストコーデ企画。今回は「真夏に起こりうる40代のオバサン見えファッション」をピック…

おしりリセットダイエット4週間プログラムでダイエットを成功させる!

オトナの女性が気になるパーツの1つが「おしり」。横姿・後ろ姿のキーポイントだし、加齢も出やすい。しかも、実はダイエットに最も深く関係していたのもおしりだったのです。4週間の「おしりリセットダイエット」で…

FPに教わる!40代女性に人気の3つのカンタン貯蓄方法って?

OTONA SALONE編集部で人気のFPの貯蓄方法。今回はその中でも特に人気だった3記事をご紹介します。年収別でお金の貯め方は違った⁉年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ私のところには「無駄遣いを減…

40代が似合わないTシャツはコレ! 失敗しがちな真夏の痛カジュアル5選

歳を重ねるにつれ、一部の人しか似合わなくなってくるカジュアルアイテムのひとつが、Tシャツ。若い時はデニムに合わせるだけでこなれてみえたのに、今白シャツ×デニムなんて着たら生活感が出てしまう……。という人も…

だらしなさすぎ!40代女性がムダに疲れて見えるお痛めNGファッション

40度を超える地域も多く、今年は異常な暑さが続いています。さらに、恐ろしいことにこの暑さ、8月いっぱい続くそう……。そうなると、服もとにかく涼しさ重視だったり、楽さを求めたくなるもの。確かに熱中症にかから…

「人の話を聞かない星座」って?あなたのオレサマ度を一発判定!【オススメ12星座ランキング】

OTONA SALONEで人気の12星座ランキング。やっぱり気になりますよね!今回はいま読まれている12星座ランキングを4つピックアップしました。自分に当てはまったり、アノ人に当てはまったり……。是非チェックしてみてく…

40代の「オバ見えファッション」その痛さの原因はココだった!

毎日酷暑が続いているこの頃、ファッションもついついおしゃれより、涼しさや楽さを優先したくなります。私が住んでいる街も、日中歩くのが嫌になるほど暑いので、つい予定がない日は引きこもりがちに……。そうすると…

天然ボケから浮気しやすい星座まで!あなたは何位?【12星座ランキング】

OTONA SALONEで木曜17時に毎週配信されている「12星座ランキング」。今回は天然や浮気しやすいなどの性格系の12星座ランキングをまとめてみました!性格系12星座ランキング人気記事ベスト4画像をクリックするとペー…

【真夏のオバサンまとめ】もしかしてまだ着てる?40代が「最悪に痛いコーデ」6選

「まだ着ていたら痛い」「男が引くコーデ」。そんな煽りを目にするたびに、私は大丈夫かな……と気になります。そんな「40代オバサン警報」の第一人者、松本小夜香さんの人気記事を6位からご紹介します。「これはヤバ…

その1枚でオバチャン服に!やりすぎ注意の「美白ファッション」

いよいよ夏も本番! 一週間休みを取って海外リゾートへ行く予定の人も、近場の海やプール、山などで短い休暇を楽しむ人も、気になるのが紫外線問題。10代〜20代前半なら、日焼け後も思い出の一つと笑って済ませられ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事