職場で言われて3大ショックだった言葉、この発想でポジティブに

同性の何気ない一言に、ムカつくことってありませんか? 私も、立場が違えば何てことのないはずの言葉に、ときに敏感になってしまうことがありました。しかし、心を乱している場合ではありません。過去の3大ショックと、そのとき「でも、こう考えれば?」ととった転換発想をまとめました。

1・「新入社員の子、あなたの子供みた~い」と言われた

→「私って女性らしくて家庭的だから」

年齢的にも、見た目的にも、「あなたの子供みたい」と言われても、仕方ないことだと分かってはいるけれど、やっぱりショックです。

しかし、傷ついたままでいるだけでは何も変わりません。このようなことを言われたなら、「私って女性らしくて、家庭的にみえるから」と、自分に言い聞かせ、心を落ち着かせましょう。

そして、行動と装いをさりげなく変えてしまいましょう。テンションをほんの少し上げ、実年齢よりも少しだけ若い世代の装いを取り入れてみたり、新入社員との共通の話題をみつけて話を弾ませ、ノリの良い自分をアピールするのです。

例え、言った相手に伝わらなかったとしても、この機会を若返りのチャンスに活用してしまうのです。むしろショックな一言に感謝すべきと心を切り替え、輝きを手に入れてしまいましょう。

2・「最近のファッション、ちょっと頑張ってるね(笑)」

→「頑張ってるんじゃなくて、似合ってるの」

単純におしゃれを楽しんでいるのに、「頑張ってるね」と言われたら、どういう意味か気になりますよね?そんな時は、「このファッション似合ってるのよね」と、心の中で気楽に都合よく考えましょう。

そして、「こういうのも好きなんだ~」、「好きなファッションしないとね」と、それが男性を意識しての装いだったとしても、好きなファッションであることを強調して返すことです。

それでも、頑張ってると言われたなら、「だって、私、これからよ!頑張らなきゃ」と、アラフォー独女のイキイキと負けない頑張りをさらりと笑顔で返せばよいのです。

アラフォー独女にとって、ファッションは重要。独女であるからこそ、オバさんに見られたくない、できればママにも見られたくない。少なからず、そんな願望があるもの。頑張っているつもりはないけれど、キレイでいたい、自由に表現したいと思う気持ちが、自然に表れていることも。

イチイチ気にするのはもうやめて、あなたが素敵に輝いてみえたからこそ、発した言葉、ホメ言葉だと思って、心も外見も自信に満ち溢れたアラフォー独女になっていきましょう。

3・遠まわしに「○○さんの干支ってなに?」と聞かれた

→(私に興味を持ってくれてありがとう!)

友達同士でも、お互いの年齢を知らないこともありますよね。同性代ということが分かっていれば、無理して知る必要もないという人も少なくはないでしょう。

しかし、中には、あらゆる方法で年齢を探りたがる女性もいます。特に職場仲間の場合、会話の中でつかみきれず、ついに、 「ねえねえ、○○さんの干支って何?」と問いかける女性も。

もし、このように聞かれたなら、「〇〇さんの干支は?」と、冷静に返しましょう。ただでさえ、年齢に敏感なアラフォー独女。遠回しな聞き方をする人には、遠回しに対応し、その上で、相手に合わせて答えることです。

そして、「私の存在がそんなに気になるんだ~」、「興味を持ってくれてありがとう!」と、心を切り替え、冷静なアラフォー独女になりきること。相手が自分の干支を言ったならば、あなたも、「私、〇〇年生まれよ!」と、恥ずかしさなどはみずに笑顔で言いましょう。

アタフタしないその冷静さが、女度をあげてくれます。どんな問いかけにも動じない、冷静なアラフォー独女になって、思いっきり周囲を魅了してしまいましょう。

 

さあ、心を楽にできそうですか?イライラしているなんてもったいない。心を上手に切り替えることで、ムカつく気持ちは飛んでいきます。独女である今を楽しんでゆきましょう。

 

(文/ライター・松山加代子)

スポンサーリンク

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

心がつらくなったら。ストレスが軽くなる10分の「リフレーミング」を

あー!悲しい、という気持ちで心がいっぱいになってしまったこと、誰でもありますよね。もう涙が枯れるまで泣いたりしたこと、ありますよね?たとえば、大好きな恋人との破…

魔法の1フレーズで激怒もスッと収まる「アンガーマネジメント」

突然ですが、みなさんのメンタルは「健やか」ですか?私たちは生活を続けている限り、さまざまなストレスから逃れることはできません。でもストレスを感じた時に早めになん…

あえて「空気を読まない」。もっとのびのび生きるためのコツ

世に言うKY、つまり空気を読まないで行動することは、果たしてそんなに悪いことでしょうか?ちょっと窮屈に生きているあなた、今までの思い込みや常識を捨てて、むしろ空気…

約6割の日本人が間違えている日本語「敷居が高い」

バラエティ番組でもよく見かける「日本語の誤用」。やっぱり日本人だもの、ちょっとは気になりますよね。しかも、誤用には世代差があるらしい? 文章力養成コーチが「よく…

人生がつらい人は「つらい呼吸」をしている。身体を軽くする呼吸法

「恋人や夫と価値観があわない」「同僚とうまくいかない」など、常に人間関係の悩みを抱えている人。また、「肩と首がいつも痛い」「朝起きたときから背中が重い」など、体…

ねたみや劣等感でいつも苦しい人。つらさをプラスに変換する4つのコツ

いろいろな場面で、誰しもが経験する「どうしてあの人ばかり…」と思ってしまう「妬み」という厄介な感情。このマイナス感情に支配されずに、どうやって上手く付き合ってい…

出世も未婚も原因に?人生でもっとも大変な「40-50代の危機」を乗り越える

人生の中で、公私共にとても忙しく、もっともストレスが多いとされる中年期。仕事や家族などのさまざまな問題を抱え、精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなる時期で…

恋愛力が自然に上がる、マインドフルネス3つの愛ポイント

若い頃は、自分の行動パターンも柔軟に変えることができます。が、仕事に慣れてきて、出会いの機会も少なくなってくると、その数少ない「魅力ある異性」に合わせて色々変え…

眠りの質を高める。お風呂で簡単マインドフルネス

「禅」の精神がアメリカで研究され、「マインドフルネス」という形になって日本に戻ってきました。グーグル社などトップ企業が社員マネジメントの一環に利用しています。こ…

男性への1000円台からの「ちょっとしたプレゼント」喜ばれる4アイテム

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

なんと風俗で月収100万円、でも税金を払っていないオンナの末路とは|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「税金記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(11月11日…

【ストレスケア】心が疲れたら、この方法を試してみて!寒い時期のストレス解消法5つ

あなたがストレスを感じるのはどんなときでしょうか。仕事が忙しすぎたり、ミスをして自分を責めてしまったり、悲しいことに直面したり…。そんなとき、他のみんなはどんな方法でストレスを解消しているのでしょう?…

【脱オバサン1つ結び】40代女性に人気の「痛くない」ヘアアレンジって?

髪をアップスタイルにしてビシッと決めている人や写真を見て「素敵だな」と思えども、自分ではなかなかうまくいかない……とはいえ職場に行く前に美容院でセットしてもらうというのは非現実的ですし、自分で簡単に仕上…

【着やせ】冬ラストまで着回せるアイテムは?スッキリ見せる4つのルール

朝晩が冷え込むようになり、いよいよ秋本番ですね。慌てて秋服を引っ張り出している人も多いのでは?この秋冬のトレンドは何といっても、おしゃれ初心者でも簡単にレイヤーコーデを楽しめる「ドッキング」と、「異素…

【肩こり】素早く、ラクに痛みを解消するには?自分ストレッチで治す3つの方法

40代働く女性のいちばんの悩みは「肩こり」。その日の辛い症状はその日のうちにスッキリさせたいものですね。オトナサローネではこれまで様々な肩こり解消法を紹介してきましたが、その中でも特に人気の肩こり解消法…

なんとなく不安な「老後のお金」チェックテスト あなたはいくつ当てはまる?

「老後資金に2000万円」という言葉が話題となった、今年の夏。金融庁が公表したレポート・高齢社会における資産形成・管理の内容が各メディアで大きく取り上げられました。このニュースで、老後までに2000万円を貯め…

[PR]

【40代のシワ】ほうれい線、たるみ、顔のシワはどうケアする?人気記事ランキング

40代ともなると、化粧品ではカバーしきれないたるみやシワが出てきます。それらが全くないほうが不自然とはいえ、全て消し去ってしまいたいと思う瞬間もあるのではないでしょうか。今回はシワの原因となる顔のコリを…

【白髪】みんなどうしてる?「白髪カバーアレンジ」から「白髪染め」まで人気記事ランキング

生え際や頭頂部にピヨピヨ生えてくる白髪。まだ白髪染めをする段階でもないだろうと思いつつ、せっせと抜いている人も多いのでは。最近はグレイヘアの流行など、白髪を受け入れる風潮もあるとはいえ、やはり気になる…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事