浅野ゆう子、トレンディードラマの女王が非トレンディーな結婚生活を語るワケ

2018年は、還暦間近の有名人女性の結婚が話題を呼びましたが、57歳で結婚をした女優・浅野ゆう子(以下、ゆう子)が、同じく昨年結婚した阿川佐和子センセイの番組「サワコの朝」(毎日放送)に出演し、プライベートを語りました。

 

80年代に女優・浅野温子と組んでW浅野と言われ、ドラマで高視聴率を稼いでいたゆう子。本当にあの時期は、ゆう子がドラマに1年中出続けていると言っても過言ではないほどの人気ぶり。名実ともにトレンディードラマの女王でしたが、そこに至るまでにゆう子が結構苦労していたことを、この番組を見るまで私は知りませんでした。

 

ゆう子の人生は、トレンディーではなかった

ゆう子の両親は小学校1年生の時に離婚をします。お母さん一人で、働きながらゆう子を育てることは無理だったようで、ゆう子は親せきの間をたらい回しにされます。ゆう子は空気を読む子で、自分は居候という意識をもっており、食事をするときも遠慮しながら食べていたそうです。やっとお母さんと暮らせるようになったのが小学校四年生の頃。ここから中学校に上がるまでの二年間一緒に暮らしますが、芸能界デビューが決まり、ゆう子は単身上京します。

 

アイドルとして売り出したゆう子。最初の二曲はそこそこセールスがよかったようですが、その後伸び悩みます。顔立ちもオトナっぽく、長身で脚が長くてスタイルがいいゆう子は、華奢で小柄、かわいいがいいとされた当時のアイドル像からは、少々はみ出していたようです。

 

女優業に転向したものの、最初は苦労したようです。とあるオーディションを受けたところ、名演出家、久世光彦に「年齢と見た目のギャップがなくなった時、いい仕事ができる」、つまり、年をとったほうが売れると言われたそうです。そのオーディションはあっさり落とされたそうですが、この言葉はゆう子の心の支えとなりました。2時間ドラマに年に2~3本出演する生活が何年か続きますが、フジテレビのプロデューサーから声がかかって出演した「抱きしめたい!」(フジテレビ系)が、制作側も驚く視聴率となり、トレンディードラマとゆう子の全盛期が始まるのです。

 

現在はドラマそのものが苦戦を強いられ、当然製作費も削られていますが、ゆう子は「時代が違う」と抵抗なく受け止めているようです。「私はトレンディドラマの女王だったんたぞと過去を振り返ることはしたくない」とゆう子は言い、その理由を「そういう人をいっぱい見てきたから」と説明しました。ゆう子がそれ以上詳しく説明することはありませんでしたが、過去の栄光が捨てきれず、落ちぶれていった人がゆう子の周りにたくさんいたということでしょう。

 

結婚すると豹変する女性もいる

「冷静なタイプ」とゆう子は自己分析しますが、確かにそうかもしれないと思うのです。ゆう子は「毎日夕飯を作っている」と結婚生活を披露します。しかし、阿川センセイが「結婚生活でラクになったことは?」と質問すると、少し考えて「夫が掃除をしてくれる」と返したのです。

 

ゆう子はオトナとして不自由なく生活してきたわけで、ここで言う「ラクになったこと」とは「夫がいてくれることで、ラクになった」話を聞きだしたかったのでしょう。ゆう子が意図的にそこをかわしたのか、そうでないのかは不明ですが、「夫が掃除をしてくれる」というのは冷静なコメントだと思うのです。トレンディードラマで、ゆう子は都会で颯爽と働き、モテるけれども、恋や結婚に悩む女性を演じ続けてきましたが「結婚最高」とアピールすることは、そういうゆう子を応援してきたであろう、独身女性たちを裏切ることになるからです。

 

日本は結婚して出産しないと、女性として一人前ではないという考え方の強い国です。結婚しない、出産しないことは個人の選択なはずなのに、女性として劣っているからだと考える人は、政治家のオジサンだけでなく、女性にも相当数いると言っていいでしょう。

 

その社会圧が強すぎるからでしょうか、長く独身で、「結婚すれば幸せというわけではない」と言っていた女性が、いざ結婚すると「結婚はいい、結婚してこそオンナは一人前」と言い出すことはあります。環境が変われば意見が変わるのは当たり前なのですが、言い方によっては手のひら返しと言いますか、マウンティングのように感じられなくもないのです。

 

けれど、ゆう子の「掃除をしてくれる」というコメントは、夫のいいところを述べたものであり、「家庭的でいいダンナさんだな」という好感を持って受け止められる。100点満点の答えではないでしょうか。

 

幸福な結婚には、過去の経験も関係している?次ページ

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

飯島直子、あれだけの美人でも「不倫サレる」事態に私たちが考えるべきこととは

飯島や ああ飯島や 飯島や2009年11月12日号「週刊女性」(主婦と生活社)を読んで、芭蕉のごとく、句を詠んだ次第です。同誌は、不動産業を営む飯島の夫がガールズバー勤務の舞台女優との路チューや、女性…

安倍昭恵「あのベルスリーブワンピ」から透けて見えてしまった「お気の毒な境遇」とは

子どもがいじめを苦にして自殺するとか、不登校になるというニュースは数が多すぎて、マヒしてしまった感がありますが、本当はとてもおかしなことだと思うのです。学校で命が奪われたり、教育を受ける権利を無くすこ…

石田ゆり子、イマになって「さみしい」と言い出すその背景を私が歓迎したいワケ

「天海祐希・石田ゆり子のスナック曙橋」(フジテレビ系)という番組をご存じでしょうか?その名のとおり、女優・天海祐希が場末のスナックのママ、石田ゆり子がチーママという設定で、客(ゲスト)を迎えてトークを…

広末涼子、スキャンダル女王が持つ「生まれつきのヤバい才能」とは?

今ではだいぶ下火になった感がありますが、芸能人の不倫が週刊誌を連日騒がせたことがありました。ベッキーなど人気者が続々と捕獲されていったわけですが、「あの人たち」が検挙されないことに、私はひそかに膝を打…

加藤綾子、一周まわって「絶妙にOK」なNAOTOとの非オオモノ婚

元フジテレビアナウンサーのカトパンこと加藤綾子アナと、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのリーダー・NAOTOの熱愛を「週刊文春」(文藝春秋)が報じました。同誌は“婚前旅行”として、二人がスイスの5つ星ホ…

クリステル進次郎「これ以上下がらないくらい好感度低い」2人のさらなる弱点とは?

仕事でも恋愛(婚活)でもいい、「自分を認めてほしい!」「もっと高く評価してほしい!」と思ったら、みなさんはどうするでしょうか?努力をしても、なぜ報われないのか?おそらくOTONA SALONE読者の淑女のみなさま…

西川史子、48歳になっても母親に失恋報告をするオンナの婚活って?

女医でタレントの西川史子が、インスタグラムでご自身の失恋を発表しました。適度にプライベートネタを放り込むあたりに、芸能界を生き抜いてきた西川センセイの才覚を感じずにいられないのですが、私がすげーと思っ…

矢野未希子、「VERY」新カバーガールは時代を変えるのか?

「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」のキャッチコピーでおなじみ、女性誌「VERY」(光文社)。出版不況という言葉が聞かれるようになって久しいですが、そんなのどこ吹く風と売れまくっているようです。矢野…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

LiLiCoは本当にサバサバなのか?「自称サバ女」が抱える深い闇

警察のお世話にならず、仕事をクビにならないというのが大前提がつきますが、1%でも興味があること、もしくは可能性があることはトライしたらいいのではないかと私は思っています。挑戦しないことには成功率0%で…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事