もしかして私、「更年期太り」?納豆ダイエットって効きますか?

更年期と「おデブ」の関係、ご存知ですか?

この2つは深く関係しています。

どうやってこの2つを両立させるかも重要な課題になるのです。

【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】Vol.6、いかがあいなりますことやら…。

 

前回までのあらすじ:「ピンときたダイエット方法はあれこれ迷わず即試す」というポリシーのもと、
ダイエットドキュメンタリー連載を開始した藤井。10/3の第1回では63.8㎏をマーク。先週の第5回『大山式ビギナー 足指パッド』『スリムアップスリム 乳酸菌+スーパーフードシェイク 黒糖きな粉ラテ』の
合わせ技で若干足が引き締まるという効果をご報告しましたが、藤井は今回も元気に足元をすくわれたようです。

更年期がやって来る!ヤァ!ヤァ!ヤァ!

fotolia_111669931_subscription_monthly_m

ダイエット三原則

1.適度な運動「う」

2.質の高い睡眠「す」

3.栄養バランスの整えられた食事「し」

この3つをしっかり守っていても、やってきました停滞期! 開始から1か月の間は、不調こそあれ、とりあえずは体重計の数字がちくちくと減っていったのです。しかし今週は毎日変わらぬ数字を示しています。な・ぜ・だ・?

 

 

ここで気が付いたのが更年期との関係です。47歳だと更年期も不思議ではありません。更年期は太りやすいと聞いたことがあります。つまり女性ホルモンが減っていくのです。

 

女性ホルモンでもエストロゲンはコレステロール値を正常化し、脂肪代謝を促す(偉いぞ、エストロゲン!)ので、脂肪が蓄積し、太りやすい…。ああああ、これだ!これだったのかああ!

 

「おデブ」からの脱出だけがミッションではなく、同時進行で更年期障害軽減対策も重要になります。皮下脂肪も内臓脂肪もこれ以上いりませんし、更年期障害も軽く済ませたいのが本音です。

 

するとカギを握るのはエストロゲン。まだ更年期障害らしい症状は出ていませんが、手を打っておくに越したことはありません。アラフィフはなすべきことが多すぎる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

HEALTHに関する最新記事