白髪を染めずにカバーするには?

40代の髪悩み№1といったら白髪。

黒髪はどんどん元気がなくなっていくのに、白髪は生命力にあふれているかのように太く、目立つのがやっかいです。しかも、頭頂部や顔まわりなど視界に入りやすい場所に生えやすいので、本数が少なくても気になってしまいます。

ありのまま、無理せず自然体に……という「グレイヘア」も話題になっていますが、数十本で悩まされている40代にとっては「白髪染めをやめる」のではなく、「白髪をどうやって隠すか」「目立たなくするか」が課題。

白髪染めをやめてもおしゃれを楽しめるお手本をしめしてくれたことは私たちに勇気を与えてくれましたが、まだしばらくは白髪と闘いたいところ。

そこで、今回は白髪をカバーする方法をいくつかご紹介します。

 

しっかり隠したいなら、やはり白髪染め(グレイカラー)が必要だけど…

 

白髪を隠したいと思ったときにパッと浮かぶのはやっぱり白髪染めですよね。ドラッグストアにもセルフで染められるカラー剤が豊富に並んでいます。

 

白髪染めについては以前、まとめた記事(今さら聞けない白髪染めのこと)があるので参考にしてみてください。

 

簡単に説明すると、今までサロンでカラーをしてきた薬剤と成分や仕組みは同じ。ただ、白髪を黒や茶色に染めるために染料などの配合が異なります。

 

しっかり染まるようにできているので、白くない髪も暗くなり全体がのっぺり見えがち。せっかく白髪を隠してもオバさんっぽくなってしまうかも……。

 

もちろん、薬剤も進化しているのでカラーバリエーションも豊富になっています。昔のように暗い色しかできないわけではありませんが、一般的にはツヤがあまりなく暗くなりがち。

 

「白髪がちらほら」くらいなら、次の方法を選択肢にいれてみてください。

 

1・白髪がのびてもごまかせるハイライト

白髪を染めても2~3週間もすれば、根元に白いものが目立ってきますよね。これがストレス!

 

前述のようにおしゃれ染めと白髪染めの仕組みは同じなので、今まで使っていたおしゃれ染めでも染まらないわけではありません。薬剤のブレンドの仕方で白髪以外の髪となじませることも可能。

 

どうしても白髪部分は明るく見えるので、それを利用しておしゃれな立体カラーを楽しんじゃいましょう。ベースよりも明るい色を筋状に入れる「ハイライト」で陰影をつければ、白髪が目立ちにくくなります。伸びてきてもごまかしやすくなりますよ。

 

白髪の量が多い人はそこだけ白髪染めにする塗り分けもできるので、担当美容師さんに相談してみてください。

 

ハイライトだけでなく、ベースよりも暗い色を筋状に入れる「ローライト」もあわせるのも手。白髪が目立たないだけでなく、ボリュームが減ってペタンと見えがちな髪も立体的に。

 

ひとつ結びにしたときもおしゃれに決まります。

 

2・長めヘアならグラデーションに挑戦

ミディアムやセミロングなら毛先にかけて髪色が明るくなるグラデーションカラーを楽しむのもあり。白髪が目立ちやすい根元はしっかりと染め、毛先にかけてすこーし明るくしていけば動きと軽さが出ます。

 

白髪があるからおしゃれなカラーが楽しめないという時代ではありません。白髪を上手に利用して遊びのあるスタイルに挑戦してみて。

 

3・アレルギーが心配ならヘアマニキュアやヘナ

ジアミンアレルギー、アルカリアレルギーの人は白髪をあきらめないといけないのか…というとそうではありません。ヘアマニキュアやヘナの選択肢があります。

 

ヘアマニキュアは髪の表面に色をつけるだけなので、内部までは染まりません。色持ちはよくありませんが、ダメージが少なくツヤのある髪に仕上がります。ただ、髪を明るくすることはできません。

 

ダメージが少ないのでセルフでも安全と思いがちですが、頭皮や首になどについてしまうとトラブルが起きないとは限らないので細心の注意が必要です。できれば、ヘアサロンで行いましょう。

 

ヘナはインド原産の「ヘンナの葉」を使った染色方法。天然のカラーリング剤として人気ですが、落とし穴も。

 

ヘナ100%のピュアヘナはオレンジ色に染まります。そのため、カラーバリエをつくるためにインディゴなどを混ぜているものもあります。色つきのヘナはジアミンが使われている場合もあるので、アレルギーがある人にはトラブルが起こる可能性があるのです。「ヘナだから安心」とは思わずに、きちんとチェックをしましょう。

 

マニキュアもヘナも100%安心ではないので、皮膚科やサロンで相談を。

 

隠すだけでなく生やさないためのケアも大切

一度白髪が生えたらどんどん増えるだけ…と諦めていませんか? 白髪の原因はまだまだわからないことも多いのですが、頭皮の血行不良が原因のひとつ。カチコチかたい頭皮では白髪が増えてしまうかも。頭皮マッサージやブラッシングで血流アップを心がけましょう。

 

頭皮ケアの方法はコチラを参考にしてみてください。

 

・ハリのある髪を育み、汚れもオフしやすくなるブラッシング方法はコチラ

・たるみも改善!頭皮ケアはコチラ

 

 

最近はカラートリートメント剤も豊富に出ていますが、色が少しつく程度なので応急処置程度になってしまいます。気軽に使えて髪も傷みにくいというメリットはありますが、完全に染まることはありませんし、サロンでカラーをしたいときにうまく染まらないということが起きます。

 

サロンで染める際は、「自分で染めた」「カラートリートメント剤を使っている」などセルフケアを申告することを忘れないでくださいね。

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ゴムだけ簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

本格的なヘアアレンジにピンが必要なのは分かってる、けど持ってない……。そんな女性、実は意外と多いと思うんですよね。私も髪をのばしていた時期がありましたが、ゴムは数…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代は【かき上げ前髪】×【耳かけ】で秋ヘアがとびきり素敵に見える!

ファッションにあわせてヘアも衣替えをするとき。がらりとイメージを変えるのは勇気がいるけれど、カラーや毛先の動きをチェンジするだけでも雰囲気は一新できます。40代女性を素敵に見せる「かき上げ前髪×耳かけヘ…

【くるりんぱ】が進化中!簡単1分で「ナナメりんぱ」「ハーフりんぱ」ヘアアレンジ

「くるりんぱ」と命名した人はどなたか存じませんが、今やこれ以外考えられない!というほどの絶妙なネーミング。正直、ここまで浸透するとは思っていませんでした。もちろん、アレンジとしては「その手があったか!…

いつもの「ゴムだけ結び」を1分で上級に!くずしひとつ結び・横くるりんぱアレンジ3選

夏は髪をおろしていると、汗で首にはりついて不快になりますよね。見た目にもスッキリとまとめたほうが、涼しげです。そこで、今回は巻かずにおしゃれに見えるひとつ結びや、くるりんぱを応用したアップスタイルをご…

「正しい髪の洗い方」知ってた?抜け毛、頭皮のニオイを防止するシャンプーのやり方4ポイント

美肌も美髪も一日にして成らず。日々のお手入れが欠かせません。そのお手入れも実は特別なことではなく、「正しく洗う」ことだけ。でも、この「正しく洗う」ことができていない人が多いのが現実です。子どものころ、…

【ミディアム】うねり、ぺたんこオバ髪は「動き」でカバー!若見え3スタイル

ボブやショート人気におされ気味のミディアムですが、女っぽさを表現するにはもってこいのレングスです。また、ある程度長さがあることで加齢による髪悩みもカバーしやすい利点もあります。ひとつ結びなどまとめ髪に…

【ショートボブ】40代は毛先の動きで「おばさんショート」回避!人気ヘアカタログ

40才を過ぎると髪を短くする人が多い、という話を美容師さんからよく聞きます。たしかに40才以上をターゲットにしたヘアカタログでは、ロングよりもショートの割り合いが多くなっていますし、周囲を見渡せば短めヘア…

40代ミディアムのすっきり簡単まとめ髪 広がる・うねる髪のヘアアレンジ3選

ボリュームが減ってくる年代なのに、この時期は髪が広がり扱いにくさが倍増。朝、きれいにまとめたつもりでも昼頃にはうねうね、ちりちり……ってこと、ありますよね。梅雨の時期はダウンスタイルをあきらめて、まとめ…

40代でもモテる髪って?9つの【NGシャンプー習慣】と正解ヘアケア

40代にもなると大っぴらに「モテたい!」とは言えない雰囲気ですが、独身女性であればまだまだ出会いを期待するわけです。オトナサローネでは編集長の婚活記も盛り上がりをみせていて、いくつになっても素敵な恋がで…

【オバ髪】は「生え際」のコレが原因!40代の白髪・うねり・パックリ割れの隠し方は

今、まさに私も悩んでいる生え際の白髪とうねり。湿気の季節到来で、とくにうねりが強まってきています。生え際は鏡を見たときに目につく場所であり、人とのコミュニケーションの場でも相手からよーく見られてしまう…

40代は「毛先だけパーマ」で若見え!ボブ・セミロング・ショート、2019夏ヘアスタイル4選

髪に元気がない、ボリュームが減ってきた、髪がうねってまとまらない。30代後半から徐々に感じはじめる髪の変化。老け見えする要因でもあるぺたんこ髪問題は、40代女性にとって大きなテーマです。問題解決には日々の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事