頭皮がたるむと5歳老け見え?40代マスト「カンタン頭皮ケア」3つの新意識

アラサー女子たちの悩みは目元のシワが多いようですが、アラフォーになると気になるのはほうれい線。年々深くなってきたなと感じるにっくき線は頬のたるみが原因です。

ハリを出す美容液やクリームを使ったり、マッサージをしたりたるみケアには気をつかっていると思いますが、忘れてはいけないのが頭皮のケア。

ご存じの方も多いと思いますが、顔の皮膚と頭皮は1枚でつながっています。顔だけ一生懸命ケアをしても頭皮がたるめば顔もつられてたるみます。

パッと目に入る顔のお手入れを入念にするのは当然のこと。頭皮にまで手が回らないという人でも毎日コツコツできるケアを紹介します。特別なことではなく、日常にちょっと加えるだけ!

 

1・「シャンプー前のブラッシング」はつむじを意識して!

下向き洗いは老け見えの原因になるので今すぐやめて!

髪のからまりをほどき、毛穴や髪についた汚れを浮き上がらせるブラッシング。すでに実践している人も多いと思いますが、頭皮を適度に刺激するので血行促進にもぴったりです。

髪のからまりをほどいたら、つむじに向かって下から上へブラシを動かすのがポイントです。たるんだ頭皮を持ち上げるような気持ちで行って。

使うブラシはクッション性の高いパドルブラシがおすすめです。

1分もあれば全体のブラッシングは完了するので簡単ですよね。毎日の習慣にすれば頭皮のコリやむくみもやわらぎますし、汚れのつまりもオフできて健やかな頭皮に。

シャンプー時に気をつけたい点をひとつ。

下を向いて洗う人はあまりいないと思いますが、顔を下げて洗うのはたるみの原因になるのでやめましょう。シャンプーやコンディショナーを流すときも顔は上向きに!

 

2・頭皮マッサージは「すき間時間」で習慣化して!

ストレスや睡眠不足は頭皮に現れます。

 

親指とひとさし指で頭頂部の頭皮をつまんでみてください。頭皮が動かない、痛いと感じる人は頭皮のコリやむくみがある証拠。

 

最近はパソコンやスマホの長時間使用もあり、後頭部から首がこっている人も多いですよね。

 

放っておくとおでこのシワや顔全体のたるみにつながります。もちろん薄毛や白髪など髪にも影響が。「髪は血余」といわれるように、血の巡りがよくエネルギーに満ち溢れているほど美髪が保たれるので、カチコチ頭皮は薄毛の原因になってしまうのです。

 

マッサージというと時間をかけてやらなければと思いがちですが、私は電車に乗っているときやカフェでお茶をしているとき、パソコン作業の合間などスキマ時間に頭皮をつまんだり、こぶしでグリグリと押すようにしています。

 

気がついたときに頭皮を刺激するだけでも、コリがやわらいでスッキリ。

 

ストレスがたまっているなと感じたときは頭頂部や生え際を、目が疲れたなというときはこめかみと後頭部を中心にマッサージをしています。

 

もっと手軽なのはシャンプーのときに指の腹をつかってもむこと。時間に余裕があれば、手をグーの形にして第2関節でグリグリと痛気持ちいい圧で刺激をしてあげると効果的。

 

頭皮のコリが解消されれば巡りがよくなり、髪にも顔にもいいことだらけ!

 

3・40歳過ぎたら「ヘアUVスプレー」は1年中使って!ツヤ感タイプが一石二鳥

 

夏が過ぎるとおろそかになりがちな髪と頭皮の紫外線対策。頭皮は毛髪である程度守られているので、髪が薄くなってきている人ほど意識して行いたいもの。

 

顔の肌と同様、紫外線ダメージは頭皮の乾燥を招き、弾力を失ってたるみを引き起こします。頭皮用の美容液などで保湿も行いつつ、秋以降も紫外線から守るケアを続けてください。

 

通年、日傘をさしている人も見かけますがそこまでできないという人はスプレーが便利。

 

私が最近使っているのはこちら。

アリミノのスプリナージュ UV シャワー。髪にツヤも出るので、使い始めてから「ツヤツヤしてるね」と言われるように。

髪と頭皮だけでなく肌にも使えるので首周りも一気にUVケアできるのがいいところ。

 

頭皮用のUVスプレーが増えてきているので、ぜひ活用してみてください。

 

頭皮のたるみケアは顔のたるみ予防につながるだけでなく、薄毛や白髪などのエイジング毛対策にもなります。生えてきた髪を戻すことはできませんが、これから生えてくる髪のために今からでも遅くはありません。気づいたときがはじめどき!

 

負のスパイラルをたちきり、上向き肌、ツヤツヤ髪を目指しましょう。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

オバさん見えする髪には「うねり」あり。40代の乾燥ヘア対策6つの心得

手の甲や足がカサカサしはじめ、そろそろ乾燥対策をしなくてはと思い始めている今日この頃。肌が乾燥しているということは、頭皮も髪も乾いているわけです。それでなくても、年齢のせいでパサつきやうねりが目立って…

前髪ナシでも小顔に見える!40代のボブ&ショート3選

年を重ねても「小顔になれる」というのは魅力的なワードではないでしょうか。OVER40になると、フェイスラインのたるみも気になり、ただ顔が小さく見えるよりもリフトアップ効果もほしいところ。日々のマッサージやハ…

薄毛が気になる40代女性は「パックリ分け目」を隠して!簡単3つのテクは?

髪がやせてきた、手触りが悪い、スタイルが決まらなくなってきた……。年々感じる髪の老化。毛量の多さに悩まされてきた私も、最近はボリュームが減ってきたなと感じ始めています。電車に乗っていると座っている人達の…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッとできるお手軽アレンジとしてはやっぱりハ…

髪が多い・硬い人。スクリューピンなら「おしゃれまとめ髪」が簡単に!使いこなしテク

おだんごなどアップヘアに欠かせないアメピン。「さす方向がわからない」「させたと思ってたのに浮いてきた」「ピン1本では留まらない」など、簡単そうで扱いが難しいアイテムです。たしかに「ピン1本でOK」と書かれ…

まとめ髪が「疲れたオバさん」にならない40代のヘアアレンジって?

結婚式などお呼ばれの際はヘアサロンでセットをお願いするという人は多いと思います。40代になると同窓会のためにセットにくる人が増えるんだとか。張り切りすぎるのは恥ずかしいけれど、いつも通りも「オバさんにな…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右するのは前髪(顔まわりも含む)だし、もちろ…

暑いけど寒い!「冷房疲れ」のだるさを予防するあたためワザ5つ

例年、昼間しかクーラーを使っていなかった私もさすがにこの暑さには勝てず、ほぼ1日中クーラーを使っています。電気代を見るのが怖いのですが、一番怖いのは体の冷え。冷房による体のだるさを感じている人も多いの…

話題のパウダースタイリング剤。果たして「40代のオバ髪」を救えるのか!?

40代の髪悩みといえば白髪と薄毛(ボリューム不足)。私も白髪には悩まされ、定期的にサロンで染めてもらっていますが、次々と生えてくる白髪に追いつかなくなっている今日この頃…。毛量が多く、まだボリューム不足…

若づくりは痛い! 40代「オトナのポニーテール」の正解とは?

40代になって凝ったアレンジをすると「ムリしちゃって」「若づくりじゃない?」と思われそうで、無難なひとつ結びに落ち着いてしまいがち。素敵に見えるアレンジはないかとテレビや雑誌で日々、40代の芸能人やモデル…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事