昇進すると“自由”になれる!? 負のイメージを凌駕する「女性管理職」のメリット

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。今回のテーマは、組織のマネジメント力が試される「管理職」。管理職への昇進は、それだけ会社が自分の能力値を高く評価してくれている証でもあります。ところが何故か世間が持つ管理職のイメージは、どこかネガティブなものばかり。これではキャリアアップに興味があっても、気が引けてしまいますよね。せっかく新しい門出も迎えたことですし、この辺りで「管理職」に対するイメージを180度変えてみませんか?

「女性管理職」に対する意欲は上昇中!

実は先日、私の友人から「職場で昇進の話が出ている」と相談がありました。大変喜ばしい話だと思ったのですが、当の本人はあまり嬉しくなさそう。話を聞いてみると、「管理職に就いたら、私生活を犠牲しなきゃいけない」「余計な気苦労も増える」「特に女性の管理職は、何かと面倒くさい」など様々な不安が募っているようです。

 

実際、彼女と同じような印象を持つ人は多いでしょう。昨年エン・ジャパンが発表した「管理職への志望度」調査によると、6割以上の女性が「管理職に興味がない」と回答しています。その理由については、「プライベートの時間がなくなりそう」「仕事の責任を増やしたくない」「人間関係の調整に時間を取られそうだから」などが上がっていました。

 

一見多くの女性が管理職に後ろ向きであるように思いますが、裏を返せば約4割の女性は“管理職に興味がある”ということ。実はこの割合は、過去と比べて大幅に上昇しています。

 

一昨年のキャリアインデックスによる「仕事実態調査」では、女性450名に対して「管理職になりたいか」についてアンケートを実施。結果は「管理職になりたくない」という女性が大半を占め、「管理職になりたい」と答えた女性はわずか12.7%でした。

 

管理職には“自由”が待っている!?

同調査の数値と比べると、今回の「4割」という結果はかなりの大進歩。マイナスな印象こそあれど、管理職への意欲は上昇傾向にあることが分かりますよね。つまり管理職には、ネガティブな印象を凌駕する“ポジティブな面がある”という訳です。

 

そこで今度は、管理職のメリットについてリサーチ。無難な一例を挙げると、「部下の成長にやりがいを感じる」「自分の視野が広がった」「給与が上がった」などのメリットが。一方個人的に意外だったのが、「時間に縛られず、自由に動けるようになった」「自分がやりたいことに取り組めるようになった」という回答。責任が増える分“会社に縛られる”イメージが強かったので、「自由に動ける」というのは想定外でした。

 

他にも「自分で決められることが増える」「1人では出せない成果が出せる」など、多くのメリットが存在する管理職。私たちが見ている管理職のイメージは氷山の一角でしかなく、「管理職=嫌なことだらけ」という考え方はただの固定概念でしかないのかも。まずは1歩踏み出してみて、そこから新しいやりがいを見つけるのも面白そうですね。

スポンサーリンク

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

続柄は「ぞくがら」じゃないの?みんなが間違えている読み方10選

この前、「続柄」を「ぞくがら」と読む声が聞こえ、ちらっと横目で見てみると、ちゃんとした大人の女性でした。こうして訂正される機会がなかった人って、結構多いのだろう…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

隣りの芝生が青く見える… 悩める40オンナを作り出す「ミッドライフクライシス」

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。働く者なら誰もが抱える「仕事の悩み」。エン・ジャパンのあるアンケート調査によると、働く女性の97%が「仕事の悩みが…

「年齢のせいにするな」 小柳ルミ子から学ぶ“おしゃれ更年期”の乗り越え方

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日カフェでお茶をしていたら、20代の女の子が「もう年だからミニスカ履けない~」と友達に話していました。それを聞い…

NEWS増田「歌ってる人キライ」 “ライブで合唱する客”にテゴマスが本音!

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。音楽ライブでよく議論になるのが、“お客さんの熱唱問題”。アーティストの歌を聴きに来ているのに、「隣の人が熱唱して台…

オンナの加齢は罪?“若さに固執する”より“素敵に老いる”方法を考えろ!

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。実は最近友人が誕生日を迎えたのですが、喜ぶどころか「もうこんな歳になっちゃったよ…」とぼやいておりました。小さい…

“たばこメーカー”は超穴場物件!? 年収で見る「オトコ選び」のコツ

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。誰もが一度は聞いたことのある「愛があればお金なんて…」という言葉。「愛」は物差しでは計れないけれど、「お金」は計…

近藤春菜が激論!「美人は3000万得するって本当…?」残念ながら…

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。長年、巷で議論を交わされ続けてきた「美人は得か損か」問題。つい先日もハリセンボン・近藤春菜さんと脳科学者が大激論…

7人に1人が「年下上司・女上司はやりにくい」と思ってる。でもそれ本当にやりにくいの?

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日ネットサーフィンをしていたところ、エン・ジャパン株式会社の「年下上司・女性上司」に関するアンケート調査が目に…

会議の暗黙ルールに喝! 「会議は30分以内をルールにした」というツイートに称賛の嵐

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日Twitterをチェックしていたところ、気になるツイートを発見。ある社長の「会議は30分以内をルールにした」という投…

Queenは少女漫画!? 70~80年代少女漫画に登場する綺麗すぎるオトコたちの原点

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。大ヒット公開中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」の巨大なポスターを横目に、私が思い出したのはネット上で盛り上がって…

人脈なんて言葉を使っている奴はクソ!? 林修先生が語る人脈論に感銘の嵐!

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。私が最近気になったトピックは、「人脈なんて言葉を使っている奴はクソ!」という過激な一説。11月11日の「林先生が驚く…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事