昇進すると“自由”になれる!? 負のイメージを凌駕する「女性管理職」のメリット

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。今回のテーマは、組織のマネジメント力が試される「管理職」。管理職への昇進は、それだけ会社が自分の能力値を高く評価してくれている証でもあります。ところが何故か世間が持つ管理職のイメージは、どこかネガティブなものばかり。これではキャリアアップに興味があっても、気が引けてしまいますよね。せっかく新しい門出も迎えたことですし、この辺りで「管理職」に対するイメージを180度変えてみませんか?

「女性管理職」に対する意欲は上昇中!

実は先日、私の友人から「職場で昇進の話が出ている」と相談がありました。大変喜ばしい話だと思ったのですが、当の本人はあまり嬉しくなさそう。話を聞いてみると、「管理職に就いたら、私生活を犠牲しなきゃいけない」「余計な気苦労も増える」「特に女性の管理職は、何かと面倒くさい」など様々な不安が募っているようです。

 

実際、彼女と同じような印象を持つ人は多いでしょう。昨年エン・ジャパンが発表した「管理職への志望度」調査によると、6割以上の女性が「管理職に興味がない」と回答しています。その理由については、「プライベートの時間がなくなりそう」「仕事の責任を増やしたくない」「人間関係の調整に時間を取られそうだから」などが上がっていました。

 

一見多くの女性が管理職に後ろ向きであるように思いますが、裏を返せば約4割の女性は“管理職に興味がある”ということ。実はこの割合は、過去と比べて大幅に上昇しています。

 

一昨年のキャリアインデックスによる「仕事実態調査」では、女性450名に対して「管理職になりたいか」についてアンケートを実施。結果は「管理職になりたくない」という女性が大半を占め、「管理職になりたい」と答えた女性はわずか12.7%でした。

 

管理職には“自由”が待っている!?

同調査の数値と比べると、今回の「4割」という結果はかなりの大進歩。マイナスな印象こそあれど、管理職への意欲は上昇傾向にあることが分かりますよね。つまり管理職には、ネガティブな印象を凌駕する“ポジティブな面がある”という訳です。

 

そこで今度は、管理職のメリットについてリサーチ。無難な一例を挙げると、「部下の成長にやりがいを感じる」「自分の視野が広がった」「給与が上がった」などのメリットが。一方個人的に意外だったのが、「時間に縛られず、自由に動けるようになった」「自分がやりたいことに取り組めるようになった」という回答。責任が増える分“会社に縛られる”イメージが強かったので、「自由に動ける」というのは想定外でした。

 

他にも「自分で決められることが増える」「1人では出せない成果が出せる」など、多くのメリットが存在する管理職。私たちが見ている管理職のイメージは氷山の一角でしかなく、「管理職=嫌なことだらけ」という考え方はただの固定概念でしかないのかも。まずは1歩踏み出してみて、そこから新しいやりがいを見つけるのも面白そうですね。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事