若見えの極意ココにあり⁉︎ 「気づけばおばさん」を回避する目周りのちょこっとメイクテク3選

 

きちんとメイクをしている女性でも「なんだか、オバサンくさい」「あの人って、生活感のあるオバサンにしか見えないよね」などとざんねんな印象を周囲に与えていることも、しばしば。

せっかくメイクをするならば、40代なら「マイナス3歳見せ」くらいは狙いつつ、みずみずしい清潔感のある仕上げを心がけていきたいところです。

自分ではそのつもりがない「気づけばオバサン」「うっかりオバサン見え」を防ぐためには、ちょっとしたメイクテクを取り入れると安心。

「私も気づかぬうちにオバサン見えしていたら、イヤだなぁ」と感じた40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、意図しない“オバ見え”を防ぐために、デイリーメイクに取り入れておきたい、目まわりメイクのポイントにまつわるお話です。

 

「うっかりオバサン」「気づけばオバサン」を防ぐメイクテク1:眉尻は短めかつ細めに

40代になると、トレンドにあまり縛られず、定番の眉デザインが確立している女性も少なくないものの「眉尻が長い×全体的にもっさりしている」の2要素が入ってしまうと、途端に生活感のある表情に見えやすいのも否めません。

いわゆる「老け顔」に見えやすい40代女性の眉は、“長めに描いている”共通点も珍しくなく、さらに、太眉ブームの名残から、眉尻を丸め、または太めに描きあげている眉も目立ちます。

眉尻長め眉に慣れていると眉を短めに仕上げるのに違和感を覚えますが、むしろここは潔く小鼻と目尻をつなぐラインを意識した“黄金比”の原則に立ち返るくらいのほうが、若見えテクに。

さらには、眉尻は眉頭や中央部分と比べて細めに描くほうが、スッキリした印象になり、もたつきのある生活感を防ぎやすくなります。

 

「うっかりオバサン」「気づけばオバサン」を防ぐメイクテク2:短めに仕上げるアイライン

年齢を重ねるごとに目のまわりが過去の自分と比較して「ぼんやりしてきた!」にお心当たりがある女性も、少なくないのではないでしょうか。

実際、目がくぼんだり目まわりの肌に“くすみ”が出てきたりと、印象が弱まる女性も多く、これらをフォローするにはアイラインが大活躍するのは間違いありません。

しかしここでやりがちな“オバ見えテク”のひとつが、必要以上に濃いめまたは太め、長めになっている「××すぎるアイライン」。いずれの仕上げも“やりすぎ”になった時点で、ケバさや古臭さからの一気にオバ見えを加速させる要因です。

オバ見えを確実に防ぐべく取り入れたいのは、やや短めに仕上げるアイライン。

目尻を必要以上にはね上げたり伸ばしたりすることなく、目のサイズに沿って目尻ギリギリまでで止めてしまうくらいのほうが「ケバい印象を回避しつつ、必要なインパクトは出しやすい」仕上げを狙えます。

 

トレンドは鵜吞みにせずに、取り入れ方を少し変えましょう!

スポンサーリンク

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、…

オススメ!白髪染めを市販の「ヘアマニキュア」に変えてわかった5つのメリット

40代ともなると、大きなテーマの1つとして急浮上するのが白髪問題。他の人の白髪率なども気になってくるお年頃なのか、私自身もこの1~2年の間に「もしかして、まだ白髪出…

「自分で見えない部分」の白髪に困る人、3COINSで今すぐコレ買って!

ひろたかおりさんの【男の本音】で取り上げられていましたが、男性が気になっているのはスタイルよりも髪の毛とのこと。女性よりも背が高い人が多いわけですから、立ち話な…

もう失敗しない!「白髪染め」色選びは肌タイプより〇〇が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの…

痛すぎる!「大人の関係」を男に後悔させる40代独女にありがちな振る舞い

40代の男女関係ともなれば、“大人の関係”、つまり肉体的な関係を結んでいる人も珍しくありません。「男女間において、カラダの相性は大事」という人もいれば「そういう関係になってみないと、本当の相性はわからない…

40代でもけっこう多い!「都合のいい女」にされがちな40代独女の特徴

40代になっても、残念ながらも男性から、“都合のいい女”として扱われてしまう女性もいます。真剣恋愛をしているつもりなのは女性だけで、男性は結婚なんて毛頭考えてもいなければ、女性の幸せなんてお構いなし……なん…

ねぇそれ感じ悪い! 40代がやりがちな「愚痴のつもりが恋愛自慢話」3選

友人と他愛もない話をしているときに、最初は愚痴だと思って聞いていたら、いつの間にか自慢話になっていた……という展開に、お心当たりがある女性も多いはず。女性は“共感”で親しくなるという説もあるだけに、自慢話…

寝不足ですか? 40代の目を「腫れぼったく見せる」デンジャラスな秋アイシャドウ3選

そろそろ、本格的な秋仕様のメイクにシフトさせている40代女性も多いころ。残暑厳しい折だけれど、メイクに季節感を重んじる女性ほど、すでに秋の新作で装っていることと思います。でも、秋色アイシャドウには40代の…

40代の髪「コレはさすがに…」と男が心底引いたダメな髪の特徴3選

40代の髪は、加齢に伴うアレコレのお悩みがつきもの。白髪に薄毛、髪質の変化など、個人差はあれど、若い頃とは異なる自分の髪に、人知れずため息……な女性も増える年代です。だからこそデイリーのヘアケアにも気合い…

【40代の薄毛問題】は賢く解決! おすすめの「プチプラ」アイテム3選

加齢による髪の減少を感じると「高価なシャンプーを使わないとダメかも?」とも思いがち。けれど、高いアイテムを使ったからと言って、必ずしもお悩み解決に至らないから「美容って難しい……」と感じていらっしゃる女…

結婚前提だった男が萎えた!40代独女が発した「親の介護」にまつわるセリフ3選

交際初期には「結婚前提」で考えていても、お付き合いを重ねていくなかで「やっぱり、この人との結婚はナイな」となるケースも少なくありません。最初はラブラブでも、時間の経過とともに気持ちが変わってしまうのは…

【男の本音】デートで「オバチャンだな…」と男が感じた40代女性の些細な振る舞い3選

デートの最中に、ちょっとした振る舞いをしてしまったばかりに「ああ。オバチャンだな……」とお相手を興ざめさせてしまえば、40代女性には残念なお話。しかし、どんなに好印象を狙っていても、ふとした拍子に幻滅され…

【40代の秋リップ】老け見えする危険なリップはコレ!覚えておきたい脱オバテクとは?

そろそろメイクも、秋支度を心がけたい今日この頃。この秋も、夏と比べてこっくりとした発色のリップが数多く揃ってきて、40代でも使いやすいトレンドがわんさかな印象です。他方、発色の強い口紅は、場合によっては…

「大人の関係」になったあと、二度と連絡が来なくなる40代独女の傾向

身体の関係をもったあとに、残念ながらも二度と男性からの連絡がこなくなってしまう40代女性もいるのが実情です。将来を見据えて、そういう関係になったのに、目論見が外れてしまう40代女性の傾向とは、いったい……!?…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事