30代までは許されても…婚活するなら40代は「やめておくほうが無難」なこと3選

30代までも漠然と婚活をしていたけれど「40代のうちに結婚したいし、そろそろ本気で婚活モードになろうかな」と思っているかたも少なくないと思います。

結婚はご縁とタイミングが大きいだけに、どんなに気合いを入れていても「出会えないときには出会えない」ものでもありますが、出会えているのに自らの言動のせいでチャンスを逃してしまうのはざんねんすぎる展開。

40代の婚活では、男性の見る目も30代女性へのそれとは異なることもあるだけに「これはやめておくほうが無難」なポイントも。

今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが男性たちから聞いた、“40代で婚活するならやめておくほうが無難なこと”を3選お話しします。

 

30代まではアリでも…40代の婚活でやめておくほうが無難なこと1:自分の理想を遠慮なく口にする

結婚となると一生のことなので、理想は明確に示しておくに越したことはありません。

しかし実際に「年収はいくら以上で、仕事ではこんな立場、身長はこのくらいで、顔はこんな人がいい!」と、40代女性が“本気の理想像”を口にすると、冷ややかな目で見る人も少なくない傾向です。

「30代半ばから本気で婚活し、今年で41歳になる知り合いの女性がいます。相変わらず高い理想を掲げているみたいで『紹介して!』というお願いには、いつも彼女の理想の条件がくっついてくる。そんな条件どおりの相手がホイホイと見つかるわけもなく、結局、もうずっと誰も紹介できないままです」(44歳男性/IT)

 

「過去に何人か紹介して、男性側がその気になっても『理想と違う』という理由でお断りを入れてきている43歳の飲み仲間女性。言っちゃ悪いけど、本人の容姿や年収なども“人並み”なのに、なぜそんなに高い理想を掲げているのか、よくわからないし、そういうしているうちに40代も半ばに差し掛かり、本気で結婚したいのか謎」(43歳男性/建築)

 

明確な条件を示してしまうと、その条件に合わない相手は周囲が紹介しにくくなるのも常。可能性を広げる意味でも、条件でふるいにかけるやり方は変えたほうが、なにかと得策かもしれません。

 

30代まではアリでも…40代の婚活でやめておくほうが無難なこと2:盛大な結婚式への強いこだわり

結婚は一生に一度の晴れ舞台! という考えも根強く、40代であっても初婚となれば「盛大な結婚式を挙げたい!」と憧れている女性がいても、なんら不思議ではありません。

しかし「結婚式は和装して、人気の○△神社。披露宴は400名規模で〜」と、ゴージャスな結婚式への希望を伝えた時点で、せっかくの婚活チャンスを狭めてしまうことも……。

 

「以前、婚活で知り合った45歳の女性は、婚歴がなかったこともあり盛大な結婚式を挙げるのだけは譲れないと話していました。一方、僕はと言えばバツイチで子供の養育費も支払っている身。

正直、再婚だけに“地味婚”をしたいと考えているので、盛大な結婚式を譲れないと言われたことがネックになりました」(47歳男性/経営者)

 

「40代の友人同士を紹介し、ちょっといい雰囲気になったので期待していたら、男性側から『あの子はムリ』って言われちゃいました。理由を聞くと、結婚式へのこだわりが強すぎて、多額の費用をかけてかなり盛大な結婚式を挙げたいと譲らなかったらしいです。

でも、男性のほうは、もうこの年齢だしそこにお金をかけるよりも新居や老後資金のほうが気になったみたいで。結局、価値観が違いすぎたって言い方で別れたらしいです」(46歳男性/飲食)

 

一生に一度のことだから、夢を叶えたい! という女性の願望は、ときとして“アダ”となることもあるのです。相手による部分でもありますが「譲れない」とまで強いこだわりをもってしまうと、可能性を狭めがちなのは否めません。

 

40代だからこそ持っている○○の押し付けは危険⁉

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク