手取り200万円代でも、1年で100万円貯める3つの方法

収入が少ないんだから貯金なんかできるはずはないと、そもそも諦めていませんか? 貯めている人は手取り年収が200万円代でも1年に100万円貯めています。1年に100万円たまれば10年で1000万円です。実際に貯めている人はどのように家計をやりくりしているのでしょうか?貯めるポイントを3つ紹介します。

 

実録!手取り年収200万円代で1年に100万円貯めている家計とは

そうはいっても、ものすごく節約して趣味ももたずにひたすら我慢する生活をしているんでしょ?と思っていませんか? いえいえ、貯めている人はちゃんと自分の生活を楽しんでいます。筆者は年間500組以上のマネー相談をしていますが、アッパレ!といいたくなった聖子さん(仮名)の家計やりくり明細を紹介しましょう。

 

・聖子さんプロフィール

地方(政令指定都市)在住 シングル 38歳 一人暮らし
会社員(手取り月収24万円、ボーナスなし)
貯金残高360万円

35歳の時の貯金残高はわずか60万円。日々の忙しさと手取りの少なさを言い訳にほとんど貯金してこなかった。ご縁があれば結婚したいけどこのままおひとりさまだったらどうしようと35歳という年齢を期に一念発起し1年で100万円貯める生活をスタート。

 

・聖子さんの家計やりくり明細

家賃 52000円
電気代 3500円
水道代 2500円
ガス代 7000円
スマホ代 3000円
食費 35000円
スポーツジム 6000円
スカイプ英会話 4000円
こづかい 30000円
雑費 3000円
保険料 4000円
貯金90000円

 

いかがでしょうか?聖子さんの生活は我慢しっぱなしに見えないのではないでしょうか。1か月9万円貯めているので12か月で108万円となり年間目標100万円はクリアできています。苦しそうではない聖子さんの成功の秘訣はどこなのでしょうか?

 

1年で100万円貯めるポイント①目標をたてる

聖子さんが成功した秘訣はまず具体的に目標をたてたことです。

1年にいくら貯める!
→そのためには月々いくらずつ貯めていかなくてはいけない
→じゃあ、支出を見直して貯金できる生活にしていこう

この3ステップが必要です。

聖子さんは1年に100万円とすると、ボーナスがない勤務先なので月平均8万3333円必要です。趣味の旅行も楽しみたいので1か月9万円と設定しました。24万円の手取りで9万円貯金するとなると残り15万円で生活していかなくてはいけません。次のステップは、15万でどうやりくりするか具体的に生活にメスをいれていきます。ボーナスがある勤務先の場合は、月々の貯金額を少なめに抑えてボーナス時にまとめて貯めるなど、1年単位で貯金プランを考えてもよいでしょう。

 

1年で100万円貯めるポイント②固定費を徹底的に削る

生活をしていくうえで必ず必要な費用は、「生活のための固定費」です。毎月必ず出ていく支出ですからココを徹底的に削ってしまえば、その後ずっと支出が抑えられたままになるとことになります。家賃は住んでいる地域によって幅があると思います。帰ってほっとする大事な場所ですから、通勤が辛いと思わない、治安が良い、暮らしやすい広さや清潔感があるなど自分の譲れない条件を決めて選びましょう。

 

手取りの25%以内を目安にするとよいでしょう。Wi-Fi無料の物件にすればインターネット契約料月3000円ほどカットできることになります。スマホはもちろん格安スマホで。光熱費はなるべく早寝早起きを心がけて節約する程度にとどめています。電気をこまめに消したりしても月に100円違うかどうかの細かいことは疲れてしまうのでさほど気にしません。

 

1年で100万円貯めるポイント③楽しみのお金は使う

日々の食費はお弁当持参で栄養バランスを意識していますが、おこづかいの範囲でたまに同僚と美味しいお店でランチすることも。つきあいも大事にしています。飲み会は必要最低限にとどめ、同じメンバーで行く二次会は行きません。惰性で行ったからといって親交がさらに深まるとは限りません。将来の健康のために、ダイエット食品など無駄な支出をしないためジムにも通います。たまに行く海外旅行でもっと英語が話せたら楽しいだろうなとスカイプ英会話を始めました。タイのプーケットの方に習っていていつか会いに行こうと思っているとか。お金を貯めるだけでなく、自分へのご褒美や投資もしっかりしているところが貯めるポイントといえます。

 

まとめ

35歳は女性にとって、「このままおひとりさまかもしれない」と不安になる年齢といえます。収入がない、時間がないと言い訳をしていては、いつまでたってもお金は貯まりません。ご縁があって結婚したとしてもお金はないよりあったほうがいいに決まっています。手取り年収が200万円でも1年で100万円貯めている聖子さんを参考にして、将来どんなことがあっても行き止まりにならない他人に依存しない自立した素敵な「マネー美人」を目指してみてください。

 

稲村優貴子 ファイナンシャルプランナー(CFP🄬)、心理カウンセラー
大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。FP Cafe登録パートナー。

「年収の2割が勝手に貯まる家計整え術」河出書房新社から10月25日発売
Amazonはこちら

*公式ブログ 「FP優貴子のマネーライフ・エッセンス」
http://ameblo.jp/cfp-inamura/

 

■次に読まれているのは■

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

40代女性、毎月の貯金額からみえた貯め方の王道は○○だった!

40代女性の平均年収は394万円、それに対して平均貯蓄額は959万円・中央値は600万円程度(平成26年総務省「全国消費実態調査」)。 仕事やライフスタイルによって貯蓄できる…

平均貯金額や結婚年齢、平均体重…「40代女性の平均値」を調べてみた!

自分は自分、他人は他人……とは思っていても、やっぱり世間の平均が気になるというのが人間の欲望。OTONA SALONEでは、知って得するさまざまな「平均」を調べてみました!平…

どこにも紹介されてない⁉︎目新しい台湾の紙モノみやげは......

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんが、「オトナの必買台湾みやげ」を提案! 「週末ちょっと行ける」玄人目線の2泊3日台湾モデルコースを11カ月!かけて紹介し…

超コスパ!「クッキー詰め放題」ステラおばさんのコツを試してみたら…

クッキー専門店「ステラおばさんのクッキー」(アントステラ)は、店頭に30種類ほどのクッキーが並ぶ女性に人気のお店です。100gで486円ほど(おおよそ6〜7枚)なので、1…

オバサン「加齢太り」に【朝フルーツ】が激効き!食べまくるだけダイエット法

こんにちは、五行鑑定士の小林です。毎月5日ごろ更新で「九星フラワー占い」を連載しています。さて、私は五行鑑定士を名乗る前の約16年間、健康雑誌で記者としてあらゆる…

当てはまるなら要注意!「ケチ女」とマネー美人の境界線はここ!

スマートにお金を使って仕事もプライベートもキラキラしているマネー美人。同じようにやりくりしているようでも「あの人ってケチよね」と思われてしまう残念なケースもあります。ケチ女とマネー美人の境界線はどこに…

1年100万円貯める女性がみんなやっている「お金に好かれる3つのこと」

平成最後の年末だ、クリスマスだ、お正月だと何かと理由をつけて、年末年始にお金をぱーっと使ってしまって反省している人も多いのではないでしょうか。今年こそ貯めたい!と思っているあなたに、世にいう「マネー美…

まだネット予約可能な福袋も!2019「確実にお得な福袋」4選

年末年始は何かとお金のかかる時期。忘年会やクリスマス会など週に2~3回外食することも多くなりますが、ボーナスも入るのでついお財布が緩みがちになってしまいます。この時期特別に買えるお得なものが増えてくるの…

貯蓄ゼロだったけど今年1年で100万円貯めた人の「5つの習慣」

また今年もお金を貯められなかったとため息をついていませんか?毎年同じことを繰り返していてはいつまでたっても貯蓄ゼロです。貯蓄が全くなかったのに今年100万円貯めた人は、「貯める!」と決めてから、貯めるた…

稼いでるのに…?「40代共働き夫婦」が1000万貯まらない3つの理由

ひと昔前は、結婚したら女性は家庭に入って家を守り男性が一家の大黒柱として働くのが普通というイメージでした。しかし今は共働き夫婦が増えています。40代ともなると男性も女性も職場である程度の仕事を任されるよ…

1000万円貯めた人がやっていなかった3つのこと

お金が貯まっている人は年収が多いから当然と思っていませんか?FP相談をしていると年収が700万円でも貯金ゼロの人もいれば、年収240万円ほどでも貯金1000万円の人もいて年収は貯金残高と比例しないものだと日々感じ…

お財布断捨離!今すぐ捨てて!お財布の中のあの3つ

気がついたらお財布がパンパンに膨れ上がっていませんか?マネー相談をしていて、カードローンやお金が貯まらないなどマイナスの相談にいらっしゃる方はパンパン財布をもっていることが多いようです。いっぽう、資産…

40代女性のお金の悩み、一番多いのは金欠…マネー相談を通じてわかったこと

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの稲村優貴子です。私は短大卒業後損害保険会社で事務仕事をしていましたが、書類の確認などだけではなく直接お客様に関わるお仕事がしたいと思い、2002年にファイナンシャル…

「保険なのにお金も増える」FPだけが知っている3つの方法

保険というと「あやしい」「うさんくさい」「めんどくさい」というイメージがありませんか?確かに昼休みにアメちゃんを配りにくる保険外交員さんのしつこい勧誘でイヤな思いをしたことがあるかもしれません。しかし…

年収300万の40代。毎月いくら貯金するのが「貯金の正解」ですか?

年収300万円と聞いて少ないと思いますか?民間給与実態統計調査(国税庁・平成28年度)によると、40代前半女性の平均年収は302万円。40代後半女性は299万円となっており、40代の平均は年収300万円ほどといえます。12…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事