40代は「黒スリムパンツ」で着やせを狙う!コーデに必要なのは…?

いよいよ冬も終わりが見え、春も目前のこの時期。とはいえ、まだまだ寒さも続いているので、毎日のコーデには暖かくて動きやすいパンツスタイルが増えるもの。でも、着太りして見えたり、きちんと感のない着こなしはアラフォー女性にとって避けたいのが本音です。今回は、ブラックデニムよりきちんと見えて、カラーパンツより細く見える黒のスリムパンツの魅力をご紹介します。

 

なぜ今黒のスリムパンツが必要なの?

「レギンス感覚でレイヤードできるから」

すっきりと履けるスリムシルエットの黒パンツは、ニットワンピやシャツワンピに重ねて着こなすのも今っぽいスタイル。リブレギンスなどより足のラインを拾わないので、大人の体型カバーにも役立ちます。

 

「ボリュームニットと相性がいいから」

トレンドのボリュームニットは、例えばコーデュロイのワイドパンツなど厚く重たいボトムに合わせてしまうと、カジュアルすぎたり太って見える可能性も。縦ラインを強調する黒のスリムパンツでシャープに引き締めるのが正解です。

 

「ロングアウターでも細見えするから」

今季のアウターは丈が長めのものが主流。黒のニット×細身パンツのワントーンコーデに羽織れば、Iラインを強調してスタイルアップも簡単です。同じく流行中のショート丈ダウンとも、黒スリムパンツは相性が抜群なので、アウターを選ばずに着られます。

 

「トップスしだいでロングシーズン使えるから」

黒のスリムパンツはトレンドに左右されずオールシーズン使える万能アイテム。ほどよいハリのある美シルエットのものをセレクトすれば、春になったらブラウスなどトップスを変えるだけで履着続けられるのでコスパの良さも◎。ウールやリネンなどの季節限定素材のものを避けるだけで通年着回せます。

 

いかがだったでしょうか。すでに当たり前すぎる黒のスリムパンツですが、改めて見直してみると、これだけ着回し力があることがわかります。脚が太いからスリムは苦手……という人は、お腹周りと太ももに余裕がある細身のテーパードパンツを選んだり、センタープレスのデザインを選んだりと、体型にあわせてセレクトしてみてください。黒のスリムパンツはどんな人にも似合いやすいアイテムなので、ワードローブの中心アイテムとして活躍すること間違いなしです。

 

■次に読まれているのは■

着太り4大アウター別!「5kg着やせコーデ」今すぐマネできる簡単ルール

売り切れる前にチェック!40代女性の冬セール戦利リスト

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク