長瀬智也さんからバレンタインのメッセージ!「常識にとらわれず、輝き続けてください」

「自分らしさを大事にしながら、かっこよく・美しくありたい」という方々にむけた新しいシャンプーのシリーズが発売される━━。自分らしく自由に生きるをかかげたOTONA SALONE編集部としては、まさに必見のアイテム! ということで、その新CM発表会へ行って参りました。

 

常識にとらわれないシャンプー⁉

そのシャンプーとは、男性用シャンプー世界売上No1※1ブランドのユニリーバ『CLEAR』の新シリーズ。5年ぶりに大型ューアルを実施し2019年2月12日に誕生しました。

30~40代の男女が抱える髪や頭皮の悩みのケアにアプローチするというものです。『CLEAR』の新シリーズは、”常識にとらわれない”がコンセプトなのだとか。

※1 ニ-ルセン・カンパニーが報告したデ-タの一部に基づくシャンプー市場での42カ国(日本を除く) における売り上げ金額をもとに ユニリーバが算出。対象期間:2014年6月-2014年8月までのデータの 取 得可能な直近12カ月 (データ可能な期間は国により異なる)  対象国: 42カ国

 

『CLEAR』から3つの新シリーズが誕生

(左から)CLEAR トータルケア シャンプー、モイスト シャンプー、ボタニカルスムース シャンプー/ユニリーバ

『CLEAR』シリーズのの大きな3つの特徴としては
1.「男女それぞれ」に適した商品の開発
2.毛髪を強く美しくする「頭皮ケア」に強み
3.毛髪科学と皮膚科学を融合し、長年にわたるサイエンスと最新のテクノロジー
この特徴はそのままに、新シリーズが3つ誕生しました。

『CLEAR モイスト』

ライフステージの変化によって年齢を感じやすい30、40代の女性へ。表面的な美しさではなく根本から美しくありたいと思っている。大人の女性のためにコラーゲンやアミノ酸を配合し、ハリやコシを与え、強くしなやかな美髪へと導きます。

『CLEAR ボタニカルスムース』

いつまでも美しくオシャレでありたいけれど、身体に変化を感じ始めた30、40代の女性へ。やさしさにこだわりたい30~40代の大人の女性へ。モリンガエキスなど5種のボタニカル成分を配合し、すっきりサラサラな髪へと仕上げます。

『CLERA トータルケア』

若々しくいたい、おじさん化を防ぎたいなど、外見のケアに気を使う30~40代の男性へ。身体の変化や抜け毛の兆候に気づきつつも頭皮ケアはちょっと早いと思っている。醗酵オリーブオイルなど5種の補給成分を贅沢に配合。健やかな頭皮と強い髪へ。

 

CMキャラクターは長瀬智也さん

『CLEAR』の新シリーズのキーワードは「自分らしく」。

現代の人々の置かれている状況は、強くありたい自分らしさを保ちたいと面う反面、社会のしがらみやその他の世間体や常識にさらされて自分軸を持ちにくいものです。

オンリーワンでありたい、カッコよく・美しくありたいと願う方々の、背中を押せるようなブランドでありたい。そんな世界観を十分につたえるそのメッセージを代表する一人として、長瀬智也さんがCMキャラクターに起用されました。

バレンタインの新常識を提案

2月14日はバレンタインデー。日本は女性から男性に愛の告白をするという風潮がありますが、海外では男性から女性へというのが一般的なのだとか。発祥のイタリアでは男性から愛の言葉とともに女性に花束を贈るのだそう。

ということで、ユニリーバ・ジャパン ホーム&パーソナルケア マーケティングダイレクター – ジャパン 中川 晋太郎さんから、新しいバレンタインの提案がありました。

「バレンタインにメッセージ入りのシャンプーを贈るという新常識を提案します。『いつもありがとう』『愛してるよ』といったメッセージをつけてはいかがでしょうか? 毎日使うシャンプーを通して感謝の気持ちを伝えてみてください」

確かに……。チョコレートだと甘いものが苦手な人もいるけれど、シャンプーならみんな使います。義理シャンプー、友シャンプー、本命シャンプー。誰に何をあげるか考えるのも楽しいかもしれません。

 

長瀬さんにバレンタインのことを質問

バレンタインにシャンプー、略して「バレシャン」の新常識を聞いた長瀬さん。

長瀬「チョコレートでなくってもいいですよね。確かにね、ま、何が好きなかたにあげたいっていろいろ悩まれる人も多いんじゃないか。それにシャンプーを贈るっていうのもね、なかなかいいんじゃないですかね」

長瀬さんならバレシャンにどんなメッセージをつけますか?

「そうですね。きっとシャンプーは毎日見るでしょうから、やっぱなんか、意外にシンプルな言葉のほうがいいのかなって思ったりしますかね」

そう言って、ポケットに手を入れて何かを取り出す長瀬さん。

「今日いろいろと僕も準備をしています。いちおうこういったものを用意しまして。これシールなんですけども、これをシャンプーに貼ってプレゼントしていただいてね。そしたらシールに貼ってあるメッセージが毎日見れるんじゃないかなって思うんですけども」

長瀬さんからのバレシャンのメッセージは?

「メッセージは『常識にとらわれず、輝き続けてください』。ま、シンプルなメッセージなんですけどもね。ささいな言葉ですけれど、それをふとを見て、今日も頑張ろうっていう気持ちになってもらえれば、それくらいの気持ちが伝われば、もう十分じゃないですか」

全女性へのバレンタインメッセージとして、CLEARとともに常識にとらわれず、輝き続けてくださいという言葉をいただきました!

 

ご自身のバレンタインの思い出は?

「なかなかバレンタインっていうことに関して僕もあんまりゆかりがないので。だからあんまりあげるっていうのもキャラじゃないんですけど、シャンプーだったらちょっとあげやすいかなって思いました。チョコだともうね、ベタといいますか。シャンプーだと間接的で逆にフランクに渡せるというか、そんな印象です」

さきほどのバレンタインメッセージにはどんな思いが?

「ぶっちゃけ、CMのキャッチフレーズなんですけどね。僕自身は常識人だと思ってるんですけども。僕、そんなに非常識に見えますかね?(笑) でもいいキャッチフレーズですよね。何においてもそうじゃないですか。常識にとらわれるなっていうのはね」

「だからなんか、なんだろうな。僕もやっぱり常に仕事をしていてすごく心がけている言葉なので。どうしてもこう概念にしばられてしまうというか。常に自分らしいものができないかどうか。そういうことを考えていると常識にとらわれていないほうが面白いかなって思いますし。だから改めてこの言葉をきいて、“私も仕事で、常識にとらわれないで頑張ろう”って思ってもらえたらうれしいなと思いますけど」

 

小中学校の頃、チョコをたくさんもらったのでは?

「ジャニーズにいてね、こういう立場にいさせてもらうと、みなさんにそういう風に言っていただけるんですけど。でもホントむしろなんだろうな、2月14日がバレンタインっていうことも忘れてしまうほど、もらうことがなかったんですよね。だからなんか僕の中ではバレンタインというよりも、自分の母親の誕生日なんで、母親のことを思い出すことが多かったかなっていう気がしますね」

 

バレンタインに、常識をくつがえすことはありましたか?

「何だろうな。いやぁそんなね、楽しい話もまったくないんですよね。なんだろうな。うーーーーーん。ホントにそんな、今となってはまぁそのジャニーズで昔チョコレートいっぱいもらったでしょと言われるんですけど、実際のところ、まぁ早くいったらモテない男だったんですね」

(会場全体がそんなことないでしょうという空気に)

「どちらかというと気持ち悪い男って思われていたくらいの感じだった。でもそんな中、一人だけチョコレートをくれた同級生の子がいたんですけどね。うん、なんか。ま、きっと、その子も変わりものだったんでしょうね。うーん。でも大人になってからそういう人が自分の中ですごく大事な存在だなってことに気づかされたというか。そう思ったことがありましたね」

「僕にあげているところを見られたら彼女もたぶんいじめられるんじゃないかななんて。でも勇気をふりしぼってくれたんだろなと思うとうれしかったですね」

【長瀬さんにもっとアレコレお聞きしました!】

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク