スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。

足もとは、恋愛シーンにおいても、意外と目につくパーツ。

オフィスシーンではなく、デートシーンで“ダメ認定”されてしまう靴を履いてしまえば。その瞬間に男性からのイメージダウンを避けられなくなるリスクも……!

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが「一目で“ナシ”だと感じた」という40代女性の足もとにまつわる特徴に迫ります。

 

うっかり気を抜いたばかりに…即「ナシ」認定な40代女性の足もと1:季節外れのオープントゥ

「この前、ちょうど小雪が舞う日にデートの約束があって、そこまで本降りじゃなかったし、お互いの自宅が近いってこともあって決行したんです。

で、とりあえず昼過ぎに待ち合わせて、美味いものでも食べようかとお店を選びながら歩いていたら、その女性が『足先が凍えそう』って言ってるんですよ。

で、ふと足もとを見たら、あんなに寒い日に、なんと足先がオープンになっているパンプスを履いていて、びっくり。

寒いのわかっているんだから、もっとちゃんと防寒してくればいいのに、なんでわざわざつま先が濡れるような靴を履いてきたのか……。

20代やそこらの若い子なら、おしゃれ優先でウッカリもかわいいけど、その人はもう41歳なんだから、もうちょっとちゃんとしようよって思ってしまいましたね」(43歳男性/システム)

 

気合いを入れたデートに臨むコーデは、何日も前から決めている女性も少なくないものです。

このパターンでは、その日の天候がまさかの“雪”でも、一度決めたコーデを見直すだけの余裕がなかったのかも?

しかし確かに、小雪の舞う日にオープントゥパンプスで登場すれば、男性がドン引きしても無理はなし。

冬物でもオープントゥの靴はありますが、男性から見ると春を先取りしすぎたゆえの失敗に映りがちでもあります。

うっかり気を抜いたばかりに…即「ナシ」認定な40代女性の足もと2:薄汚れたホワイトスニーカー

「女性がスニーカーを履いているのは、嫌いじゃありません。むしろ、どちらかと言えば好き。

でも、汚れた白いスニーカーを平然と履いている女性だけは、どうしても苦手です。

僕はそんなにスニーカーにうるさいほうではありませんけれど、女性に清潔感のない部分を見つけてしまうと、それだけで『ナシだな』って思っちゃうのを、自分でも自覚しています。

この前、ちょっといい雰囲気になっていた社内の43歳女性と休日にデートしたんですが、そのときに彼女が、汚れた白いスニーカーで現れて、一瞬で『やっぱナシだ』って思っちゃいました。

デートしていると、相手の足って意外と見えちゃうから、こういうのって一度気になると、もうダメなんですよね……」(40歳男性/運輸)

 

スニーカーはオフの日のコーデに重宝する便利なアイテム。

そして、ホワイトはどんなテイストにも合わせやすい万能カラーでもあります。

しかし、白は汚れが目立ちやすいこともあって、“汚れている”と相手に感じさせた時点で一発アウトになりやすいリスクも。

特に、清潔感にこだわりが強い男性ほど「ナシだ」に至りやすいポイントかもしれません。

 

靴を脱ぐとき男性はチェックしている“あの部分”

スポンサーリンク

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男性心理】バツイチ男の心をつかむ40代女性の魅力とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第3…

【男性心理】なぜ女性との連絡先の交換は「ハードルの高い」儀式なのか

男性が「この女性いいな」と思ったときにどんなことを考えたり行動したりするのか。男性のこの行動ってどういう意味があるの?これって私は恋愛圏内のサインなの?それとも…

「二度と一緒に泊まらない!」男が決意した40代女性のホテルでの振る舞い3つ

本格的な行楽シーズンが到来し、愛しの彼と休日のたびにプチ遠出を楽しんでいる女性も少なくない時期です。秋は紅葉や旬グルメなど、このシーズンならではの“お楽しみ”もた…

【男性心理】40代バツイチ男が婚活で10人以上と会って思ったこと5つ

改めて振り返ってみるとバツイチ男の私は婚活にあたって、出会い系アプリ・Webサービス・飲食店のパーティ・友人の紹介・・・有料の結婚相談所や仲人サービス以外のありと…

男は意外と見てる…! 「トイレ帰り」にドン引きされている40代オバサン…3大NG

デート中、まだ深い仲になっていない間柄のときほどタイミングを迷いがちなのが、お手洗いに立つ頃合い。会話が盛り上がっているときにいきなり失礼するわけにもいなければ…

40代のセルフ美容は「電動」がキーワード!? 時短美容もかなう名品3選

最近の美容アイテムの進化は目覚しく、多くの優秀な電動アイテムも続々と登場中。40代の美容では「賢く、満足度高く、効果も欲しい!」なよくばり女性も多いだけに、アナログ美容に限界を感じたら、セルフ美容にも電…

「このオバサン、タチが悪そう」と思われる40代独女のNGコミュニケーション3例

40代になると、若い頃よりも、恋愛には自然体で向き合えるようになる人も少なくありません。しかしあまりにも自然体すぎると「この女性、タチが悪いな……」と男性に引かれてしまうパターンもチラホラ。ひとたび「タチ…

あっという間にマイナス3歳!「わたし老けた?」と思ったら見直したいコスメの“色”3選

40代は、これまでと同じメイクを続けていても、鏡を見ながら「あれ? なんだか老けた……?」と感じる瞬間も多々。その日のコンディションによっても、雰囲気変わりがちではあるものの、もしかするとメイクの“何か”が…

【乾燥対策】40代がニベアとプチプラで対策するならどう組み合わせる?

そろそろ、全身の乾燥が気になり始めた季節。とは言っても、まだがっつりと乾燥対策するのには早いだけに、ゆるっと乾燥対策を始めるのが、今の時期の気分です。40代はプチプラを上手に組み合わせて、満足度の高いお…

男性が「あれ?この人老けた?」としみじみ思った40代女性の定番ヘアアレンジ3例

男性からの印象は、髪型ひとつで「老けたなぁ」にも「年齢よりも若く見えるなぁ」にもなるのが、実態。デートの日だけでなく、デイリーのちょっとしたシーンでも、その日のヘアスタイル次第で、残る印象はガラリと変…

即、マイナス3歳!40代におすすめの髪の若見えテク3選

「最近、老けてきた……」にお心当たりがある場合、その原因が、ヘアスタイルにある可能性も否めません。40代は、髪型ひとつで若見えもすれば老け見えもする年代だけに、老け顔を回避するなら、髪の印象も最重要課題。…

【40代のスキンケア】顔が老けてきた!? と思ったら見直すべきこと3選

鏡を見て「最近、老け顔が加速したような……?」と感じたり、メイクのりが悪くなったと思ったりしたら、デイリーのスキンケアを見直すべきタイミング。40代の肌は、気候や体調によっても左右されがちなだけに、ついこ…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

薄毛や白髪などに頭を悩ませている40代女性ほど、アレンジしたヘアスタイリングが強い味方に。スタイリング次第で、コンプレックスをうまくフォローしてくれるだけに、年齢を重ねるにつれ、アレンジのバリエーション…

正直、気持ち悪い!男が苦手に感じた40代女性の「秋チークNG3選」

男ウケを狙いたいシーンだけでなく、ビジネスシーンで男性からの好感度アップを図りたいときにも、メイクによる印象は重要。秋は、夏までのメイクと比較して深みのある表情を狙う40代女性も多いけれど、男性から「気…

絶対ムリ! 男が一瞬で「この女性とは距離を置きたい」と感じた40代女性の会計マナー

デートと会計シーンは、切っても切れない間柄。それだけに、デートの終盤にいざお金を払う場面で、本性が現れ幻滅を招く……というのも、恋愛における“あるある”です。昨今は、男性がご馳走するシーンばかりではなく、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事