「ダメよ♡」と断るほどモテる。夜の女たちの愛されテクを盗め!

スポンサーリンク

日々、「非日常の癒しと刺激」をお客様に提供する夜の蝶・ホステスたち。

純粋にお酒を楽しんでくれるお客様ばかりならいいけれど、どうしても「色恋」や「疑似恋愛」は避けられない。

前回の「上手なお誘いの断り方」に続き、今回は「少し親密になった場合の断り方」をお伝えします。

 

まず、絶対NGの断り方とは?

Valentine heart kiss on the lips. Makeup

ホステスにとって「口説かれる」「誘われる」は、もはや仕事の一部。お客様とは持ちつ持たれつの関係ゆえ、キッパリ断れないのがつらいところです。

オトナサローネ読者も、プライベートの相手なら毅然とした態度を取ることができるのに、相手が仕事がらみだと躊躇してしまうという場合が多いのでは?

 

まず、絶対やってはいけないお断りのNG行為は

 

・相手を怒る、非難すること。

・会社に訴えますよ、などと脅すこと。

 

プライベートの相手ならさておき、「仕事関係者」「取引相手」に反感を買うのは避けるのが賢明です。内心は悔しくとも、どんなに理不尽であっても、ここは大人の対応で穏便にやりすごしましょう。

 

じゃあ、どんな断り方がベスト?

Beautiful red lips with white speech bubbles

例えば、食事をしていて相手がホテルに誘ってきた場合、ホステスはこんなリアクションでかわします。いずれも、「可愛げとユーモアを持って、冗談っぽく、笑顔で」が基本。

 

・「私、意外と肉食でしつこいですよ」(誤解を招かない程度に)

・「抱かれると本気になっちゃう性格ですけど、いい?」(既婚者に対して)

・「では次回、奥様もご一緒に」

・「実は最近、女の人が気になるんですよ。○○さんの好きな女性のタイプってどんな感じ?」(と、旬な美人女優やタレントに話題変換)

・「気持ちよ~く、お断り!さ、もう一杯飲みましょう、カンパーイ!」(ニッコリ)

・「えっ、よく聞こえなーい」(耳を澄ますリアクション)

・「久々に口説かれちゃった」(と握手を求める)

 

いかがでしょう。恋愛関係にはなりたくないけれど、少なくともあなたに対して警戒心は持っていませんというニュアンスです。

ホステスは手を変え品を変え、臨機応変に対応し、やりとりそのものを楽しませてあげるんです。目指すは夫婦(めおと)漫才です。

これで笑いを取れたらシメたもの。そんじょそこらの女と同一には見られません。「ウィットに富んだ賢く面白い女性」という高評価が得られるはず。

 

断り上手には「効果」がある

Red Sexy Lips and Nails closeup. Manicure and Makeup

うまくかわして上手に笑いにもっていくと、

 

・「この子に任せると安心」と接待で使ってくれる回数が増える。(人脈が広がる・売上アップ)

・仕事上の相談や悩み事を打ち明けられる。(信頼度が増す)

・いざという時、味方になってくれる。

 

思わぬ利点があります。

 

ただ、立て続けに三回断ってしまうと、あきらめてしまう男性が多いことも事実。

ハイスペックで多忙な男性ほど、「結果の出ないものに時間とエネルギーを費やすのは無駄」と考える傾向が強いからです。

それも「これだけ僕が口説いているのに」との未練がましさは全くナシ。むしろ「結局、僕たち合わないんだね」と、こちらが拍子抜けするほどあっさり。

できる男はある意味「冷淡」です。

 

さて、ご紹介したのはホステスが使うほんの一例ですが、自分流にアレンジして、さらに魅力アップにつなげてください。

次回は、「思わぬオサワリに遭遇。ホステスが使う上手なかわし方って?」をお伝えします。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

元CAが明かす「ここだけは必死にやっています!」モテルックス4か条

洗練された身のこなしが求められるCAたち。保安要員であるとともに、接客要員であるのですから、好感を抱いてもらう「ルックス作り」には余念がありません。第一印象の良さは、その後の人間関係を左右する重要事項…

CAがそっと教えるモテの極意は意外にベーシック。「最後に選ばれる女」3つの掟

彼女にするにはいいけれど、こと「結婚」となると話は別。いい雰囲気なのに友達の域から進展がない。付き合っているはずなのに「結婚」を匂わせてくれない彼がもどかしい。自分では「良いセンいっている彼女」と思っ…

クラブママ伝授!あなたが「まあまあいい女」なのにモテない4つの理由

男性と食事デートを楽しんだのに、そのあとの進展がない。相手のためと思ってアドバイスしているのに、逆にムッとされてしまった。男性のお客さま相手の夜のクラブでは、ホステスの言動一つで、お客さまの機嫌が良く…

元トップホステスが今も実践してる!「永遠にモテる女」3つの法則

今年こそ恋愛を成就させよう、結婚しようと心に誓っている人も多いでしょう。クラブママ歴10年の私も、新人ホステス時代、当時のナンバーワンのヘルプにつきながら、彼女の仕草、トーク術、気配りの一つ一つを冷静…

モテてモテて困った元クラブママ直伝!「勝手に男が落ちる」5つの心理テク

もうすぐクリスマス。意中の男性とのデートはもちろん、片思いの男性と親密になろうと夢見ている人も多いことでしょう。恋愛は「演出しだい」で驚くほどうまくいくもの。CA歴4年、クラブママ歴10年の蒼井凜花が…

作家・コラムニスト/元CA&クラブママ

蒼井凜花

この執筆者の記事一覧

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事