アナウンサーでさえ意味を間違える日本語「●●立つ」

漢字の読み方が原因で誤解してしまう言葉があります。

「浮き足立つ」もその代表格です。

「あの子、どうしてあんなに浮かれてるの?」

「先輩、あの子、今日の仕事が終わったらデートなんですって。」

「あんなに浮き足立っていて、午後からの会議大丈夫かしらね。」

今日は、「浮き足立つ」の意味を再確認しましょう。

まずは本来の意味を知っておきましょう

【浮き足立つ】

不安や恐怖にかられて、逃げ腰になり、冷静な行動(判断)が出来なくなる。

例 これくらいの劣勢で浮き足立っては(逃げ腰になっては)困る。

(三省堂 新明解国語辞典)

 

「浮き足」とはつま先で立つこと。そのことから、足が地に着いてない不安な様子、恐怖を感じている様子を表します。

ところが、擬態語の「うきうき」と語調のイメージが重なって、「浮き足立つ」は「浮かれて足が地に着いてない様子」を表すと誤解され、間違って使われることが増えているようです。

 

逆の意味で使っている人は少数派。あなたは大丈夫?

「浮き足立つ」を、本来の意味とされる「不安や恐れで落ち着きを失う、逃げ腰になる」という意味で使う人は42.1パーセント、

本来の意味ではない「うきうきして落ち着かなくなる」という意味で使う人が34.8パーセントという結果が出ています。

この「浮き足立つ」は、間違った意味で使われる言葉ランキングで、第24位でした。

出典:小学館2013年10月実施「大辞泉調査」より

 

言葉は生き物ですが

まだ誤用は少数派ですが、あなたは大丈夫ですか?

言葉は生き物、時代と共に変わると言いますが、本来の意味を知っていてそう言う場合と、知らずに言うのとでは違いますよね。

 

間違わないようにするために例文を書いてみましょう。

本来の意味での「浮き足立つ」を使用した例文を自分で考えてみましょう。

今回は、紛らわしい誤用としっかり分けて覚える為に、「うきうき」と「浮き足立つ」両方の言葉を使って書いてみましょう。

どんなうきうきを思い描けるでしょうか。

どんな浮き足立つ状況を思い描けるでしょうか。

ヒントは、「浮き足立つ」という言葉は「不安や恐れ」を表現する言葉だということです。

 

例 今日は大好きな彼とデートなので、うきうきしている。

例 今日は彼の浮気現場に潜入するので、浮き足立っている。

 

少し極端でしたでしょうか。

でも、この二つの言葉はこれくらい開きのある言葉なのです。

 

不満を表現しない女性を目指して

今日は「浮き足立つ」について勉強しました。例文も書けましたか?

もうこれで、この言葉は言い間違えませんね。

私がこの言葉に着目したのは、NHKの女性アナウンサーが、視聴者から寄せられた「浮き足立つ」にちなんだエピソードを紹介していた時。

誤って使用している例ばかり、次々と読み上げてしまった光景を目にしました。

彼女は、視聴者からその点を指摘されると、その後のMCで失敗を続け、本当に浮き足立ってしまいました。

言葉のプロでも間違える言葉です。

間違えて覚えてしまっていた人は、今から、そう、浮き足立つ前に直せば大丈夫ですね。

 

(文/国語教師・文章コンサルタント・文章力養成コーチ 松嶋有香)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

えっ、「食べる」を丁寧に言うと「食べ○○○」?

「お昼はもう召し上がりましたか?」と聞かれて「はい。召し上がりました」なんてうっかり答えてしまうこと、ありますよね。「食べる」には「召し上がる」「いただく」とい…

ヘタな字がたった1日で「大人な字」に変わる魔法って?

壊滅的に汚字というわけではないけれど、年齢相応とは言い難い、「微妙にヘタな字」。私のこと?と思う人は多いはずです。アラフォーともなると今さら習いなおすきっかけも…

いくつやってた?人前で大恥をかく箸づかい7選

もうすぐ忘年会シーズン。テーブルに届いたお料理を取り分けるとき、実はあなたの「箸さばき」が意外に注目されていることに気づいていましたか? 各種アンケートでも「テ…

参拝前にこっそりチェック! これだけはおさえたい初詣のマナー3つ

新年あけましておめでとうございます。みなさんはこの記事をどこでご覧になっているでしょうか。初詣に行く前だったらラッキー!な情報をお伝えします。誰と一緒に参拝する…

51%が誤用している日本語「役不足」。正しい意味とは?

謙遜のつもりで使っているのに、実は大変無礼な言葉があります。その代表例が「役不足」。「このたび、大役を仰せつかりました。私には役不足で、果たして務まるのかどうか…

知らないと恥をかく! 「親の葬儀」のお布施イマドキの相場

葬儀の際に寺院に包むお布施。「お気持ちで」と言われても、まったく見当がつかないですよね。今時の相場とは? 親の生前にしておきたい3つのコト日本で行われる葬儀の8…

お花はNG⁉ いまさら聞けない「お見舞い」マナー新常識

40代になると、知人や親戚、会社の上司や同僚などの入院先にお見舞いへ行く機会もでてきます。お見舞いは、大人としてのマナーが問われる場面でもあります。そして昔からお…

40代にありがちな服迷い。「やってはいけないコーデ」4選

「このイラストを見かけるたび気が引きしまる」「OTONA SALONEを読むのが毎週の禊」と各界で大人気、それが「脱オバサン!」イラストコーデ企画。今回は「真夏に起こりうる40代のオバサン見えファッション」をピック…

おしりリセットダイエット4週間プログラムでダイエットを成功させる!

オトナの女性が気になるパーツの1つが「おしり」。横姿・後ろ姿のキーポイントだし、加齢も出やすい。しかも、実はダイエットに最も深く関係していたのもおしりだったのです。4週間の「おしりリセットダイエット」で…

FPに教わる!40代女性に人気の3つのカンタン貯蓄方法って?

OTONA SALONE編集部で人気のFPの貯蓄方法。今回はその中でも特に人気だった3記事をご紹介します。年収別でお金の貯め方は違った⁉年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ私のところには「無駄遣いを減…

40代が似合わないTシャツはコレ! 失敗しがちな真夏の痛カジュアル5選

歳を重ねるにつれ、一部の人しか似合わなくなってくるカジュアルアイテムのひとつが、Tシャツ。若い時はデニムに合わせるだけでこなれてみえたのに、今白シャツ×デニムなんて着たら生活感が出てしまう……。という人も…

だらしなさすぎ!40代女性がムダに疲れて見えるお痛めNGファッション

40度を超える地域も多く、今年は異常な暑さが続いています。さらに、恐ろしいことにこの暑さ、8月いっぱい続くそう……。そうなると、服もとにかく涼しさ重視だったり、楽さを求めたくなるもの。確かに熱中症にかから…

「人の話を聞かない星座」って?あなたのオレサマ度を一発判定!【オススメ12星座ランキング】

OTONA SALONEで人気の12星座ランキング。やっぱり気になりますよね!今回はいま読まれている12星座ランキングを4つピックアップしました。自分に当てはまったり、アノ人に当てはまったり……。是非チェックしてみてく…

40代の「オバ見えファッション」その痛さの原因はココだった!

毎日酷暑が続いているこの頃、ファッションもついついおしゃれより、涼しさや楽さを優先したくなります。私が住んでいる街も、日中歩くのが嫌になるほど暑いので、つい予定がない日は引きこもりがちに……。そうすると…

天然ボケから浮気しやすい星座まで!あなたは何位?【12星座ランキング】

OTONA SALONEで木曜17時に毎週配信されている「12星座ランキング」。今回は天然や浮気しやすいなどの性格系の12星座ランキングをまとめてみました!性格系12星座ランキング人気記事ベスト4画像をクリックするとペー…

【真夏のオバサンまとめ】もしかしてまだ着てる?40代が「最悪に痛いコーデ」6選

「まだ着ていたら痛い」「男が引くコーデ」。そんな煽りを目にするたびに、私は大丈夫かな……と気になります。そんな「40代オバサン警報」の第一人者、松本小夜香さんの人気記事を6位からご紹介します。「これはヤバ…

その1枚でオバチャン服に!やりすぎ注意の「美白ファッション」

いよいよ夏も本番! 一週間休みを取って海外リゾートへ行く予定の人も、近場の海やプール、山などで短い休暇を楽しむ人も、気になるのが紫外線問題。10代〜20代前半なら、日焼け後も思い出の一つと笑って済ませられ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事