アナウンサーでさえ意味を間違える日本語「●●立つ」

漢字の読み方が原因で誤解してしまう言葉があります。

「浮き足立つ」もその代表格です。

「あの子、どうしてあんなに浮かれてるの?」

「先輩、あの子、今日の仕事が終わったらデートなんですって。」

「あんなに浮き足立っていて、午後からの会議大丈夫かしらね。」

今日は、「浮き足立つ」の意味を再確認しましょう。

まずは本来の意味を知っておきましょう

【浮き足立つ】

不安や恐怖にかられて、逃げ腰になり、冷静な行動(判断)が出来なくなる。

例 これくらいの劣勢で浮き足立っては(逃げ腰になっては)困る。

(三省堂 新明解国語辞典)

 

「浮き足」とはつま先で立つこと。そのことから、足が地に着いてない不安な様子、恐怖を感じている様子を表します。

ところが、擬態語の「うきうき」と語調のイメージが重なって、「浮き足立つ」は「浮かれて足が地に着いてない様子」を表すと誤解され、間違って使われることが増えているようです。

 

逆の意味で使っている人は少数派。あなたは大丈夫?

「浮き足立つ」を、本来の意味とされる「不安や恐れで落ち着きを失う、逃げ腰になる」という意味で使う人は42.1パーセント、

本来の意味ではない「うきうきして落ち着かなくなる」という意味で使う人が34.8パーセントという結果が出ています。

この「浮き足立つ」は、間違った意味で使われる言葉ランキングで、第24位でした。

出典:小学館2013年10月実施「大辞泉調査」より

 

言葉は生き物ですが

まだ誤用は少数派ですが、あなたは大丈夫ですか?

言葉は生き物、時代と共に変わると言いますが、本来の意味を知っていてそう言う場合と、知らずに言うのとでは違いますよね。

 

間違わないようにするために例文を書いてみましょう。

本来の意味での「浮き足立つ」を使用した例文を自分で考えてみましょう。

今回は、紛らわしい誤用としっかり分けて覚える為に、「うきうき」と「浮き足立つ」両方の言葉を使って書いてみましょう。

どんなうきうきを思い描けるでしょうか。

どんな浮き足立つ状況を思い描けるでしょうか。

ヒントは、「浮き足立つ」という言葉は「不安や恐れ」を表現する言葉だということです。

 

例 今日は大好きな彼とデートなので、うきうきしている。

例 今日は彼の浮気現場に潜入するので、浮き足立っている。

 

少し極端でしたでしょうか。

でも、この二つの言葉はこれくらい開きのある言葉なのです。

 

不満を表現しない女性を目指して

今日は「浮き足立つ」について勉強しました。例文も書けましたか?

もうこれで、この言葉は言い間違えませんね。

私がこの言葉に着目したのは、NHKの女性アナウンサーが、視聴者から寄せられた「浮き足立つ」にちなんだエピソードを紹介していた時。

誤って使用している例ばかり、次々と読み上げてしまった光景を目にしました。

彼女は、視聴者からその点を指摘されると、その後のMCで失敗を続け、本当に浮き足立ってしまいました。

言葉のプロでも間違える言葉です。

間違えて覚えてしまっていた人は、今から、そう、浮き足立つ前に直せば大丈夫ですね。

 

(文/国語教師・文章コンサルタント・文章力養成コーチ 松嶋有香)

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

えっ、「食べる」を丁寧に言うと「食べ○○○」?

「お昼はもう召し上がりましたか?」と聞かれて「はい。召し上がりました」なんてうっかり答えてしまうこと、ありますよね。「食べる」には「召し上がる」「いただく」とい…

ヘタな字がたった1日で「大人な字」に変わる魔法って?

壊滅的に汚字というわけではないけれど、年齢相応とは言い難い、「微妙にヘタな字」。私のこと?と思う人は多いはずです。アラフォーともなると今さら習いなおすきっかけも…

いくつやってた?人前で大恥をかく箸づかい7選

もうすぐ忘年会シーズン。テーブルに届いたお料理を取り分けるとき、実はあなたの「箸さばき」が意外に注目されていることに気づいていましたか? 各種アンケートでも「テ…

参拝前にこっそりチェック! これだけはおさえたい初詣のマナー3つ

新年あけましておめでとうございます。みなさんはこの記事をどこでご覧になっているでしょうか。初詣に行く前だったらラッキー!な情報をお伝えします。誰と一緒に参拝する…

オオゴショと言うとオオゴトに!?女性に「大御所」を使うと…

演歌の世界では、北島三郎さんや五木ひろしさんら、お笑い界では、ビートたけしさんや明石家さんまさんらが「大御所」と呼ばれる人達。この言葉の使い方に異論を唱える人は…

知らないと恥をかく! 「親の葬儀」のお布施イマドキの相場

葬儀の際に寺院に包むお布施。「お気持ちで」と言われても、まったく見当がつかないですよね。今時の相場とは? 親の生前にしておきたい3つのコト日本で行われる葬儀の8…

あなたは大丈夫?意外と知らない「敬語の間違い」TOP3とは?

あなたの日本語、基本的に間違っています!オトナサローネでいつも人気上位なのが「日本語の誤用」シリーズ。その中でも特に人気の記事をご紹介します。あなたもその敬語が…

たるみが気になる40代、毎日のスキンケアは何を使う?【オトナサローネ2018ベストコスメ・スキンケア編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ編集部賞・デイリースキンケア編…

知ってる? 湯の町・別府発の「温泉水」フェイスマスクがすごいんです!

世界でも有数の温泉地である大分・別府から生まれたフェイスマスク、サラヴィオ化粧品の「RG92 エスペシャリー」。温泉水に含まれる成分が大人女子の肌をよみがえらせてくれます。週末のケアにぜひ取り入れてみて!…

コレすごい! 毛穴やシミをカバーする美人必携「タイムシークレット」4つのテク

今、口コミを中心に話題になっているプチプラコスメ・タイムシークレット。シミや毛穴をカバーしてくれる! トレンドのツヤ顔になる! と大人女子の間でも大人気。ここでは、タイムシークレットで美肌になる方法を…

【オトナの手土産】ビジネスにも友人にもよろこばれる。老舗&名店の頼れる4品

手土産を渡すシーンが多くなるシーズンです。大切なビジネスの相手にも、いつもお世話になっているプライベートの友人にも。「これさえ選んでおけばまちがいない」と、安心させてくれる老舗&名店のとっておきの品を…

【大人のギフト】自分もほしい!「いつまでもキレイで」を伝えるビューティの贈り物

ギフトに何を渡しましょうか。大人になると、ちょっと気の効いた美容アイテムは自分自身がもらってもうれしくありませんか? いま、注目の大人のギフトはヘアケアです。見た目の印象を大きく左右する髪。そんな髪も…

ヘアメイク伊東さんの「ツヤ肌づくり」アイテムは?【オトナサローネ2018ベストコスメ】

こんにちは、ヘアメイクの伊東宏泰です。オトナサローネ2018ベストコスメでは「伊東セレクト」を担当します。ぼくは普段、雑誌の美容記事のほか、テレビや映画の俳優さん、舞台の役者さんのヘアメイクも担当させてい…

「次世代型コラーゲン」シャンプーで脱・オバサン髪!美アレンジのコツは?【イベントレポ】

髪悩みの尽きない40代。オトナサローネのアンケートにも、白髪だけでなく、うねり、くせ、薄毛、そして似合うアレンジがわからないなど、様々な悩みが寄せられます。そんな40代の声にこたえて、オトナサローネ編集長…

[PR]

オバサン見え、パサつき、たるみ…「悩み別」40代にぴったりの簡単ヘアアレンジ3

こんにちは、OTONA SALONE編集部です!自分でヘアアレンジをしてみると「なんか違う……」という経験ないですか?今回は、40代ならではの悩みに特化したヘアアレンジを4つご紹介していきます。40代だからこそ知ってお…

【イベント開催】ヘアメイク長井かおりさん「オトナのエイジング髪レッスン」

40代からの働く女性を応援するOTONA SALONE。リアルな悩みや迷いに真摯に答えるハウツー記事にファン急増中ですが、中でも人気が高いのが、日ごろ友人とはあまり話題にする機会もない「エイジング髪のケア」について…

ランチ後の歯磨き、実際どのくらい口臭おさえてるの?測定してわかったことは

会話のシーンなどで、他人の口臭が気になり「もしかして自分も匂っているのでは……?」と心配になったことがあるという方は多いのではないでしょうか? しかし、自分の口臭はなかなか自分では気づきにくいですよね………

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事