アナウンサーでさえ意味を間違える日本語「●●立つ」

漢字の読み方が原因で誤解してしまう言葉があります。

「浮き足立つ」もその代表格です。

「あの子、どうしてあんなに浮かれてるの?」

「先輩、あの子、今日の仕事が終わったらデートなんですって。」

「あんなに浮き足立っていて、午後からの会議大丈夫かしらね。」

今日は、「浮き足立つ」の意味を再確認しましょう。

まずは本来の意味を知っておきましょう

【浮き足立つ】

不安や恐怖にかられて、逃げ腰になり、冷静な行動(判断)が出来なくなる。

例 これくらいの劣勢で浮き足立っては(逃げ腰になっては)困る。

(三省堂 新明解国語辞典)

 

「浮き足」とはつま先で立つこと。そのことから、足が地に着いてない不安な様子、恐怖を感じている様子を表します。

ところが、擬態語の「うきうき」と語調のイメージが重なって、「浮き足立つ」は「浮かれて足が地に着いてない様子」を表すと誤解され、間違って使われることが増えているようです。

 

逆の意味で使っている人は少数派。あなたは大丈夫?

「浮き足立つ」を、本来の意味とされる「不安や恐れで落ち着きを失う、逃げ腰になる」という意味で使う人は42.1パーセント、

本来の意味ではない「うきうきして落ち着かなくなる」という意味で使う人が34.8パーセントという結果が出ています。

この「浮き足立つ」は、間違った意味で使われる言葉ランキングで、第24位でした。

出典:小学館2013年10月実施「大辞泉調査」より

 

言葉は生き物ですが

まだ誤用は少数派ですが、あなたは大丈夫ですか?

言葉は生き物、時代と共に変わると言いますが、本来の意味を知っていてそう言う場合と、知らずに言うのとでは違いますよね。

 

間違わないようにするために例文を書いてみましょう。

本来の意味での「浮き足立つ」を使用した例文を自分で考えてみましょう。

今回は、紛らわしい誤用としっかり分けて覚える為に、「うきうき」と「浮き足立つ」両方の言葉を使って書いてみましょう。

どんなうきうきを思い描けるでしょうか。

どんな浮き足立つ状況を思い描けるでしょうか。

ヒントは、「浮き足立つ」という言葉は「不安や恐れ」を表現する言葉だということです。

 

例 今日は大好きな彼とデートなので、うきうきしている。

例 今日は彼の浮気現場に潜入するので、浮き足立っている。

 

少し極端でしたでしょうか。

でも、この二つの言葉はこれくらい開きのある言葉なのです。

 

不満を表現しない女性を目指して

今日は「浮き足立つ」について勉強しました。例文も書けましたか?

もうこれで、この言葉は言い間違えませんね。

私がこの言葉に着目したのは、NHKの女性アナウンサーが、視聴者から寄せられた「浮き足立つ」にちなんだエピソードを紹介していた時。

誤って使用している例ばかり、次々と読み上げてしまった光景を目にしました。

彼女は、視聴者からその点を指摘されると、その後のMCで失敗を続け、本当に浮き足立ってしまいました。

言葉のプロでも間違える言葉です。

間違えて覚えてしまっていた人は、今から、そう、浮き足立つ前に直せば大丈夫ですね。

 

(文/国語教師・文章コンサルタント・文章力養成コーチ 松嶋有香)

スポンサーリンク

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

1,000円以下なのにオシャレ・美味しい・日持ちがする オススメ手土産4選

ちょっとしたお礼の気持ちという意味で、友達や仕事のおつきあいの相手などに「プチ手土産」を渡すことがありますよね。そんなとき、何を選んだらいいか意外と悩んだりする…

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

「序に」は「じょに」ではありません!みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①仄仄「ほのぼの」です…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

えっ、「食べる」を丁寧に言うと「食べ○○○」?

「お昼はもう召し上がりましたか?」と聞かれて「はい。召し上がりました」なんてうっかり答えてしまうこと、ありますよね。「食べる」には「召し上がる」「いただく」とい…

大人が知っておきたい!ホームパーティーの服装と手土産の値段 ~ワインのマナー・ゲスト編~

好きな料理に好きなワイン、そして気の合う仲間たちとのホームパーティ!気の合う仲間とする場合もあれば、家族ぐるみ、上司の家族やママ友同士などシチュエーションはさま…

ヘタな字がたった1日で「大人な字」に変わる魔法って?

壊滅的に汚字というわけではないけれど、年齢相応とは言い難い、「微妙にヘタな字」。私のこと?と思う人は多いはずです。アラフォーともなると今さら習いなおすきっかけも…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気|ボブヘアランキング

今年の秋冬ヘアは、柔らかさを意識した、ちょっと女っぽいシルエットが人気です。カラーは引き続き暗めが旬。中でも注目度の高い「女っぽいボブ」の人気スタイルは? そのアレンジは? ボブにまつわる人気記事ラン…

メルカリ初心者はまず100均でコレ買って!「ラクラク梱包アイテム」5選

さて、そろそろ季節も変わり、絶好の断捨離タイミングですね!そんなときフリマアプリを使って不要なものを手放す方もいるのではないかと思います。「フリマアプリって興味はあるけれど、何を用意して始めていいかわ…

間違っている人が多い!洋食でライスを食べる時、フォークを持つ手はどっち?|オトナの常識ランキング

わかっていそうで意外と知らない「マナー」。クイズ形式のテレビ番組にはつい見入ってしまいますよね。オトナサローネでも「オトナの常識」シリーズが大人気ですが、一番読まれているのは…?実は、お葬式や結婚式の…

「なまぬき」ではありません!「生抜き」の正しい読み方、知っていますか?|人気記事5選

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み間違え記事」や「ファッション記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきま…

酒飲み必見!「飲んでも不健康にならない」お酒の組み合わせ方は?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

不調を自覚し「自分に必要なコスメ」を作った開発者。40代に大切なことって?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。オトナサローネは同世代…

きゃくいん?かくいん?「客員」の本来の読み方は……|みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①蒲魚「かまとと」です。なぜ「蒲魚」が“知っているくせに知らない…

40代の蓄積疲れには「○○すること」が大切。切り札は糖質3:たんぱく質1

日ごろ、体を酷使している相手には、きょうの疲れを翌日に持ち越さないためのリカバリーアイテムを贈ってみませんか?どれもすぐ食べたり、飲んだり、使えるものばかりだから、喜ばれることまちがいなし。【オトナの…

40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコがまさかの…|今週の人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「マナー記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月2日~9月8…

「まだ夏服着てるの?」と言わせない!秋入り口のコーデって|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、みなさん【秋コーデやオバサンに見えないコ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事